カランドリニアの育て方

MENU
TOP>スベリヒユ科>カランドリニア
スポンサードリンク

カランドリニア(アンデスマツバボタン)

カランドリニア
科名スベリヒユ科
属名マツバボタン属
学名Calandrinia-umbellata
別名アンデスマツバボタン
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


乾燥に強くて背が低くて、1つの株に沢山の花を咲かせるために、とても見栄えがします。真夏の高温多湿に弱くて、夏までには枯れてしまうと考えてください。また寒さにも比較的弱いために、越冬も難しいようです。

水やりと肥料

乾燥に強い反面、多湿に弱いので、水のやり過ぎに注意してください。土が濡れている間は水をやらないください。土が乾いてから水をたっぷりとやってください。

管理場所・日当たり

育てる場合は種を取り寄せます。種はネットで買うのが手っ取り早いでしょう。種を撒き、苗を作るのですが、寒さに弱く霜に当たると枯れてしまいますので、霜よけが必要です。寒冷地では霜に当たらなくても寒さで枯れてしまいます。

特徴・由来・伝承

スベリヒユ科の植物。晴天は花を開き、雨や曇りの日は花を閉じる性質があります。秋に種を撒いて、越冬し春に花を咲かせ、夏に高温多湿にやられて枯れてしまう一年草扱いです。ほとんど流通していません。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

スベリヒユ科の仲間


スベリヒユ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用