ポリゴナム(ヒメツルソバ)の育て方

TOP >タデ科>>管理

ポリゴナム(ヒメツルソバ・カピタツム)

ポリゴナム
科名タデ科
属名イヌタデ属
学名Polygonum capitatum
別名ヒメツルソバ・カピタツム
耐寒マイナス5度
水やり水控え目
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
種蒔
植え
スポンサーリンク

目次

  1. ポリゴナム(ヒメツルソバ)とは?
  2. 水やり
  3. 肥料
  4. 植え付け・植えかえ・種蒔き
  5. 管理場所・日当たり
  6. 特徴・由来・伝承
  7. SNSボタン・関連記事

ポリゴナム(ヒメツルソバ)とは?

ポリゴナム(ヒメツルソバ)とは?

ポリゴナム(ヒメツルソバ)とは?
文章の修正ポリゴナム(ヒメツルソバ)はタデ科のヒマラヤ原産で、濃い緑の葉っぱに金平糖のようなピンクの花を咲かせる匍匐性の宿根草。ロックガーデン・グランドカバーに利用されることもあります。開花時期は長いですが、真夏の日当たりでは暑さで花が一時的に止みます。秋には紅葉し、それもまた魅力的です。

霜に当たると地上部は枯れてしますが、地面が凍らない限りは根は生きていて春になると芽吹く宿根草。またこぼれダネを残すのでそれから繁殖します。ポリゴナムの耐寒温度はマイナス5度とかなり頑健。

ポリゴナム以外のグランドカバーは以下のリンクを参考に。
オススメで人気のグランドカバープランツの一覧
ガーデニング基礎知識(中級編)
スポンサーリンク

水やり

水やり
文章の修正鉢植えにしている場合は、土が乾いていたら水をしっかりとやります。庭植えしているのであれば基本的に降雨だけで十分です。夏にあまりに乾燥するなら、水やりをしましょう。

肥料

文章の修正植え付けのときに元肥として化成肥料をやったら、あとは肥料は不要。肥料があると葉っぱが大きくなり、草丈が高くなり、ポリゴナムの良いところが消えてしまいます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植える前に注意!

植え付け・植えかえ・種蒔き
文章の修正広い場所が空いているのであれば、ポリゴナムを庭植えすると良いですが、限られた場所にポリゴナムを庭植えしても、雑草並み(というかほとんど雑草)に繁殖力が強くほかの植物を追いやるかもしれません。そこで、鉢・プランターなどに植えつけるのも手です。
ただ、開花後には種子ができ、これがこぼれて増えるため、鉢植えにしてもいつのまにか広がることがあります。

時期と頻度

文章の修正春〜秋にかけて苗が出回りますので、これを植え付けます。頑健な植物なので、流通時期に植え付ければ問題ないです。鉢植えの植え替えは春に行います。

用土

文章の修正土質を選ばず頑健に育ちます。用土は一般的な培養土か、庭植えにするのであれば、庭土に腐葉土堆肥を少し混ぜたものを使います。

鉢植えの植え付け・植え替えの手順

文章の修正6号鉢に1苗くらいから始めて、徐々に大きくします。鉢は底の浅いものでいいです。鉢の底の穴を網で塞いで、その上に土が流れ出ないようにするための軽石を2cm敷きます。その上に用土と株を入れて、隙間に用土を入れて、最後にしっかりと水をやります。

毎年植え替えをして、鉢を大きくします。植え替えのときに株分けも可能です。

庭植えの手順

文章の修正植え付けの1週間前に15cmほど掘り返して、腐葉土か堆肥を下の庭土に対して1割ほど混ぜて、化成肥料を少量足して、用土とします。一週間たって馴染んだら、苗を植えます。苗の間隔は20cm〜30cmくらい。横に広がるので、多少株間をあけてもいずれは埋まります。隙間に用土を入れて、最後に水をしっかりとやります。

種子から

文章の修正花後に小さな種子ができます。これを集めて、紙袋に入れて日陰で乾燥させ、冷蔵庫に入れておきます。春になったら種まきすればいいですが、別にそんなことしなくても中間地暖地なら勝手に発芽して増えます。

管理場所・日当たり

文章の修正日当たりを好みますが、半日陰・明るい日陰でも繁殖します。日陰では花が少ないですが、それでも咲かないということはないです。グランドカバーとして植える場合が多いのですが、繁殖力が強すぎて、近接して植えたほかの植物を駆逐しかねないため、植える際は計画性が必要です。

文章の修正ポリゴナムは霜に当たると枯れるので、鉢に植えつけた場合は、軒下に移動すれば、簡単に常緑で冬越しできます。といっても、霜に当たって地上部が枯れても根は生きている宿根草で春にはまた芽吹きます。霜に当たらなければ常緑で越冬します。

土が凍ると根まで枯れ込んでしまいますが、土が凍らない限りは春にはまた芽吹きます。土が凍る地域(=寒冷地)は鉢植えにして、冬は室内の凍結しない場所で管理します。

寒冷地であっても、雪が積もると、地面は凍結していません。こうなるとポリゴナムの根は枯れずに春に芽吹く可能性がありますが、これは天候次第であり、風向き次第、環境次第なんでなんとも言えない。

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
文章の修正ヒマラヤ原産でガーデニング材として輸入後、ほとんど野生化しています。育て方といっても、道端に生えているくらいですから、その繁殖力、頑健さは、人の手間が不必要なほどです。

写真のアップで見ると綺麗な雰囲気があるイメージですが、これが生えている場所って廃屋で日当たりが悪いという印象で、あまりいいイメージを持ってない。特に、このポリゴナムが野生化していて、手間がかからない地域ほどそう思うはず。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

タデ科
アサヒカズラ
タデ科アンティゴノン属
ワイヤースペード
タデ科ミューレンベルキア属
スイバ
タデ科スイバ属
ワイヤープランツ
タデ科ミューレンベッキア属
ミズヒキ
タデ科イヌタデ属

タグ

庭植え グランドカバー 紅葉 宿根草 こぼれダネ 手間がかからない 匍匐 ロックガーデン

タグ「紅葉」を持つ記事

ベニシダ
オシダ科オシダ属
イチョウ
イチョウ科イチョウ属
カエデの剪定
栽培のコツ
カツラ
カツラ科カツラ属
オタフクナンテン
メギ科ナンテン属

タグ「庭植え」を持つ記事

ワスレナグサ
ムラサキ科ワスレナグサ属
ジュズサンゴ
ヤマゴボウ科リヴィナ属
トクサ
トクサ科トクサ属
ゼラニウム
フウロソウ科
シレネ・ユニフローラ
ナデシコ科シレネ属

タグ「ロックガーデン」を持つ記事

マツバギク
ツルナ科マツバギク属
ブルンネラ
ムラサキ科ブルンネラ属
アッツザクラ
コキンバイザサ科
シレネ・ドレッツバリエガータ
ナデシコ科シレネ属
エリゲロン
キク科エリゲロン属
スポンサーリンク