シノブの育て方

TOP >シノブ科>>管理

シノブ

シノブ
科名シノブ科
属名シノブ属
学名Davallia mariesii Moore ex Baker
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. シノブの育て方
  2. 水やりと肥料
  3. 植え付け・植えかえ・種蒔き
  4. 管理場所・日当たり
  5. その他
  6. 特徴・由来・伝承
  7. SNSボタン・関連記事

シノブの育て方

文章の修正冬は葉っぱが無くなる通常のシノブと、冬でも常緑の台湾原産のトキワシノブがあります。
トキワシノブだと思って
市場に流通しているのは、トキワシノブがほとんどです。トキワシノブの方が常緑で葉っぱの色が濃いです。寒さに弱く、霜に当たると枯れてしまいますので注意が必要です。
管理は簡単
極端に乾燥させてしまうと、葉っぱがポロポロと落ちてしまいます。それさえ気を付ければ、管理は簡単な初心者向けの植物です。
まとめ
●シノブとして流通しているものの多くはトキワシノブ。
●シノブは寒さに強く、冬に葉っぱがなくなるが、トキワシノブは常緑で寒さに弱い。他の管理方法はどちらも同じ。
●乾燥に弱い。春から秋は水切れしないようにし、できれば葉水をして多湿を心がける。
●冬は生育が止まるので水やりは控えめ。
●夏の直射日光には葉焼けする。夏は半日陰で管理するか遮光する。
肥料はなくてもいいが、生育時期にやるとよく生育する。
スポンサーリンク

水やりと肥料

文章の修正水やりは定期的に、乾燥させないようにします。水のやりすぎで腐るということはないです。それより、とにかく「乾燥でカリカリで枯れる」ことの方が多いです。葉っぱがポロポロ落ちてきたら、水が足りていないんだと考えてください。もしくは、風通しが良すぎるか日当たりが良すぎて乾燥しています。
●ただし、水につけてはいけない…腰水にして管理してはいけないって意味です。腰水というのはバケツなどにシノブの鉢を半分ほどドボンとつけて給水して管理すること。
●シダ植物としては乾燥に強い方(シダとしては!の話です)。
●夏は1日2回…朝と夕方に水をやる。
●受け皿の水は捨てる。水が腐って病気の元になるため。

コケ玉になっているものは注意
本来は乾燥に強いとされていますが、コケ玉になっていたり、ミズゴケで巻かれた状態で管理されることが多く、鉢植えよりも蒸発が激しくて、実際には非常に水切れが起きやすいです。
葉っぱにも水をかけてください
根が乾いていたら水をしっかりとやります。シノブは空気中の水分が多い状態を好みますので、根に水をやるだけでなく、葉っぱにも水をかけるか、霧吹きで水をかけてやると、葉っぱがみずみずしい状態を保てます。
冬の管理
冬は生育が鈍くなっていますので、水やりを控えます。少し乾燥気味に管理します。冬も常緑のトキワシノブの場合は、葉っぱに霧吹きで水をやってください。
肥料
肥料はほとんど必要ありません。生育期間に薄い液肥をたまに(一カ月に一回程度)やってください。やらなくてもいいです。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正シノブは木などに活着する植物で、一般的には水苔を根元に巻いて、鉢に入れます。

根を剥がして、古いコケをピンセットで剥がし、新しいコケや土で植え替えをします。用土は山野草の土を利用しても構いません。新しく植え換えるものに貼り付け、仕立て直します。よく流木や苔玉に仕立てているように、「こうしなきゃいけない」ってのはほとんどないです。根元が一定の量の水苔に包まれていて、水を補給できればいいです。
●苔玉にしたり、ツリシノブにしたり。夏は涼しげで人気です。

挿し木で増やす
茎を10センチほど切って、肥料の入っていない、これまで使用していない新しい無菌の「赤玉土鹿沼土、水苔」のどれかを単用の苗床に挿していると発根します。苗床は乾燥しないようにしてください。発根したら、水苔で包んで普通に管理します。いくらでも増えます。

管理場所・日当たり

文章の修正春から秋は直射日光に注意
耐陰性があって、日当たりよりも半日陰や明るい日陰が向いています。夏は直射日光に当たると傷んでしまいますので、夏は直射日光を避けた場所で管理します。
●春と秋は戸外の日当たりでもいいが、乾燥に弱いので注意。

冬…トキワシノブは室内へ
日本古来のシノブは耐寒性は強い方です。マイナス五℃まで耐えられますので、路地で越冬可能です。落葉はしますが。
トキワシノブは霜に当たると枯れます。暖地であれば戸外で越冬しますが、他の地域では室内に取り込みます。

その他

文章の修正アブラムシが発生します。見つけ次第捕殺し、薬剤を散布します。

特徴・由来・伝承

文章の修正シダ植物で、北海道から沖縄、朝鮮南部、中国、台湾にも自生しています。古くはシノブという名前は「シダ」全体を表していました。

太い毛の生えた根が生えて、樹木の皮に貼りついて広がっていきます。よくコケ玉にしたり、木炭やヘゴを芯にして、「シノブ玉」にしたものを、夏の窓辺に吊って飾ります。

ホームセンターやお花屋さんで、このシノブ玉が売られていますが、中空に吊られて風に晒されているのもあって、蒸発が激しく、水切れが起きやすいです。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

トキワシノブ
シノブ科キクシノブ属
ツディ
シノブ科タマシダ属

1月に開花する植物

ミルフル
スミレ科スミレ属
ボケ
バラ科
ギョリュウバイ
フトモモ科ギョリュウバイ属
シクラメン(簡略版)
サクラソウ科シクラメン属
ユリオプスデージー
キク科

1月に植え付け・植え替えする植物

黄梅
モクセイ科ソケイ属
ヤグルマギク
キク科ヤグルマギク属
ディオニシア
サクラソウ科ディオニシア属
枝垂れ梅
バラ科サクラ属
ザレディオブザレイク
バラ科バラ属

人気記事

四季咲きナデシコ・テルスター
ナデシコ科
アンデスの乙女
マメ科
12月のシクラメンの管理・手入れ
シクラメンの管理
ブルーアイス
ヒノキ科
クリスマスホーリー
モチノキ科
レウコフィルム
ゴマノハグサ科
ユーカリの病気まとめ…斑点病・うどんこ病など
雑記
胡蝶蘭の花茎が折れたら…対処の方法
胡蝶蘭の管理
スポンサーリンク