シノブの育て方

MENU
TOP>シノブ科>シノブ
スポンサードリンク

シノブ

シノブ
科名シノブ科
属名シノブ属
学名Davallia mariesii Moore ex Baker
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

冬は葉っぱが無くなる通常のシノブと、冬でも常緑の台湾原産のトキワシノブがあります。

トキワシノブだと思って
市場に流通しているのは、トキワシノブがほとんどです。トキワシノブの方が常緑で葉っぱの色が濃いです。寒さに弱く、霜に当たると枯れてしまいますので注意が必要です。

管理は簡単
極端に乾燥させてしまうと、葉っぱがポロポロと落ちてしまいます。それさえ気を付ければ、管理は簡単な初心者向けの植物です。

水やりと肥料

コケ玉になっているものは注意
本来は乾燥に強いとされていますが、コケ玉になっていたり、ミズゴケで巻かれた状態で管理されることが多く、鉢植えよりも蒸発が激しくて、実際には非常に水切れが起きやすいです。

葉っぱにも水を掛けてください
根が乾いていたら水をしっかりとやります。空気中の水分が多い状態を好みますので、根に水をやるだけでなく、葉っぱにも水をかけるか、霧吹きで水をかけてやると、葉っぱがみずみずしい状態を保てます。

肥料はほとんど必要ありません。生育期間に薄い液肥をたまに(一カ月に一回程度)やってください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え換えは冬にします。根を剥がして、古いコケをピンセットで剥がし、新しいコケや土で植え替えをします。用土は山野草の土を利用します。新しく植え換えるものに貼り付け、仕立て直します。

管理場所・日当たり

春から秋は直射日光に注意
耐陰性があって、日当たりよりも半日陰や明るい日陰が向いています。夏は直射日光に当たると傷んでしまいますので、夏は直射日光を避けた場所で管理します。

冬…トキワシノブは室内へ
日本古来のシノブは耐寒性は強い方です。マイナス五℃まで耐えられますので、路地で越冬可能です。
トキワシノブは霜に弱く、暖地であれば戸外で越冬しますが、他の地域では室内に取り込みます。

特徴・由来・伝承

シダ植物で、北海道から沖縄、朝鮮南部、中国、台湾にも自生しています。古くはシノブという名前は「シダ」全体を表していました。

太い毛の生えた根が生えて、樹木の皮に貼りついて広がっていきます。よくコケ玉にしたり、木炭やヘゴを芯にして、「シノブ玉」にしたものを、夏の窓辺に吊って飾ります。

ホームセンターやお花屋さんで、このシノブ玉が売られていますが、中空に吊られて風に晒されているのもあって、蒸発が激しく、水切れが起きやすいです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

シノブ科の仲間


シノブ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用