ナチュラルガーデンに向いてる植物の一覧

TOP > 一覧まとめ > ナチュラルガーデンに向いてる植物の一覧x最終更新画像投稿

ナチュラルガーデンに向いてる植物の一覧

ここではナチュラルガーデンによく植えられている植物の中でもメジャーなものを選抜しています。ナチュラルガーデンに植える主木に関しては「ナチュラルガーデンの主木候補の一覧」を参考にしてください。
スポンサーリンク

ギボシ(ギボウシ)

ギボシギボウシ)はユリ科多年草。斑入り品種もあり、葉っぱは鮮やか。日当たりだと葉っぱが葉焼けするので半日陰(木陰)が適している。花も咲く。日本原産で育てやすい。

ハラン

ハランはユリ科(もしくはスズラン科)の多年草。日本自生の植物で、日陰でも育つのでシェードガーデンに適しています。

フウチソウ(風知草)

フウチソウ風知草)はイネ科宿根草。風に揺れる姿が涼しい。冬は枯れるが春には芽吹いてくれる。日本に自生している植物なので手間が掛からず、育てやすい。斑入り品種だとカラーリーフとしても優秀。

カタクリ

カタクリはユリ科の球根植物。スプリングエフェメラル(春の妖精)。4月に日本自生の植物だが、地上部があるのが一年のうち2ヶ月か3ヶ月ほどで、あんまり存在感はない。それに暑さに弱いので、花いろが黄色だが暑さに強いキバナカタクリも選択肢に入れてみてください。

ヒメシャガ

ヒメシャガが日本産で暗い林床を埋めるには適している。シャガは中国原産。

ホタルブクロ

ホタルブクロキキョウ科の宿根多年草。種子・地下茎で増えるし、日本自生なので育てやすい。増えるが管理できないほどではない。半日陰で育てる。

ホトトギス

ホトトギスは日本自生の植物なので放置で大丈夫。ヤマホトトギスは直射日光と高温に弱い。タイワンホトトギスは強くランナーでよく増えるため、庭がホトトギスだらけになることもある。

フジバカマ

フジバカマ藤袴)はキク科の多年草。地下茎で横へ広がっていく。アサギリマダラやツマグルヒョウモンが飛来することがあります。日本自生で秋の七草のひとつ。結構頑健で他の植物を駆逐しかねないです。草丈が1.5mくらいになるので植える場所はよく考えてください。

オミナエシ

オミナエシオミナエシ科の多年草で秋の七草のひとつ。強い風で折れてしまうので剪定して大きさを抑えるといいです。蛍光のような黄色が鮮やかなんですが、ちょっと花が臭い。

センリョウ・マンリョウ

センリョウセンリョウ科の植物。マンリョウヤブコウジ科の植物。形状は全然違うのですが、赤い実がつく植物で同じカテゴリーで語られやすい。センリョウは北海道・東北以外で自生していて、育てやすい。

タイツリソウ

タイツリソウケシ科の宿根草。独特の花が咲きます。

スズラン

スズランはユリ科の宿根草。寒さに強く、繁殖力が強過ぎるかもしれない。また毒があるので注意する必要がある。

シュウメイギク

シュウメイギクキンポウゲ科の多年草で夏から秋にかけて開花する。半日陰でも育って開花する。

サギソウ

サギソウラン科の球根植物。サギのような形状の白い花が咲く。湿地環境で夏に開花する。非常に鮮やかな白でいて楚々としていて綺麗。

ヤマアジサイ

ヤマアジサイアジサイ科の宿根植物。セイヨウアジサイだと大きな花が咲いてナチュラルガーデンには適さないが、ヤマアジサイなら丁度いい。

ワイルドオーツ

ワイルドオーツはイネ科の多年草。秋になると細い茎の先に小判のような種子をつけ、それが風に揺れる。寒くなって茶色に色づく姿も綺麗です。

最後に

丈が低い草花だけでは、物足りないですよね。
そこで主木もナチュラルガーデンには重要です。

主木については
を参考に。
スポンサーリンク
記事が気に入ったら拡散をお願いします。
はてブ LINE

ナチュラルガーデンに向いてる植物の一覧のカテゴリ・タグ

一覧ナチュラルガーデン

一覧まとめ

関連する花BBSの投稿

スポンサーリンク