12月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理

TOP > ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理 > ……

12月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理

12月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
文章の修正を申請する
12月になると気温が下がり、寒冷地では雪が降り、中間地でも霜が降り始めます(地域にもよりますが)。ゼラニウムペラルゴニウムも霜に当たれば一発で枯れます。暖地以外では室内に取り込むのが基本。室内で管理していて10度以上を保てれば開花します。
まとめ
●基本的にゼラニウムもペラルゴニウムも室内で管理します。
水やりは控えめにする。水を控えめにすることで寒さに強くなる。
●室温が10度以上で管理するとゼラニウムは開花し、生育するので、その場合は水やりの頻度をあげる。肥料もやる。
●室内で管理するときは、暖房の風に当てないようにする。窓の近くは夜中に氷点下になることがあるので、寒波が来るときは夜だけは室内の中央へ移動させます。

月別
1月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
2月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
3月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
4月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
5月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
6月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
7月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
8月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
9月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
10月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
11月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
12月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
スポンサードリンク

水やりと肥料

水やりと肥料
文章の修正を申請する
ペラルゴニウムもゼラニウムも気温が下がり、生育が鈍くなっています。水やりは控えめにして土が乾いてから二、三日経って水をやるようにします。生育が鈍くなっているので、過湿にすると根腐れというか根が窒息します。窒息したら枯れます。また、水やりを控えることで寒さにも強くなります。
●水やりを控えるといっても、水をやるときは鉢底の穴から水が出てくるくらいにしっかりとやります。
●受け皿に溜まった水は捨てます。
●ペラルゴニウムは12月からほぼ休眠します。ペラルゴニウムは11月まではまぁまぁ水をやった方がいい。

ゼラニウムは10度以上で開花する
ゼラニウムは10度以上で開花し、生育します。生育するということは水を吸い上げるので、水やりは「土が乾いたら」やるようにします。ゼラニウムは乾燥に強いとされるのですが、生育しているときは十分に水をやるようにした方がいいです。
肥料
10度以上を保てて開花しているゼラニウムには液体肥料を10日に一回か二週間に一回やります。ペラルゴニウムは冬も液体肥料を10日に一回か二週間に一回やってもいいですが、やらなくてもいいです。できればカリの成分が多いものをやると寒さに強くなります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正を申請する
ゼラニウムもペラルゴニウムも植え替えはしません。

管理場所・日当たり

文章の修正を申請する
ゼラニウム・アイビーゼラニウム
室内の日当たりで管理します。
ゼラニウム・アイビーゼラニウム・変わり葉ゼラニウムは水やりを控えめにすることで0度くらいまで寒さに耐えます(霜に当たると枯れるけど)。暖地であれば戸外で越冬しますし、霜が降りる中間地でも霜に当たらない軒下で管理すれば戸外で越冬することもありますが、基本的には室内で管理するのが普通。
ペラルゴニウム・ニオイゼラニウム
室内の日当たりで管理します。
ペラルゴニウム・ニオイゼラニウムも水やりを控えることで2度か3度まで寒さに耐えます。暖地では戸外で越冬可能ですが、それ以外では室内で管理します。

室内の管理での注意点
室内の日当たりで管理します。室内の暖房のかかっている部屋では夜中になっても5度以下にならないので、ゼラニウム・ペラルゴニウムは越冬します。寒さで枯れることはないです。ただ、暖房の風はカラカラなので直接当たらないようにしてください。直接当たらなければいいです。あと、日当たりで管理するので昼間は窓の近くに置くことになりますが、窓ガラスは外気に近く、夜中に氷点下になることがあります。寒波が来たときには夜だけは部屋の中央付近に移動させてください。

その他

文章の修正を申請する
病害虫はほとんど発生しません。
それより水のやりすぎと寒さに注意します。
管理用リンク
管理用