カラミンサ・マーベレッテの育て方

MENU
TOP>シソ科>カラミンサ・マーベレッテ
スポンサードリンク

カラミンサ・マーベレッテ

カラミンサ・マーベレッテ
科名シソ科
学名calaminthamarvelettes
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


育て方は「カラミンサ(ネペタ)」と同じ。真夏は暑さで花が止まりますが、5月から11月の長期間開花する。暑さに強く、夏の直射日光にも負けず、葉焼けしない。冬になると地上部が消えても根まで枯死しなければ春にまた芽吹いて開花する。葉っぱにはミントのような香りがある。これは別に「カラミンサ・マーベレッテ」の特性ではないです。
マーベレッテは花が小さくて綺麗なのが特性。
育て方はカラミンサと同じなので、詳細はそちらに。ここでは簡単にまとめています。

水やりと肥料

庭植えの場合
庭植えにした場合は雨だけで十分。ただし夏の乾燥時期は雨だけでは不足するので、水やりをしてください。
鉢植えの場合
極端に乾燥させないように、また、常時濡れた状態にしないようにします。乾燥すればしなびてしまうし、長期間濡れているようだと根腐れします。受け皿に水が溜まっているようならば、水は捨ててください。
肥料
春から秋、開花しているときは薄い液体肥料を2週に一回程度やります。真夏は暑さで開花が止まるので、肥料はやらないでください。カラミンサ・マーベレッテは痩せ地に育つ植物ですから、肥料が少ないからと枯れることはありません。

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土
一般的な花と野菜の培養土でも、ハーブ用の土でもいいです。ハーブ用の土の方が水はけが良くて適しています。自作する場合は赤玉土4鹿沼土3腐葉土3、もしくは赤玉土6腐葉土3川砂(か軽石)1を混ぜたものを使います。
植える方法
植え替えは1年か2年に一回植え替えをします。
詳細は以下のリンクを参考にしてください。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

春から秋
日当たりで管理します。半日陰でも育ちますが、半日陰だと花が少なくなるので、日当たりで育てましょう。

マイナス10度まで耐えますので、よほどでない限り枯れません。ただし、土が凍ると根が枯れてしまいます。そこで冬に土が凍るような寒冷地の場合は、土に腐葉土やワラを強いて土の凍結を防げば、越冬は問題ありません。

その他

病害虫にはかかりません。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用