ウチワサボテンの育て方

MENU
使い方
TOP>サボテン科>ウチワサボテン
スポンサードリンク

ウチワサボテン

nophoto
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名サボテン科
属名オプンティア属
学名Opuntia ficus-barbarica
みずやりたまにやる程度
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
育て方の概要
平べったい葉っぱがポコポコと出るサボテン。日本人が思い描くサボテンの代表のような形。乾燥に強く、過湿に弱い。水やりさえしすぎなければ基本的に頑健で育てるのは簡単だが、その水やりが初心者には難しい。トゲがあり、トゲが見えなくても小さなトゲがある。小さなトゲほど刺さると厄介なので子供がいる家では育てない方がいいと思います。
大きさ・草丈・樹高
2m
まとめ
●水やりをしすぎないこと。根腐れする。
●土が白くなってから水をやる。乾燥ではなかなか枯れない。
●冬は断水するか、やっても少量。
●春から秋は戸外の日当たりか室内日当たり。
●冬は室内に取り込む。
●水やりと冬の温度さえクリアすれば育てるのは簡単だが、水やりが意外と難しい。

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
水やりのコツ
土が乾き切ってから水をやります。土の表面が白くなるまで水をやりません。水をやるときは鉢の底から水が出るまでやります。やるときはしっかりと。やらないときは一切やらない。メリハリをつけて水をやります。受け皿の水は捨ててください。
春と秋は生育しているので案外、水を欲しがります。水が不足すると生育が鈍いですので、水はやってください。それでも普通の植物に比べれば、控えめです。
●鉢を持ち上げてみて重さで、中の水分量が判断できるといいです。

夏の水やり
夏(7月8月)は若干、生育が鈍くなるので水は控えめに。直射日光に当てて乾燥してもそう簡単には枯れないです。
冬の水やり
秋以降、10月から3月までは寒さで生育が鈍くなります。水を控えます。1ヶ月に一回くらい。冬(12月から2月)は一切水をやらないか、水をやっても、土を濡らす程度の水やりにします。
●冬は室内で管理することになります。冬の室内は非常に乾燥しています。特に暖房の風が直接当たるとダメなので、直接当たらないようにしてください。

肥料
植え付けの時に入っている肥料(というか腐葉土堆肥)で十分。ただし、4月から10月にかけて薄い肥料をやると確かによく生育する。生育しすぎて鉢がひっくり返るので肥料はやらない方がいい(ウチワサボテンの形状から風に弱い)。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
植え替え・植え付け時期
2年か3年に一回、生育する春か秋に植え替えをする。長く植えていると土の粒が劣化してつぶれてしまい、水はけが悪くなる。ウチワサボテンにとって水はけは生命線なので2年か3年に一回は植え替えをする。
用土
サボテン用の土を使うのが楽で安上がり。自作する場合は赤玉土小粒6腐葉土2川砂2。
植え付け方法
鉢は水分が蒸発しやすい素焼きの鉢がよいです。
株を鉢から抜き出します。ウチワサボテンの植え替えをする一ヶ月前から水をやらないでいると綺麗に抜けます。株の土を落とし、腐った変色した根を切り、伸びすぎた根を切って、整理します。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていきます。
●植え替えの最後に水をやらないこと。
●一ヶ月で根が張ります。

挿し木でも
葉っぱを切って、切り口を日陰で乾燥させてから、用土に挿していると発根します。発根は容易です。簡単に増えます。根腐れ・寒さで枯れる場合の保険としてする。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
とにかく日当たり。多少の耐陰性がある、というよりは環境の変化に対する変化が現れるのが遅いので、ワンシーズン日陰で過ごすくらいは取り返せるので問題ないが、ずっと日陰ではダメ。室内でも日当たりのいいところであれば十分。
生育温度は最低気温が10度以上。夏の高温時期(日中の気温が30度以上)には生育が鈍くなる。耐寒温度は0度か5度。霜に当たれば枯れる。春夏秋は戸外、冬は室内で管理することになる。暖地であれば戸外で越冬も可能。ただし、梅雨と秋の長雨のときに腐ってしまうことがあるし、巨大に育つとトゲがあって危険なので鉢植えが無難。
●秋に最低気温が10度以下になったら室内へ。
●春に最低気温が10度以上になったら戸外へ。ただし寒の戻りで霜が降りることがあるので、霜に当たらない場所で管理するか、もうちょっと我慢する。
●冬の寒さのダメージは春になって目に見えるようになる。
●日光不足になると徒長し、棒状の葉っぱが出る。棒状の部分は切ってしまって、日光にしっかりと当てれば丸い本来の葉っぱが出てくる。

雨に当てない
雨にはあてない。とにかく過湿が苦手なので。

その他

この項目の修正・提案をする
病害虫
カイガラムシなど。
乾燥気味に管理するので、カイガラムシ・ハダニなどが発生しやすい。見つけ次第薬剤をまいたり、捕殺する。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
実を食べたり、葉っぱを食べる地域もある。自生地は南アメリカ・メキシコの乾燥地帯。日本人が思い描く「サボテン」とはウチワサボテンか、柱サボテン。ウチワサボテンは他の種類と交雑しやすく、このページに学名を記載しているけど怪しいお話ですわ。ウチワサボテンといってもトゲのほぼないものから、ビッシリ生えているものまであってかなり幅広い。トゲがないように見えても小さなトゲはあって、むしろ太いトゲより刺さると厄介。子供がいる家では育てない方がいいと思う。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

「ウチワサボテン」に関する疑問・質問・日記

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

サボテン科の仲間


サボテン科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用