トキワシノブの育て方

TOP >シノブ科>>管理

トキワシノブ

トキワシノブ
科名シノブ科
属名キクシノブ属
学名Humata tyermannii
水やり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. トキワシノブとは?
  2. 水やり
  3. 肥料
  4. 植え付け・植えかえ
  5. 管理場所・日当たり
  6. 枯葉取り
  7. 病害虫
  8. 特徴・由来・伝承
  9. SNSボタン・関連記事

トキワシノブとは?

トキワシノブとは?
文章の修正トキワシノブは台湾原産のシノブ科キクシノブ属の常緑の着生植物。シダらしい葉が生え、毛の生えた根がトグロを巻くように伸びる姿が面白い。

日本に自生する落葉性のシノブとトキワシノブは同じシノブ科だけど「属」が違う別種。トキワシノブの方が葉っぱがしっかりしている。シノブより寒さに弱く、霜に当てない方がいい。夏の直射日光に弱く、夏は半日陰で。それ以外の季節は日光に当てた方がいいが、耐陰性があるので一年中半日陰でもいいです。
大きさ・草丈高さ15cmから30cm 横幅15cmから35cm
トキワシノブの購入はこちらから
Amazon
楽天市場
スポンサーリンク

水やり

水やり
文章の修正トキワシノブは多湿を好みますが、もちろん水のやりすぎには注意。春〜秋は土が乾いてから水をやるようにします。空気が乾燥気味ならば、霧吹きで水をやるようにします。水やりは葉っぱにバシャーっとしっかりとかけるようにします。モジャモジャの根っこがちゃんと湿るくらいに。大事なのは「土」ではなく、葉っぱや根に水が行き渡っているかどうかです。
苔玉になっている場合、鉢植えよりも乾燥しやすいです。水やりの頻度を上げて乾燥しきらないようにします。

葉水

文章の修正トキワシノブは湿度の高い環境を好み、土への水やりより葉っぱに水をかけた方が健康です。葉っぱや根に霧吹きで水をやるようにします。乾燥すると葉っぱが落ちます。

またハダニアブラムシは葉っぱに水をかけることで予防できるので、葉水をし、葉裏に潜んでいるので、葉裏にもかけてください。

夏の水やり

文章の修正水が沸騰して根を傷めるので、夏の水やりは昼を避け、朝と夕方の2回、しっかりと水やりします。葉っぱにもしっかりと水をかけてあげてください。

冬の水やり

文章の修正気温が10度を切ると活動が鈍くなりますので、合わせて水やりを減らしていきます。冬は生育が止まっていますが、完全に水を切ってはいけません。土が乾いてから数日経って水をやります。もしくは土への水やりを控えて葉っぱに霧吹きで水をやります。

トキワシノブは常緑なので落葉するということは水が切れているので、水やりの頻度を増やしてください。
冬は水を控えることでトキワシノブの体液の濃度が濃くなって寒さに強くなる。

肥料

肥料
文章の修正肥料はなくても育ちますが、生育時期(5月〜夏)に肥料があるとよく生育します。通常の2倍に薄めた液体肥料を霧吹きに入れて葉っぱに二週に一回やってください。なくても枯れるわけではないので様子を見て判断してください。

植え付け・植えかえ

時期

文章の修正根が鉢の縁から大量にはみ出しているなら冬に植え替える。

用土

文章の修正山野草の土で植える。もしくは水苔で植えます。
山野草の土の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
ミズゴケの購入はこちらから
Amazon
楽天市場

植え付け方法

文章の修正古い鉢から取り出し、古い土を取り除いておきます。鉢底の穴を鉢底ネットで塞いで土が出ないようにしてから、土が流れ出ないようにするための鉢底石軽石)を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株の根を広げて置きます。最後に水をやります。土が濡れていると、根が伸びて着生していきます。土で植えた場合は、水やりの頻度を増やして乾燥を防ぎましょう。

土ではなく水苔でもいいです。初心者は水苔の方が適しています。
本来のトキワシノブは土に育つものではなく、木や岩に張り付くもの。バスケットなどに植えるとバスケットを覆い隠すように伸びます。植え替えるときは根を丁寧に鉢から外してください。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
文章の修正春と秋は日当たりで管理するとよく生育しますが、半日陰や明るい日陰でもいいです。夏は直射日光で葉焼けしてしまいますし、乾燥でカリカリになりますので、半日陰の風通しの良いところで管理するか、遮光します。

動かすのが面倒なので春〜秋は半日陰で管理するといいです。

室内でもいいですがクーラーの風が直接当たらないようにします。
多少日光が少なくても枯れないので室内の日当たりで育てることもできるが、日光が少ないと徐々に葉っぱが減っていくので、様子を見て判断してください。

越冬

文章の修正10度以下で生育がゆっくりになる。10度以下になったら室内に取り込むのが無難。

霜に当てると弱り、枯れてしまいます。霜よけをすれば0度前後まで耐えます。基本的に冬は室内で管理するのが無難。戸外ならば必ず軒下など霜の当たらない寒風の通らない場所で管理すること。

冬に室内で管理する場合は暖房の風が当たらない場所で管理し、乾燥しきらないように葉水をやるようにする。

枯葉取り

文章の修正枯れた葉っぱや、枯れた根っこは取り除く。放置していると病気の元になる。

病害虫

文章の修正あまり病害虫は発生しないが、ハダニ・アブラムシ・カイガラムシナメクジダンゴムシが見られることがあります。

特徴・由来・伝承

文章の修正台湾原産のシノブ。単に「シノブ」として流通していることもある。着生植物で本来は木や岩に張り付いて生育する。よって本来は土に植える意味はない。流木に着生させてかっこいいインテリアに仕立てる人も多いです。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

シノブ科
ツディ
シノブ科タマシダ属

タグ

鉢植え 葉水 インテリア シダ 室内

タグ「毛」を持つ記事

ネコヤナギ
ヤナギ科
トラデスカンチア・シラモンタナ
ツユクサ科トラデスカンチア属

タグ「シダ」を持つ記事

アスプレニウム
チャセンシダ科チャセンシダ属
アジアンタム・スクツム・ロゼウム
ワラビ科アジアンタム属
アジアンタム・フリッツルーシー
ワラビ科ホウライシダ属
アジアンタム
ワラビ科ホウライシダ属
プテリス
ワラビ科

タグ「鉢植え」を持つ記事

ブルーアロー
ヒノキ科ビャクシン属
ビバーナム・ステリーレ
スイカズラ科ガマズミ属
スカイロケット
ヒノキ科ビャクシン属
ボタン
ボタン科ボタン属
アッツザクラ
コキンバイザサ科

タグ「室内」を持つ記事

フランスゴムの木
クワ科フィカス属
レインボーファン
イワヒバ科イワヒバ属
ディフェンバキア
サトイモ科
サラセニア
サラセニア科サラセニア属
オーガスタ
バショウ科ストレリチア属

タグ「葉水」を持つ記事

ステレオスペルマム
ノウゼンカズラ科ラデルマケラ属
ニンジンガジュマル
クワ科イチジク属
スポンサーリンク