エスコルチアの育て方

MENU
TOP>ケシ科>エスコルチア
スポンサードリンク

エスコルチア(花菱草・カリフォルニアポピー)

エスコルチア
科名ケシ科
学名Eschscholtzia californica
別名花菱草・カリフォルニアポピー
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

耐寒温度はマイナス10度と寒さに強い植物。自生地では多年草ですが、日本の多湿に弱く梅雨と夏の間に消えて無くなってしまいます。ワイルドフラワーで草丈は種類にもよりますが30センチから60センチと低い。公園の土手、舗装されていない駐車場の隅にこっそりと咲いていることが多いです。
種蒔きは秋。春撒きの種子も売られています。苗ポットも見かけるのでこれを春に植えてもOK。
見た目に反して頑丈なやつ
薄い花びら、細い葉っぱ、吹けば飛ぶようなその繊細な立ち姿とは裏腹によく咲きますし、丈夫な植物です。
終わった花は摘むようにする
終わった花を摘むようにすると次の花が咲きやすくなります。ただしエスコルチアはこぼれダネで咲くことがあるので、摘まないのも手です。
スポンサードリンク

水やりと肥料

乾燥に強く、多湿に弱い
乾燥した地域で細々と花を咲かせるのが本来のエスコルチアですので、水をジャンジャンやっていると過湿で枯れてしまいます。水は土が乾いてからやります。土が濡れているうちは水を控えてください。乾燥気味に管理してあげてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

中性・弱アルカリ性の土を好み、酸性土を嫌うので庭植えするときは植え付け2週間前に苦土石灰を混ぜ込んで中和させておきます。
移植は不可、ポット苗も早めに
移植が出来ない植物で根が傷つくと傷んで枯れてしまいます。ポット苗も放置していると根付きづらくなります。植える時には土を払わずにそのままスポッと植え付けてください。
用土は市販の培養土ハーブ用土か
市販の花と野菜の培養土でも十分ですが、この培養土には肥料が入っていて、この肥料が多いと小さくてかわいいはずのエスコルチアが思ってた以上の大きさになりがちです。ハーブの専用土は肥料が控えめ(もしくは無い)なのでエスコルチアが小さくまとまりやすいです。もしくは赤玉土腐葉土3を混ぜたものを使います。
種蒔きも
秋まきと春まきがあります。直根性で移植は不可です。育てる場所に種を撒いて土を薄くかぶせておきます。土が厚いと発芽しにくくなります。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりか半日陰で育ちます。
こぼれダネで生えてくることも!
一度植えるとこぼれダネで翌シーズンも出てくることがあります。ただ絶対ではないので、あまり期待しないでください。

特徴・由来・伝承


カリフォルニア州の州花。砂漠の乾燥した土地に生えるケシ科ポピーの仲間。カルフォルニアポピーや花菱草(ハナビシソウ)という別称もあります。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

ケシ科の仲間


ケシ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用