京ちゅらかの育て方

MENU
使い方 TOP

京ちゅらか

nophoto
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名スベリヒユ科
属名ポーチュラカ属
学名Portulaca oleracea
みずやり乾かし気味に
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
育て方の概要
京ちゅらかはポーチュラカの品種の一つ。花色が独特なものが揃っている。栽培農家が少なく、あまり出回っていないので見かけたら買ったほうがいいかも。枝分かれしやすく、切り戻しをするとよく開花する。コンモリとなりやすい。
育て方はポーチュラカと同じ。
まとめ
●育て方の詳細はポーチュラカを参考に。このページは簡略化したものです。
●乾燥に強い。
●日当たりで管理する。夏の直射日光にも負けない。
●開花時期は薄い液体肥料をやる。
●秋にはかれる一年草。場合によっては室内で越冬するらしいが、普通はしない。
●形が乱れたら、切り戻して脇芽を出しさせる。
挿し木で容易に増える。
スポンサードリンク

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
水やり
土がカラカラに乾いたら水をやる。庭植えの場合はほぼ自然に降る雨で十分だが、夏の日照りのときは葉っぱと土の様子を見て水をやるようにする。
鉢植えの場合は、庭植えよりも乾燥しやすいので気をつけて水をやる。梅雨時期は長期間濡れないように水やりを控え、雨に当たるようなら軒下などに移動させる。
肥料
生育時期は二週間に一回か、一週間に一回程度、薄い液体肥料をやる。もしくは緩効性肥料(化成肥料)を一ヶ月に一回やる。葉っぱの様子を見て調節できる液肥が便利。肥料が多いと花が咲かないが、少なすぎても咲かない。夏に葉っぱは元気なのに開花しないのは肥料不足を疑う。

植え付け

この項目の修正・提案をする
植え付け・挿し木の方法などその他の詳細は「ポーチュラカ」を参考に。
鉢植えの場合
一般的な培養土か、そこに赤玉土を3割ほど混ぜて水はけを良くして植える。植え付けは普通。鉢底に軽石を2センチほど敷いて、用土を入れて、株を入れて、最後に水をやる。株同士は最低でも15cm以上空ける。
庭植えの場合
庭土に腐葉土を3割ほど混ぜて、そこに苗を植える。株同士は最低でも15cmは空ける。広がるのでもっと空けてもいい。最後に水をやる。植え付けて二週間ほど、根付くまでは庭植えでも水やりをする。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
とにかく日当たり
夏の暑さに強いのがよいところなので、とにかく日当たりで管理。半日陰など日光が少ないと開花しないことすらある。ただし、梅雨時期に長雨になるようならば軒下など雨に当たらないところに移動する。多肉と言っても多少の雨ざらしで腐ることはないでも、気にしないでもいいけど、記録的な長雨になると腐ることもある。

その他

この項目の修正・提案をする
病害虫
アブラムシハダニなどが発生する。あまり病害虫で枯れ込むことはない。詳細はポーチュラカのページを参考に。
切り戻し
切り戻しをすることで、脇芽が出て花が増えます。定期的に切り戻しましょう。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

スベリヒユ科の仲間


スベリヒユ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用