ヤブコウジ(十両)の育て方

TOP >サクラソウ科>>管理

ヤブコウジ(藪柑子・十両)

ヤブコウジ
科名サクラソウ科
属名ヤブコウジ属
学名Ardisia japonica
別名藪柑子・十両
水やり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

目次

  1. ヤブコウジの育て方
  2. ヤブコウジの水やり
  3. ヤブコウジの肥料
  4. 植え付け・植えかえ
  5. 管理場所・日当たり
  6. 病気・害虫
  7. 特徴・由来・伝承
  8. SNSボタン・関連記事
スポンサーリンク

ヤブコウジの育て方

ヤブコウジの育て方
文章の修正ヤブコウジ(十両)はサクラソウ科ヤブコウジ属の常緑小低木。夏に咲いた小さな白い花が、秋以降に真っ赤な実となります。観賞価値のあるこの赤い実は11月から2月まで長期間楽しめます(ただし斑入りのヤブコウジは結実しない、というか非常にしにくい)。

寒さで落葉することも無く、地植えならば水やりもほとんど不要、剪定も不要。二月に寒肥、八月に実と花の栄養に緩効性肥料を土に混ぜてやる程度で、手間が掛らず毎年、かわいい実を付けてくれます。
スポンサーリンク

ヤブコウジの水やり

ヤブコウジの水やり
文章の修正鉢植えの場合は土が乾いていたら水をしっかりとやります。ヤブコウジは乾燥を嫌いますが、かといって長期間ジメジメしている状態が続くとさすがに根腐れを起こしますので、水のやりすぎにも注意してください。

地植えした場合は、降雨だけで十分です。あまりに乾燥する時期や日照りのときは水をやってください。空気が乾燥する時期は、葉っぱに水をかけてやって乾燥を防ぎましょう。

ヤブコウジの肥料

文章の修正ヤブコウジはさほど肥料を必要としません。2月と8月に緩効性肥料を土に混ぜ込んでやるか、春から秋にかけて液肥を二週間に一回程度やるかしますが、これら肥料が無かったから枯れるということもないです。しかし実つきが悪くなりますので、肥料をやった方がいいです。
化成肥料の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
液体肥料の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

植え付け・植えかえ

時期・頻度

文章の修正鉢植えの場合の植え替えは2年か3年に一回。庭植えは基本的に植えっぱなし。

植え替え・植え付け時期は冬(2月〜4月)か秋(9月〜11月)かにします。新芽が伸びている時期は植え替えをしないようにします。この時期に植え替えるとダメージが大きいです。

用土

文章の修正市販されている花と野菜の培養土で植え付けをします。自作する場合は赤玉土7扶養度3を混ぜたものを使います。もしくは鹿沼土6軽石4の水はけのよい配合でもいいです。水はけのよい配合の場合は水やり頻度が増えますので注意してください。
培養土の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

鉢植えの植え替えの手順

文章の修正鉢植えの場合は、植え替えの場合は古い土を三分の一ほど落として、根をほぐしておきます。根の負担を減らすため、地上部の枝も半分ほどに切り詰めます。木が出ていない根は切りはずしていいです。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。

庭植えの植え付けの手順

文章の修正庭植えの場合は、植え付ける二週間前に。根鉢の二倍か三倍の深さと大きさの穴を掘って、苦土石灰をまいて中和させておく。1週間寝かせて中和させてから、掘り出した土に腐葉土堆肥を3割か4割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。

株は根をほぐして植えると広がりやすくなります。

挿木

文章の修正斑入り品種は種子ができず、仮にできても親株の性質を受け継ぎにくいので、増やすのであれば挿木で増やします。春(3月〜6月)に3cm〜4cmに切った枝の切り口側の葉を取り、赤玉土小粒単用の挿し床にさして、乾燥しないように水をやって日陰で管理していると発根します。発根したら、庭・鉢に植え付けます。
挿木
園芸用語繁殖技術・コツと知識

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
文章の修正ヤブコウジは陰樹と呼ばれる樹です。必要とする日光量が少なく、湿度の高い環境を好みます。自生地は山深くの樹の根本などに生育する低木で、直射日光に当たると葉っぱが焼けて枯れて来ます(葉焼け)。育てる場合は、真夏に直射日光があたらない半日陰か日陰で管理します。

しかしあの真っ赤な実を毎年楽しむのであれば、半日陰か日陰であっても比較的明るい場所を選ぶなどしてください。実を付けるには、そこそこの日光量が必要です。

病気・害虫

文章の修正アブラムシ
汁を吸う虫で、葉っぱや茎にたかって植物を弱らせます。少量でも高温時期になると爆発的に増えるので、早めに駆除しておきたいです。
アブラムシ
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ

ハマキムシ
葉っぱを丸めて内部に潜む芋虫。巻いていたらハマキムシなので、葉ごと摘んでフミツブースします。

特徴・由来・伝承

文章の修正正月の縁起物。年末で切花で見かけるのが「センリョウ千両)」。鉢植えなどで見かけるのが「マンリョウ万両)」。それに対して「ジュウリョウ(十両)」という呼ばれ方をするのが、このヤブコウジ。

ヤブコウジは江戸時代から、斑入りの園芸品種が作られるなど、古典園芸植物として人気があった。

落語の「寿限無」の「やぶらこうじのぶらこうじ」とはヤブコウジのことではないかと言われています。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

ガーデンシクラメン
サクラソウ科シクラメン属
プリムラマラコイデス
サクラソウ科
ウンナンサクラソウ
サクラソウ科サクラソウ属
プリムラポリアンサ
サクラソウ科
アナガリス
サクラソウ科ルリハコベ属
プリムラオブコニカ
サクラソウ科サクラソウ属
シクラメン
サクラソウ科シクラメン属
プリムラビアリー
サクラソウ科サクラソウ属
シクラメンネアポリタナム
サクラソウ科シクラメン属
ディオニシア
サクラソウ科ディオニシア属
スポンサーリンク