ヒメウチワサボテン

MENU
使い方
TOP>サボテン科>ヒメウチワサボテン
スポンサードリンク

ヒメウチワサボテン(ブラジリオプンティア)

nophoto
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名サボテン科
属名オプンチア属
学名Opuntia Brasiliopuntia
別名ブラジリオプンティア
みずやりたまにやる程度
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
育て方の概要
育て方はウチワサボテンと同じ。ウチワサボテンは「オプンチア属」の総称。ヒメウチワサボテンは「Opuntia Brasiliopuntia」という種をさした名前。このあたりは、理屈上はそうであっても、実際のところは(つまり流通上は)かなり曖昧だと思われる(ウチワサボテンは交雑しやすく、品種同定も怪しい)。生育が早く、環境が良いと一年で1mになることも。本来は常緑高木。
大きさ・草丈・樹高
最大で10m。家庭で育ててそこまでなることはないが、環境が良いと生育が早い。
まとめ
●育て方はウチワサボテンを参考に。
水やりをしすぎないこと。根腐れする。
●土が白くなってから水をやる。乾燥ではなかなか枯れない。
●冬は断水するか、やっても少量。
●春から秋は戸外の日当たりか室内日当たり。日光を好み、日光不足になると徒長する。
●冬は室内に取り込む。
●水やりと冬の温度さえクリアすれば育てるのは簡単だが、水やりが意外と難しい。
スポンサードリンク

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
水やり
土が白く乾いてから水をやります。多少の水切れでは枯れません。それよりは水のやり過ぎによる「根腐れ」のほうが危険。水をやるときは鉢底から水が出るくらいにしっかりとやって、やらないときは一切やらない。
受け皿の水は必ず捨ててください。根腐れの原因になります。
●夏は暑さで生育が止まるので水やりの頻度を少なくする。
●冬も寒さで生育が止まるので水やりの頻度を少なくする。月に一回か、12月から2月の真冬は一切水をやらない。
●多少の乾燥では枯れない。葉っぱにシワが寄ってから水をやっても枯れない。ただし、生育時期に水やりを控えると生育が非常に鈍くなる。
●生育すると大きくなりすぎて、ひっくり返るので、別に大きくならなくてもいいけど。

肥料
生育時期に液体肥料を二週に一回やるとよく生育する。ただ、大きくなると邪魔になるのでケースバイケースで。

植え付け・植えかえ・種蒔き


この項目の修正・提案をする
植え替え・植え付け時期
2年か3年に一回、植替えをする。新しい土で植え替える。
用土
サボテン用の土。
植え付け方法
古い鉢から株を取り出し、傷んだ根を切り、土を落としてから新しい土で植え替えをします。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
とにかく日当たり。日光が不足すると徒長する。室内でも日当たり。できれば戸外の軒下の日当たり。夏の直射日光のも負けない。雨にはあてないこと。雨に当てると腐りやすい。寒さには弱いが、暖地であれば戸外で越冬も可能。耐寒温度は0度から5度。霜に当たれば枯れる。暖地以外では冬は室内へ。
●生育温度は10度。秋の最低気温が10度を下回ったら室内へ。春に最低温度が10度を超えたら戸外へ。

その他

この項目の修正・提案をする
病害虫
カイガラムシなど。
乾燥気味に管理するので、カイガラムシ・ハダニなどが発生しやすい。見つけ次第薬剤をまいたり、捕殺する。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
南米原産のサボテン。自生地ではサボテンというよりは「木」。開花して実をつける。その実を現地では食用にしているらしい。単に「ヒメウチワ(姫団扇)」と言うと「ヒメウチワカエデ(姫団扇楓)」を指すことが多い。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ヒメウチワサボテンの日記

サボテン科の仲間


サボテン科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用