アジサイはどこが花?両性花と装飾花について

TOP >アジサイ科>アジサイ>アジサイの管理・栽培のコツ>>管理

目次

  1. 両性花と装飾花(紫陽花・アジサイの雑学)
  2. 装飾花
  3. 両性花
  4. SNSボタン・関連記事

両性花と装飾花(紫陽花・アジサイの雑学)

両性花と装飾花(紫陽花・アジサイの雑学)
文章の修正アジサイには二種類の花が咲いています。一つは派手な装飾花と、もう一つは地味な両性花です。

上の画像の中心部分のツブツブが両性花で、その外側が装飾花です。
スポンサーリンク

装飾花

装飾花
文章の修正アジサイというと、花が集まったコンモリとしたものを思い浮かべるでしょう。この小さな花は装飾花といって、基本的には雌しべしかなく、タネをつけることはありません。ちなみに、装飾花の鮮やかな花びらに見える部分は萼片(ガクヘン)で、花びらではなく、
文章の修正萼片の中心に非常に小さなポッチがあって、あれが本来の…雌しべがあるという意味での…「花」です。これら装飾花は本来、種子をつける両性花に虫を寄せ、虫に受粉してもらうために派手に進化したものだと考えられています。つまり、両性花と装飾花で役割分担をしたということです。

じゃあ、この装飾花しかないセイヨウアジサイは自力ではほぼほぼ子孫を残せないってことになりますよね。なぜそうなったのかというと、人間が品種改良してより派手に…より派手に…と交配していった結果だからです。人間の欲と業(ごう)は深いですね。

では品種改良する前はどうだったのかというと
文章の修正ヤマアジサイガクアジサイのように、中心部分に両性花があり、その周囲に装飾花があるものだったのです。つまりこちらが本来のアジサイの咲き方です。

それでは今度は両性花について見てみましょう。

両性花

両性花
文章の修正ヤマアジサイ・ガクアジサイのように、周囲に装飾花が咲いて、中心に小さなツブツブが見られる咲き方をするものがあります。その中心のツブツブが「両性花」です。両性花には装飾花と違って雄しべと雌しべがあり、種子がなります。

両性花が咲く種類では花が終わると花びらが散って、果実が出来、その中に小さな種子が見られます。11月ごろ、茶色になるまで完熟すると、中の種子が飛び出します。種子は非常に小さいです。もちろん、この種子からアジサイが増えていきます。

アジサイは一般的には種子で増やさないですし、8月以降に剪定すると来年の花芽を落としてしまうので、7月の末までには花を剪定して落としてしまいます。だから、種子は剪定のし忘れをしてない限りはお目にかかりません。

両性花に種子が出来たら?

文章の修正種子は11月に採取次第、赤玉土の単用の苗床に撒くと、2月に発芽します。花が見られるまでは3年はかかります。

ただし、種子から育てた場合、親の性質をそのまま受け継がないので種子からの栽培は一般的ではないです。親の性質をそのままに受け継がせるためには挿し木します。紫陽花の繁殖は挿し木が一般的で、確実です。
挿木
園芸用語繁殖技術・コツと知識
挿木などの繁殖方法を「栄養系」といいます。この栄養系についてもう少し詳しく解説したページは
栄養系
園芸用語
になりますので、よかったら参考にしてください。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

関連記事

グリーンアジサイ
アジサイ科ハイドランジア属
ガクアジサイ
アジサイ科アジサイ属
紫陽花(アジサイ)の剪定
アジサイの管理・栽培のコツ
アジサイ・アナベル
アジサイ科アジサイ属
アジサイ
アジサイ科アジサイ属
アジサイ(紫陽花)の花が咲かない原因まとめ
アジサイの管理・栽培のコツ
アジサイの夏の水やり・乾燥対策…腰水など
アジサイの管理・栽培のコツ
アジサイ(紫陽花)を小さく維持するには矮性種を
アジサイの管理・栽培のコツ
ヤマアジサイ
アジサイ科アジサイ属
アジサイの選び方
アジサイの管理・栽培のコツ
カメレオン
アジサイ科アジサイ属
アジサイの葉っぱのツヤと育て方の違い
アジサイの管理・栽培のコツ
アジサイの花が小さく縮む理由
アジサイの管理・栽培のコツ
スポンサーリンク