ポーチュラカの育て方

MENU
TOP>スベリヒユ科>ポーチュラカ
スポンサードリンク

ポーチュラカ(ハナスベリヒユ・松葉ボタン)

ポーチュラカ
科名スベリヒユ科
学名Portulaca
別名ハナスベリヒユ・松葉ボタン
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

乾燥に強い初心者向きの花
真夏の炎天下もなんのその。乾燥に強く、直射日光にもなんともない初心者向きの園芸品種です。寒さに弱くシもが降りることには枯れてしまいますが、こぼれダネで翌年も出ることがあります。

曇りや雨の日は花が閉じる
ポーチュラカは太陽が出ていると花が開き、夜の間や雨の日は花を閉じます。花は毎日開いて閉じてを繰り返しますので、毎日新しい花が咲いているような錯覚が起きます。

水やりと肥料

水のやりすぎに注意
ポーチュラカは多肉なので乾燥に強い反面、水をやり過ぎると根が腐って枯れてしまいます。乾燥気味の環境に向いているので、水のやり過ぎには気をつけてください。水をやりすぎると葉っぱがグジュグジュに腐ってきます。
土が乾いていたら、水をしっかりとやってください。土が濡れている間は水をやらないでください。

肥料は控えてください
ポーチュラカは痩せ地でも花を咲かせるような植物です。肥料を上げすぎると花がつかなくなります。開花期間中に液体肥料を月に1回あげてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

土は市販されている土で十分です。出来れば水はけの良い土が好ましいので、市販されている花と野菜の土に川砂を混ぜて水はけをよくしてから、植えるとよいです。苗同士は15センチほど離して植えます。

管理場所・日当たり

鉢植えでも庭植えでもOK
庭植えの方が大きくスクスク育ちます。

とにかく日当たり。真夏の直射にも強い!
日のあたる場所で管理してください。暑さにも直射にも耐えます。ただしあまり水はけが悪い土だったり、梅雨の時期に長い雨に晒されると傷みますので、出来れば軒下で管理してください。かといっても、水はけがよければ雨に当たったからといって枯れるわけではありません。

霜に当たると枯れます
夏の暑さにはなんともないのですが、霜に当たると一発でアウト。消えてしまいます。ですが、種がこぼれて翌年咲くこともあり、翌年意外なところから芽を出してくれます。

基本的に一年草扱いです。
スポンサードリンク

非常に育てやすい植物です

ポーチュラカは乾燥に強く、多肉の割には比較的、多湿にも強いです。カランコエサボテンといった多肉が雨に当たるとグチュグチュに傷むのに対して、そこまでではありません。少々雨に当たるくらいなら問題ありません。また数日水遣りが出来なくて、他の植物が枯れてもポーチュラカ・松葉ボタンはピンピンしているほど乾燥にも強いです。育てやすい頑健な植物で、他の植物を枯らしてきた人でも育てられるはずです。

サビ病(葉に黄色や黒いサビのようなものが出来る)で葉っぱを傷めてしまいます。枯れ無くても葉っぱが全滅し、粉が散ります。発症したら治癒は不可。病気部分を切除して、それでもダメなら廃棄。サビ病予防は過湿しない(水を控える)、雑草はまめに抜く(他の植物から感染するので)、古い土・拾ってきた土で植えない。肥料に窒素分が多いとひ弱になり掛かりやすいとも。

特徴・由来・伝承

和名はハナスベリヒユ。漢字で書くと「滑莧」。ひゆとはヒヨコと同源の言葉で「小さくて可愛らしい」という意味です。スベリは茹でたときに出るヌメリから来ているといわれています。

茹でる、と書いたわけですからポーチュラカを食べる地域もあります。山形では茹でて醤油につけて保存食にしていました。

日本ではスベリヒユは農地に生えるハッキリ言って雑草です。一般的に園芸店で販売されているポーチュラカはこのスベリヒユの改良品種で、厳密に言うと同種ではありません。

スベリヒユという名前はイメージが悪いのでポーチュラカと呼ぶようになりました。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

スベリヒユ科の仲間


スベリヒユ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用