シュウメイギクの育て方

MENU
TOP>キンポウゲ科>シュウメイギク
スポンサードリンク

シュウメイギク(キブネギク・貴船菊・秋明菊)

シュウメイギク
科名キンポウゲ科
学名Anemone hupehensis
別名キブネギク・貴船菊・秋明菊
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


冬になると地上部が枯れますが、春になるとまた芽吹きます。日本の気候にあっていますので、育てやすいどころか良く増えて困るくらいです。シュウメイギクはランナーを伸ばして横へと繁殖していきます。放置しておくと繁殖力が旺盛なので、他の植物のエリアまで浸食してしまいます。広げたくないときは、ランナーを切って遮断しましょう。

冷涼な気候を好み、夏の暑さで生育が少々衰えるかもしれません。

水やりと肥料

乾燥よりも湿っている状態を好む植物です。土が乾いていたら水をしっかりと上げてください。地植えしたばあいは、根づくまではこまめに水をやって、その後はジメジメした土であれば水やりは降雨だけでも大丈夫です。
鉢植えの場合は、夏に乾燥する場合は朝と夕方にしっかりと水をやってください。
特に店で販売しているポットや鉢植えの場合は根が詰まっていることがありますので、水をしっかりとやらないとしおれてしまいます。出来れば庭に植えてしまいましょう。

肥料を沢山与えると痛みます。花が咲いた後に週に一回程度液肥をあげますが、あげなくても枯れるわけではありません。

管理場所・日当たり

シュウメイギクは直射日光を嫌います。半日陰や木漏れ日の当たるような何かの木の下などが向いています。

ジメジメした土を好みますので、水持ちの良い土で植え付けます。市販されている花の土で大丈夫です。もしくは土に腐葉土を混ぜておきます。
シュウメイギクは弱酸性の土を好みます。日本の土壌は弱酸性であることが多いですが、コンクリートの近くなどはアルカリ性に偏っていることがあります。出来れば石灰質のものの近くには植えないようにしましょう。
半日陰でジメジメした場所を好みます。強い西日が当たる場所は避けましょう。
スポンサードリンク

その他

夏に乾燥するようであれば、根もとに腐葉土をかぶせて乾燥を防ぎます。

特徴・由来・伝承

シュウメイギクと名前に菊がついていますが、キク科ではなく、キンポウゲ科でアネモネの仲間です。原産地は中国で日本に帰化しました。多年草で一度植えると毎年咲きます。花に花びらはついてなく、花のようにみえる部分は萼片です。
秋に店頭に出回る苗を植えます。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

キンポウゲ科の仲間


キンポウゲ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用