桜吹雪

MENU
使い方
TOP>スベルヒユ科>桜吹雪
スポンサードリンク

桜吹雪(サクラフブキ)

nophoto
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名スベルヒユ科
属名アナカンプセロス属
学名Anacampseros rufescens
別名サクラフブキ
みずやり乾かし気味に
場所冬は室内 夏は外
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
育て方の概要
葉っぱの先がピンク色になる多肉植物水やりさえコツをつかめば育てるのは簡単。花もこの手の多肉植物では綺麗。スベリヒユ科だからか? 葉っぱのピンクの可愛さと花の綺麗さで、最近人気がある。
大きさ・草丈・樹高
3cmから10cm
まとめ
●多肉植物としては育てるのはかなり簡単な方。
●水やりは控えめに。
●春と秋は水やり多めに。夏は過湿予防のために若干控えめ。冬はぐっと控えめに。
●植え替え・挿し木は春か秋に。
種子から増やすこともできる、というかこぼれダネで勝手に増えるので、あちこちに勝手に増やしたくない場合は開花したら花は摘んでしまう。
スポンサードリンク

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
水やりのコツ
土が乾いてから水をやります。水やりが多いと徒長してヒョロ長になるので、その時は水やりを控えて調整してください。まずは週に一回程度の水やりから。多肉植物であり葉っぱに水を溜め込みます。過湿にすると葉っぱが腐ってきますので、乾燥気味が基本。
●かなり乾燥に強い方。

冬の水やり
冬は水やりを控えめにします。冬は寒さで生育が鈍くなっていて水を必要とせず。バシャバシャと水をやると腐ってしまいます。土が乾いてから、しばらくしてから水をやります。目安としては1ヶ月に一回とか。ただし、環境によってかなり違うので注意。室内の暖房の効いた乾燥した環境ではもうちょっと頻度が多くなる。
●室内で管理していて0度以下になるようならば断水。水を一切やらないでもいい。そもそも乾燥に強い植物。水を切ることで寒さにも強くなる。

肥料
春と秋に肥料をやります。固形肥料を春に一回、秋に一回やるか、薄い液体肥料を春と秋に二週間に一回程度やります。あくまで控えめにやってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
植え替え・植え付け時期
春か秋に行う。春がより良い。
用土
多肉植物の土で植える。
増やし方
植え替えの時に株分けしたり、挿し葉・挿し茎(木)で増やすことができる。4月5月・9月10月に切って切り口を日陰で乾燥させてから用土にさしておくと発根します。簡単に発根します。
種子から
開花後に種子が取れますので、これを4月5月か9月10月に撒くと簡単に発芽して増えます。初心者向き。というかこぼれダネで勝手に増えるので注意しなくちゃいけないくらい。こぼれダネで増やさない場合は花が咲いたら摘んでしまう。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
夏は半日陰、それ以外は日当たりで
真夏は直射日光で痛むので半日陰の場所に移動させます。他の季節は戸外の日当たりで管理します。日光が少ないと徒長します。キュっと小さく仕立てるには日当たりで管理するのが大事なポイントです。
●霜に当たっても枯れないともいわれるがほんまかいな。土が凍ると枯れる。冬は室内の日当たりが無難。耐寒温度は3度。
●大阪の戸外で越冬可能らしい。
●日光が少ないと葉っぱがピンクにならない。

風通し
風通しのいいところで管理します。特に梅雨と秋の長雨・夏の高温多湿には腐って枯れることもあるのでこの時期だけでも風通しの良いところで管理します。

その他

この項目の修正・提案をする
病害虫
ネコナカイガラムシ

5月6月あたりに開花する。一日花なのに、天気が悪いと開花せずにそのまましぼんでしまう。

特徴・由来・伝承

スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用