ジャノヒゲの育て方

MENU
使い方 TOP

ジャノヒゲ(蛇ノ髭・龍ノ髭)

nophoto
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名キジカクシ科
属名ジャノヒゲ属
学名Ophiopogon japonicus
別名蛇ノ髭・龍ノ髭
みずやりたまにやる程度
場所外の日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
育て方の概要
蛇の髭と竜の髭(リュウノヒゲ)は同じもの。元々は蛇の髭と呼ばれているものがイメージがいいから別名の竜の髭の名前が使われるようになって、流通では「竜の髭」が一般的になったよう。
草丈が低く、ビッシリと増えるため、雑草よけを兼ねたグランドカバーとして植えられる。春に新芽が出る前に古い葉っぱを刈り込んでやると綺麗な葉っぱだけになって見栄えがいい。青い綺麗な実ができる。
このページでは簡単な記述にしています。詳細な育て方は「リュウノヒゲ」を参考に。
大きさ・草丈10cm
まとめ
●ジャノヒゲはキジカクシ科の多年草。一度植えると基本的に植えっぱなし。
●ジャノヒゲとリュウノヒゲは同じもの。
●庭のグランドカバーに。雑草よけにもなる(完全に雑草が生えないわけじゃない)。
●日向でも日陰でも育つ。
●庭植えではほぼほぼ水やり不要。鉢植えにはしないのが普通。
スポンサードリンク

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
水やり
庭植えの場合は一旦根付いてしまえば自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。
肥料
肥料は基本的に不要。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
植え替え時期
真夏以外の春から秋。
用土
一般的な花と野菜の培養土で植えるか自作する場合は赤玉土小粒6腐葉土4を混ぜたものを使う。
植え付け・植え替え
鉢植えの場合は、鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。

庭植えの場合は、15cmほどの深さの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
日当たりでも半日陰でも日陰でも育つ。

剪定

この項目の修正・提案をする
剪定
新芽が出る4月までに、古い葉っぱを刈るといい。放置していると古い葉っぱと新しい葉っぱが混在して汚い。新芽が出る前に毎年刈っておくと新芽の新しい葉っぱだけになって綺麗。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

「ジャノヒゲ」に関する疑問・質問・日記

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

キジカクシ科の仲間


キジカクシ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用