レウィシアの育て方

MENU
TOP>スベリヒユ科>レウィシア
スポンサードリンク

レウィシア(イワハナビ)

レウィシア
科名スベリヒユ科
属名レウィシア属
学名Lewisia-cotyledon
別名イワハナビ
みずやり乾かし気味に
場所日の当たる室内
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


レウィシアは高温多湿を嫌いますが、夏越しが出来ないというほどではありません。夏の間は風通しの良い日陰に移動させて、水やりを控えれば、毎年花を咲かせてくれる、植物です。
まとめ
●水やりは乾燥気味に。
●水やりの時に葉っぱや花に水が当たらないようにすること。
●冬は5度以上の場所で管理。昼間は日光に当てる。
●春と秋は日光に当てる。
●レウィシアは夏が苦手。夏は遮光した場所で管理するか、戸外の日陰で管理する。
●一年に一回、植え替えをする。

水やりと肥料


乾燥気味に管理するのがコツ
レウィシアの葉っぱを見てみると分かるように非常に肉厚で乾燥に強く、多湿に弱い植物です。そこで年中通して水やりは乾かし気味に管理します。
土がシッカリと乾いてから水やり
土の表面が乾いて白く変色してから、水をたっぷりとあげてください。たびたび水をやると根が腐ってしまいます。また、葉や茎に水がかかると傷みやすいので、水をやるときは上からジャバーっと掛けないでください。土にそっと水を注いでください。その場合は口の長細いジョウロがあると便利です。
肥料
生育する春に二週に一回、液体肥料をやります。固形肥料でもいいのですが、葉っぱに固形肥料が当たると痛むので、液体肥料が無難です。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土
水はけの良い土を好みます。山野草の土か、鹿沼土7軽石3を混ぜたものを使います。
●一般に流通しているレウィシアの花鉢はかなり水持ちの良い土で植えられています。おそらく水やりの頻度を減らすためじゃないかと思います。ですが育てる環境に適しているのは上記の用土です。


水はけの良い環境を好むので、蒸発のしやすい素焼きの鉢などがいい。プラスチックの鉢は蒸発しにくいので避ける。

植え替え
古い土を三分の一ほど落としてから、新しい土を足して植え替えをします。植え替えは毎年が理想。株分けはできません。同じ大きさの鉢に植え替えてもいいですし、一回り大きな鉢に植え替えてもいいです。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

店頭販売しているレウィシアは…
レウィシアは1月から3月くらいに流通して店頭に並んでいますが、これは温室で開花させたものです。温室育ちなので寒さには弱いです。戸外では管理せず、室内で管理してください。
冬は5度以上の場所で
冬は5度以下になる場合は室内に移動させてください。レウィシアは寒さにある程度耐性があり、積雪にあっても枯れたりはしませんが、霜にあたると傷みます。冬になったら室内に取り込んだ方が無難です。室内のできるだけ日当たりで管理します。冬は遮光しないでいいです。
●人が生活する場所は、暖房をかけるものなので、昼間は18度くらいになります。で、夜は暖房を切ります。しかし、夜中になっても大体は5度以下になることはほとんどないです。ただし、窓の近くは外気が近く、場合によっては氷点下になりますので、寒い時期は昼は窓で日光に当て、夜だけは窓から離して、室内の奥においてください。
●暖房の風はとても乾燥しています。この暖房の風が当たると、乾燥して枯れます。直接、風が当たらないようにしてください。直接じゃなければいいです。
●戸外で管理する場合でも、寒風が当たる場所だと、乾燥で花芽や葉っぱがしぼんでしまいます。寒風が当たらない場所に移動させるか、室内で管理しましょう。

夏越しが難しい
問題は冬よりは夏と梅雨です。梅雨の長雨に当たると傷むので雨の当たらない軒下に移動させてください。
高温多湿に弱いので、夏は風通しの良い日陰(半日陰じゃなくて日陰!)に移動させてください。それでも暖地では夏越しは難しいです。
●夏に窓辺で育てる場合は30%から50%ほどレースのカーテンなどで遮光します。
スポンサードリンク

その他

アブラムシなど発生
アブラムシ、ナメクジ、ヨトウムシが発生します。アブラムシはオルトランを前もって蒔いていると発生を抑えられます。ナメクジ・ヨトウムシは室内で管理すれば、ま、普通は発生しません。

根腐れなど
水やりをしすぎると、葉っぱや根が腐ってしまいます。乾燥気味がコツ。多少の乾燥はなんともないくらい。

葉焼け
強い直射日光に当たると葉っぱの葉緑素が死んで、黄色く抜けてしまいます。葉焼けをした部分は治りませんので、ひどい場合は切除してしまいます。

花が終わったら茎を切る
花が終わったら、花の茎の根元から切ってください。花ガラ(=花が終わったもの)を放置していると、種子を作ろうと株が栄養を送って、株が弱りますし、花ビラが腐って病気の元になります(レウィシアは特に腐ってグジュグジュになるのが苦手なので)。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

レウィシア(Lewisia)という名前は18世のアメリカ人探検家メリウェザー・ルイス(Lewis)から付けられたといわれています。
日本には昭和初期に持ち込まれました。自生地は主に北アメリカのロッキー山脈北西部からカリフォルニアにかけての山地の岩場。高山の岩場に生える植物なので、日本の高温多湿の夏に弱く、冬の管理よりも夏の暑さ対策がレウィシアを楽しむポイントになります。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

スベリヒユ科の仲間


スベリヒユ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用