ギボウシの育て方

MENU
使い方 TOP

ギボウシ(擬宝珠・ギボシ・ホスタ)

ギボウシ
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名ユリ科
属名ギボウシ属
学名Hosta
別名擬宝珠・ギボシ・ホスタ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
日本原産なので、気候にはあっているのですが、ギボウシの本来の生息地は森の中なので、日当たりのいい庭に植えていると真夏の直射日光で葉っぱが焼け、茶色くなったり、しおれてしまいます。理想は明るい日陰で涼しくて落ち葉などがある場所……です。

基本的に多年草で、環境が合えば毎年楽しめます。比較的日陰でも耐えますので、花は少なくなりますが葉っぱの鮮やかな模様目当てでシェードガーデン(日陰の庭)を飾るのには向いています。
冬は地上部が枯れます。
まとめ
●育てやすい。植えっぱなしでいい。
●夏の直射日光で葉焼けするので、夏だけ半日陰で管理するか、一年中半日陰で管理します。
スポンサードリンク

水やり

水やり
この項目の修正・提案をする
土が乾いたら水をしっかりとやる
鉢植えの場合は土が乾いたら水をしっかりとやってください。
乾燥には比較的強いのですが、温暖化の影響で真夏の蒸発が激しく、植えた場所によってはすぐに水切れを起こします。鉢植えは真夏は朝と夕方の二回、水をやる必要がある場合があります。それ以外の季節は庭植えの場合は基本的には降雨だけで十分ですが、夏など乾燥が過ぎると枯れなくても葉っぱが汚くなりますので気を付けてください。

冬になると休眠します。鉢植えの場合は11月以降水やりの回数を減らします。土が乾いてから数日後に水をやると考えてください。

肥料

この項目の修正・提案をする
春と秋に緩効性固形肥料(油かす)を適宜やります。

植え付け・植えかえ

植え付け・植えかえ
この項目の修正・提案をする
適した時期は3月~4月ですが、ギボウシはそれほど気にすることも無く、真夏・真冬以外は時期外れだから枯れるということはありません。
用土
土は市販の土か、赤玉土6と腐葉土4。
植え替え・植え付け
鉢植えの場合は、5号でも10号でもいいです。植えるときは古い土を三分の一ほど落としておきます。植え替えのときは株分けも可能です。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。

庭植えの場合は、植え付ける二週間前に苦土石灰をまいて中和させておく。深さ30cm・直径30cmの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。
●地面に植えっぱなしにしていると、際限なく大きくなる…のではなく中央部分が腐ってしまい、いくつかの大株が群生しているような形になる。自生地で見ると見渡す限りのギボウシというわけではなく、ポンポンと株同士が離れている。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
この項目の修正・提案をする
真夏に直射日光があたると葉っぱが焼けてしまいますので、半日陰の場所や、何かの植物の日陰になる場所などに植えてください。鉢植えで移動させても構いませんが、ギボウシは和ものなので庭植えがおすすめです。
寒さに強い
寒さにも抵抗があって、戸外で越冬可能ですが、地面が凍ると根が傷んでしまいます。根本に腐葉土を敷き詰めると防寒になります。
●あまりに小さい苗は寒さに抵抗が無い(若干弱い)ので、冬は玄関や軒下などの寒さが直に当たらない場所で管理するとよいです。
●斑入りの白い部分には葉緑素が少なくなっており、白い部分が多い品種は他のものに比べると弱いです。グランドカバーなどに植えた他の植物に競り負けることがあります(例:グレコマヒメイワダレソウアップルミントなどのミント類)。

病害虫

この項目の修正・提案をする
病害虫
●オンブバッタダンゴムシに食べられる
●ネコブセンチュウ、カナブンの幼虫も(参考:ギボウシのセンチュウ対策
花について
●花は個体によって二回咲くものと一回だけのものがある。これは種類よりは個体差。

真夏の直射日光と猛暑に気を付ければ、あとは手も掛りません。

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
この項目の修正・提案をする
ギボウシは漢字で書くと擬宝珠と書きます。これは建築物の飾りで橋や神社、寺院、橋の欄干などにあるものです。ギボウシはこの飾りにツボミが似ていることから付けられた名前です。ちなみに飾りの擬宝珠(ギボシ)はネギのツボミに似ていることから名づけられたという説があります。葱坊主・葱帽子→擬宝珠(ギボシ)という言葉の変化からギボシとなったという説もあります。
つまり
ネギ→飾りのギボシ→植物のギボウシ
という変遷を経ているわけです。
花もキレイ
初夏から秋口にかけて涼しげな薄紫(種類によって白・ピンクなどもあります)の花を咲かせます。花も綺麗ですが、主に葉っぱが鑑賞対象です。
雑種が多い
ギボウシは東アジア原産です。非常に雑種が出来やすく、品種の詳細分別に関してはハッキリとしたことは言えない状態になっています。江戸時代に園芸品種として育てられ、その中の変異体が広まり、シーボルトによってヨーロッパに紹介されました。

山菜で「うるい」というのはギボウシをさします。ただしギボウシの葉っぱは毒草と似ているので、気軽にギボウシだと考えて食べないようにしてください。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

ユリ科の仲間


ユリ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用