ベニシダの育て方

TOP > オシダ科
ベニシダベニシダの基礎データ
最終更新画像投稿
ベニシダ
科名
オシダ科
属名
オシダ属
学名
Dryopteris erythrosora
別名
紅羊歯・ドリオプテリスエリスロソラ
水やり
水を好む
場所
外の半日蔭
難易度
初心者向け
ベニシダの植え付け・植え替え時期…肥料時期…月別スケジュールです。
スポンサーリンク

育て方:ベニシダってこんな植物です

ベニシダは日本の本州〜四国・九州に自生するオシダ科オシダ属の半耐寒性常緑シダ植物。暖地では冬でも常緑ですが、その他の地域では落葉したり、傷みます。春の新芽は赤くなり、古い葉ととのコントラストが綺麗です。ナチュラルな雰囲気で、他の植物を邪魔せず、地域によっては冬も常緑で使い勝手がいいです。

胞子で増えるので、花は咲かない。半日陰〜日陰で生育するので、ヒューケラギボウシなどとともにシェードガーデンでよく見られ、乾燥が苦手で、多湿を好む。グランドカバーにする人もいるらしいです。環境が合えば手間のかからないガーデニング材。
草丈20cmから50cm
ベニシダ苗の商品画像
ベニシダ苗の購入はこちら
Amazon
楽天市場
スポンサーリンク

水やり

乾燥に弱いため、庭植えにした場合でも、水やりは必要になります。年間を通して乾燥しきらないように水やりをします。乾燥していると新芽が赤くならないので、乾燥しないように注意しましょう。

鉢植えの水やり

鉢植えの場合、土の表面が乾いていたら水をやる。水をやる時に葉っぱに水をかけることで乾燥を防ぎ、害虫の予防にもなる。とにかく乾燥が苦手なので、春から秋は水切れに注意しましょう。水切れして生育が悪いと新芽が赤くならない。
参考:水やり三年…水やりは難しい。(初心者向き)

肥料

春と秋に薄い液体肥料を二週間に一回やるか、一ヶ月に一回緩効性固形肥料をやる。どちらもあくまで控えめ。やらなくてもそれで枯れることはないです。

植え付け・植えかえ・種蒔き

時期

春(3月〜5月)に植え付け・植え替えをします。鉢植えは2年か3年に一回、土を少し落として、植え替えをするといいです。

用土

室内で管理するなら、匂いの少ない観葉植物用の土で植えます。戸外で管理するなら、一般的な培養土を使います。自作する場合は赤玉土小粒7腐葉土3を混ぜたものを使う。

庭植え

庭植えの場合は、深さ15cmほど掘り返し、掘り出した土に腐葉土を3割入れてよく混ぜて用土とします。穴に用土を半分戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。

鉢植え

6号から8号の鉢に1株。

鉢植えの場合は、鉢底の穴を鉢底網(鉢底ネット)で塞いで土が出ないようにしてから鉢底石(軽石)を2cmから3cmほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。

管理場所・日当たり

北海道以外で栽培可能。

直射日光と乾燥に弱い。本来は林の中の地面に育つもので、一年中、半日陰で育つ。あと空気中の湿度が高い環境を好む。冬は霜に当たると葉っぱが傷んで見苦しいので、鉢植えで移動できるのであれば軒下に移動するといいです。まぁ、手間がかからないのがベニシダのいいところなので、普通は放置。霜に当たっても枯れるわけではないです。

剪定

邪魔な葉っぱや、枯れた葉をむしる程度で、剪定はほぼ不要。

病気・害虫

カイガラムシなど。

特徴・由来・伝承

新葉と新葉の胞子のうが赤いのでベニシダと呼ばれる。新芽は赤いというよりはオレンジ・黄色で「紅」というよりは「紅葉」をイメージするといいかも。本州・九州では山の中に自生している。
スポンサーリンク
記事が気に入ったら拡散をお願いします。
はてブ LINE

ベニシダのカテゴリ・タグ

観葉植物乾燥に弱い紅葉シェードガーデン手間がかからない
スポンサーリンク