豆苗の育て方…再生栽培で再収穫しよう

TOP >マメ科>エンドウマメ>>管理

豆苗(エンドウマメ)

豆苗
科名マメ科
属名エンドウ属
学名Pisum sativum
別名エンドウマメ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

再生栽培で再収穫しよう

再生栽培で再収穫しよう
文章の修正豆苗(トウミョウ)はエンドウマメを発芽させたもの(スプラウト)。日本のスーパーで売られているものはキヌサヤ・サヤエンドウであることが多い。スーパーではよく売られていて、安い食材です。栄養価も高く、生でも食べられ、炒めたりサラダにしたりと人気です。このページでは食材として売られているものを食べた後に管理して、もう一度食べられる大きさに育てる方法(リボーンベジタブル)…再生栽培で再収穫する方法をまとめています。
まとめ
●1週間ほどで買った時と同じくらいの大きさに戻る。
●豆から3cmほどの位置で切る。
●水が漏れない器で根が水に浸かる程度に水を張って豆苗を入れる。
●日当たりの良い室内で管理。
●生育温度は20度前後と高温なため、寒い時期は再生が遅い。
●水は毎日取り替える。
●再生栽培は2回まで。

スポンサーリンク

豆苗の栄養

文章の修正栄養が豊富!
β-カロテンを100g当たり4700μgとかなり多い。β-カロテンを多く含むとされるホウレンソウより100gあたりで言うと多い。ビタミンEやビタミンK、葉酸やビタミンCも豊富。栄養成分は代表的な緑色葉物野菜(ホウレンソウ、小松菜、春菊、ニラ)よりも多いです。ただ、独特な風味があって、好みが別れる。
●サラダにもするが、個人的には風味があれなのでサラダではなく、油で炒めて食べる方がいい。レシピはいろいろあるが、豆苗がメインではないです。

再生栽培の手順

①切る位置について

再生栽培の手順
文章の修正切る位置は豆から3cmが目安
植物は葉っぱの付け根から「脇芽」を伸ばします。この脇芽が出やすいように、豆から二つほど小さな葉っぱを残して切るといいです。長さでいうと3cmか4cmほど。厳密に2節を残すのではなくて、あくまでザックリとしたことです。調理前に切る際に、これを意識してカットすると、次の新芽が出やすい…くらいに考えてください。
●貝割れ大根ブロッコリーのスプラウトは一番上に双葉が生え、その下に節が全然ない。よって一般的に食べる部分を取り除くと脇芽は出ない。だから、貝割れ大根やブロッコリーのスプラウトは再生してもう一度食べるってのは出来ない。再生栽培して収穫ってのは豆苗くらいしかないメリットです。

②器で水耕栽培

文章の修正根が浸るくらいの大きさの器を用意し、水を張ってつけます。ガラスの器だと日光が中に入って、藻が発生しやすいですが、まぁ、そこまで致命的な問題ではないです。水をまめに換えていれば大丈夫です。
●ペットボトル(2リットル)を横に倒して豆苗が入るように切ったものでもいいです。
●豆苗が入っていた器をそのまま使ってもいい。

③水を綺麗に保つ

文章の修正水耕栽培にするので水遣りは不要。ただ、器の水は綺麗な状態を維持しましょう。夏は毎日、朝と夕方の2回、取り替えます。他の季節では毎日一回、水を取り替えましょう。根が水に浸かっていればいいです。茎が水に浸かると株が傷みますし、雑菌が繁殖して食べるのが危険、なんてこともある。

水は追加するのではなく、取り替えるようにする。追加すると塩素が溜まって白い塊が見られるようになる。とにかく水は綺麗に保ちましょう。
●雑菌が繁殖している可能性があるので、再生させた豆苗は必ず、火を通して食べる。
●水の取り替えを怠ると、コバエが発生することがある。

④肥料は不要

文章の修正肥料は不要です。
肥料を追加すると水が汚れやすくなります。汚れれば雑菌が繁殖し、カビになったり、水が腐って、豆苗を食べることがそもそも危険な状態になりかねない。肥料をやるより水を綺麗に保つ方が優先。

⑤収穫

文章の修正切ってから1週間から10日ほどで同じくらいに成長して収穫できるようになります。また上記の「①切る位置について」に戻って、収穫し、もう一度最初から再生栽培を行います。
収穫回数
2回は収穫できる。3回目以降は株が弱り、同じように育ちにくくなり、豆が腐ったり、株元にカビが生えたり、藻がわきやすくなり、ちょっと危険(食べるとお腹を壊すかもしれない)。2回が限界であり、様子を見つつ、場合によっては一回で諦めるのも大事な選択です。

農家が出荷している豆苗は無菌状態で栽培しているので、生でも食べられるのですが、自宅で再生させた豆苗はどこで菌が発生しているのか分からないので、必ず火を通して食べてください。
●生育する栄養が豆の養分なので2回が限界。
●豆苗って100円くらいでしょう。これを2回再生栽培して収穫すると一食33円となり、もやしと同等のコスパになる、ような。ただ豆苗とモヤシって風味が全然違うから同列には語れないよなぁ。

管理場所

文章の修正15度〜25度で生育。室内の日当たりのいいところで管理します。1日に三時間程度日光が当たる場所が好ましいです。戸外で育てると生育が早いのですが、早すぎて茎が硬くなったり、水切れを起こしたり、虫がついたりするので、室内の日当たりがちょうどいいです。
●夏だと室内の窓辺で管理しても、高温と日光で生育しすぎて硬くなったり、生育にばらつきがあったり、水が高温になって枯れることもある。
●日当たりが悪いとヒョロヒョロに育つ。適度な日当たりが好ましい。
●生育温度が高いため、冬は生育が鈍い。

トラブル…カビ・藻

文章の修正水の取り替えを怠っていたり、水の水位が高すぎるとカビがわきます。カビなどが発生したら、カビ部分を取り除くか、あまりに多いなら、廃棄してしまいます。気温などの関係である程度は発生します。

藻が発生したら早くに取り除きます。日光が当たっていると発生しやすいので、透明なプラやガラスの器ではなくて、日光を通さないものを器にすることである程度の予防ができます。または器に日光が当たらないようにするといいです。
●室内で管理すれば虫の発生はほぼない。それでも水が汚いとコバエが発生することもある。とにかく水は綺麗にしましょう。
スポンサードリンク

関連記事

エンドウマメ
エンドウマメはマメ科の耐寒性一年草。食用野菜。正確には「豌豆(エンドウ)」なのでエンドウマメというのは豆が重複しているのでおかしいが、エンドウマメという名称が一般的。 暑さに弱く、関東以西では秋(10…
アンデスの乙女
アンデスの乙女はマメ科センナ属(カッシア属…カッシアは旧属名)の常緑低木。アンデスの乙女は商品名(流通名)で正確には「ハナセンナ」。学名ではセンナコリムボーサ(Senna corymbosa)。頑健で、本来は2メー…
クローバー
春に苗を植えるか、種を撒いて秋まで楽しむ、そんな感じです。元々が寒冷地の牧草として広まったので、暖地の夏は暑さで枯れてしまうことがありますが、根まで死んでいなければ秋にはまた芽吹きます。冬は地上部が…
オジギソウ
日本では一年草扱いです。寒さに弱く、沖縄では自生していますが、本州以北では冬には枯れてしまいます。 [[冬は室内へ、もしくは一年草と割り切る。]] 霜が降りる前に室内に取り込み、日当たりのいい温かい場所で…
ロータスブリムストーン
新芽は若々しいライムグリーン、それが成長とともに、色が変化していきます。この色合いを楽しむためには適宜、切り戻しをしてください。 フワフワでかわいい姿で弱そうなのですが、寒さ、暑さに強い。特にマイナ…
ミモザアカシア
花が咲いたあと夏までに翌年の花芽が出来るために、それまでに剪定を行わないと、翌年の花芽を切り落とすことになって、花が咲かなくなる。 成長が早く、枝が細いので放置しておくと強風で枝が折れてしまいます。…
エバーフレッシュ
[夜には眠る] エバーフレッシュは、昼間は葉っぱを広げて、夜は葉っぱを閉じる休眠運動を行います。まるで生きているみたいです!――生きているんですけどね。これは夜の間に葉っぱから水が蒸発するのを防ぐための…
緑豆
[育て方の概要] 緑豆(リョクトウ)はマメ科の一年草の野菜。ササゲや小豆と同属別種。インド原産だが、現在はアジア・アフリカ・南アメリカ・オーストラリアで栽培されている。緑豆を発芽させたものが「モヤシ」…
ヒメエニシダ
[正確にはヒメエニシダです] 店頭に並んでいる「エニシダ」は正確にはヒメエニシダです。この二つには性質に違いがあります。前者はマイナス5度まで耐え、昔から生け花などで利用される落葉低木です。それに対し…
エダマメ
[概要] エダマメはマメ科の一年草の野菜。大豆を未熟なうちに収穫したものがエダマエで、放置していると大豆になる。4月から6月に種まきして早生は7月から8月に収穫し、晩生種・中生種は9月から11月あたりに収穫す…

人気記事

ミニヒマワリ
ミニヒマワリ(矮性ヒマワリ)は小さく育つように品種改良したものか、大きくならないように薬品処理したもの。性質はヒマワリと同じ。境目はかなり曖昧。丈が80センチ以下くらいで「ミニひまわり」「矮性ヒマワリ…
古い土の処分方法(初心者向け)
[+[まとめ] ●古い土は雑菌・虫が繁殖し、肥料が偏っていて植物を植えると問題が起きる。 ●なので植え替えをするたびに古い土が発生する。 ●古い土は処分しなくちゃいけない(リサイクルする場合は自宅で出来る古…
ホワイトソルトブッシュ
オーストラリア原産。常緑低木。乾燥に強く寒さにも強い。夏の暑さにも強い。耐寒温度はマイナス10度。花が咲きますが、花は非常に小さく鑑賞目的とするには、物足りないものです。カラーリーフで、年中常緑の多…
リュウノヒゲ
[便利なグランドカバー] 日向でも日陰でも半日陰でも、どこでも選ばず育ち、草丈はずっと10センチ前後と非常に低いです。春先に刈り込んでやると、葉っぱが綺麗になりますが、何もしなくても綺麗です。 [雑草が…
デュランタ
[概要] デュランタはクマツヅラ科ハリマツリ属の常緑低木。分類上は常緑だが日本では冬に落葉する。学名はデュランタ ・レペンス(もしくはデュランタ ・エレクタ)。春から夏によく流通している。暑さには耐性が…