プラティアの育て方

TOP >キキョウ科>>管理

プラティア(スターラベンダー・エクボ草)

プラティア
科名キキョウ科
学名Pratia
別名スターラベンダー・エクボ草
水やり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. プラティアの特徴とは?
  2. 花言葉
  3. 水やり
  4. 肥料
  5. 植え付け・植えかえ・種蒔き
  6. 管理場所・日当たり
  7. 病気・害虫
  8. 特徴・由来・伝承
  9. SNSボタン・関連記事

プラティアの特徴とは?

プラティアの特徴とは?
文章の修正プラティアはキキョウ科プラティア属の多年草。草丈が10cmと非常に低くて、グランドカバー向きの植物。環境が合えば匍匐してドンドンと増えていきます。

プラティアの下葉が黄色く変色して枯れてくるかもしれません。プラティアの上部に栄養が回り、下部分に栄養が行っていないか、風通しが悪くなっています。そこで、黄色くなる前に、上部分を刈り込んで風通しを良くします。
刈込みは春か秋に行ってください。夏と冬は成長が鈍っていますので新芽が出てきません。
その他のグランドカバーに向いてる植物については
オススメで人気のグランドカバープランツの一覧
ガーデニング基礎知識(中級編)
を参考に。
草丈10cm
スポンサーリンク

花言葉

文章の修正プラティアの花言葉は「物事に動じない」です。

水やり

鉢植えの水やり

文章の修正鉢植えの場合は、土が乾燥していたら水をしっかりとやってください。鉢植えでも庭植えでも水をやりすぎると枯れてしまいますので、土が乾いていないうちに水をやりすぎないように気を付けてください。

冬は活動が鈍くなり、水を吸い上げなくなります。冬の時期は土が乾いてから数日経って、土を軽く濡らす程度の水やりにします。

庭植えの水やり

文章の修正庭植えにした場合は自然に降る雨だけでほぼ大丈夫です。ただ、夏の乾燥時期は土を見て、水やりをしてください。

肥料

肥料
文章の修正生育期間になる気温は15度~30度になる真夏以外の春から秋まで、月に2回程度液体肥料をあげてください。

肥料があると花が増えますし、よく広がります。肥料が不足すると、葉っぱが茶色くなって枯れ込んでくるので、不足しているようなら肥料を追加しましょう。

植え付け・植えかえ・種蒔き

時期

文章の修正春(2月〜3月)か秋(9月〜10月)に苗が流通するのでこれを植え付けます。植え替えも春か秋にします。種まきは春にします。植え替えのときに株分けもします。

鉢植えは2年に一回植え替えをします。

用土

文章の修正市販されている花と野菜の培養土で植え付けます。自作する場合は赤玉土7腐葉土3を混ぜたものを使います。

鉢植えの植えつけ・植え替え

文章の修正鉢植えの底の穴を網で塞いで、その上に軽石を2cm〜3cm入れて、その上に用土を入れて、株を入れて、隙間に用土を入れて、最後に水をしっかりとやります。

植え替えの場合は古い鉢から取り出して、土を三分の一ほど落として、植え替えをします。植え替えのときはひとまわり大きな鉢に植え替えるといいです。

庭植えの手順

文章の修正植え付けの1週間前に深さ15cm〜20cmほど掘り返して、腐葉土か堆肥を2割ほど混ぜ込んで、化成肥料を入れて混ぜて用土としておきます。

1週間経って土が馴染んだら、穴に土を半分戻して、株間を20cm〜25cm空けて植えます。隙間に残りの用土を入れていき、最後にしっかりと水をやって完成です。

挿木(挿し芽)で増やす

文章の修正4月〜5月の生育時期か、涼しくなった9月〜10月に挿し芽で増やします。

4cm〜5cmの挿し穂を作ります。下葉を取り、水揚げをします。水揚げはコップなどに水を張って挿し穂をつけて、葉っぱの先まで水を行き渡らせる工程です。これをやって、挿し芽用土として赤玉土小粒かバーミキュライトなどを用意して、湿らせてから、挿し穂を挿します。日陰で乾燥しないように管理していると発根します。

発根までは2週間ほど。一ヶ月で新葉が出てしっかりしますので、これを鉢や庭に植え付けます。
水揚げ
園芸用語
挿木
園芸用語繁殖技術・コツと知識

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
文章の修正日光を好みますのが、真夏の直射日光を浴びると葉焼けするなどして弱ってしまいますし、1日4時間程度日が当たれば生育しますので、庭植えにする場合は、年間を通して半日陰の場所に植え付けてください。

鉢植えの場合は春・秋は戸外の日当たりで管理し、真夏は半日陰に移動させてください。もしくは春〜秋はずっと半日陰でもいいです。

冬越し

文章の修正5度以上であれば常緑で越冬します。

マイナス3度までは耐えられますので、霜が降りる地域でも土が凍るほど寒くなければ戸外で越冬可能です。マイナス3度以下の地域では冬は葉っぱや茎といった地上部は枯れてしまいますが、根は残ります。春になると芽が出ますので捨てずに残しておいてください。

寒い地域(寒冷地)では室内に取り込んでください。

病気・害虫

文章の修正ほとんど見られない。

特徴・由来・伝承

文章の修正プラティアは小さな星状の花を咲かせるキキョウ科の植物です。アジア・オーストラリア・ニュージーランドに自生します。ベルフラワーカンパニュラといったキキョウ科の植物と同じ感じの育て方だと考えてください。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

キキョウ科
イワシャジン
キキョウ科ツリガネニンジン属
キキョウ
キキョウ科
ホタルブクロ
キキョウ科ホタルブクロ属
アズーロコンパクト
キキョウ科ロベリア属
ユウギリソウ
キキョウ科ユウギリソウ属
アルペンブルー
キキョウ科ホタルブクロ属
イソトマ
キキョウ科イソトマ属
サワギキョウ
キキョウ科ミゾカクシ属

タグ

オーストラリア

タグ「オーストラリア」を持つ記事

オージープランツ
園芸用語
カスタノスペルマム
マメ科カスタノスペルマム属
ハツコイソウ
クサトベラ科レシュルノルティア属
レモンマートル
フトモモ科バクホウシア属
シルバーティーツリー
フトモモ科レプトスペルマム属
スポンサーリンク