ベニシダの育て方

MENU
使い方
TOP>オシダ科>ベニシダ
スポンサードリンク

ベニシダ(紅羊歯・ドリオプテリスエリスロソラ)

nophoto
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名オシダ科
属名オシダ属
学名Dryopteris erythrosora
別名紅羊歯・ドリオプテリスエリスロソラ
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
育て方の概要
常緑シダ植物。暖地では冬でも常緑。胞子で増える。花は咲かない。シェードガーデンの植物。乾燥が苦手。多湿を好む。グランドカバーにする人もいるらしい。
大きさ・草丈・樹高
20cmから50cm
まとめ
●常緑シダ植物。
●乾燥が苦手。庭植えでも水やりは必須。
●直射日光が苦手。
●暖地では常緑。他の地域では地上部が枯れる(すごく傷む)。
●環境が合えば手間のかからないガーデニング材。

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
水やりのコツ
土の表面が乾いていたら水をやる。水をやる時に葉っぱに水をかけることで乾燥を防ぐ(害虫の予防にもなる)。とにかく乾燥が苦手なので、春から秋は水切れに注意する。水切れして生育が悪いと新芽が赤くならない。
肥料
春と秋に薄い液体肥料を二週間に一回やるか、一ヶ月に一回緩効性固形肥料をやる。どちらもあくまで控えめ。やらなくてもそれで枯れることはないです。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
植え替え・植え付け時期
春。
用土
観葉植物用の土で植えるか自作する場合は赤玉土小粒7腐葉土3を混ぜたものを使う。
植え付け方法
鉢植えの場合は、鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。6号から8号の鉢に1株。

庭植えの場合は、掘り出した土に腐葉土を3割混ぜて、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。株は20cmから30cm空けて植える。
●庭植えも鉢植えも植え付け時に緩効性肥料を混ぜる。一般的な培養土には最初から肥料が入っているので不要。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
北海道以外で栽培可能。
直射日光と乾燥に弱い。本来は林の中の地面に育つもので、一年中、半日陰で育つ。あと空気中の湿度が高い環境を好む。冬は霜に当たると葉っぱが傷んで見苦しいので鉢植えで移動できるのであれば軒下に移動するといいですが、まぁ、手間がかからないのでベニシダのいいところなので、普通は放置。霜に当たっても枯れるわけではないです。

その他

この項目の修正・提案をする
病害虫
カイガラムシ
剪定
邪魔な葉っぱをむしるていどで、剪定はほぼ不要。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
新葉と新葉の胞子のうが赤いのでベニシダと呼ばれる。新芽は赤いというよりはオレンジ・黄色で「紅」というよりは「紅葉」をイメージするといいかも。本州・九州では山の中に自生している。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用