ヤマブキの育て方

MENU
TOP>バラ科>ヤマブキ
スポンサードリンク

ヤマブキ(山吹)

ヤマブキ
科名バラ科
属名ヤマブキ属
学名Kerria japonica
別名山吹
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

八重と一重があり、八重には実がならない。花がこぼれるようにつき、育てるのも簡単。

冬に植え、春に花が咲き、夏を越して冬には落葉します。

水やりと肥料

庭植えした場合でも、土が乾いていたら水をしっかりとやってください。ヤマブキは乾燥に弱く、水が切れると葉っぱがチリチリになります。夏場や、西日が当たって乾燥する場合は、根本に腐葉土を敷いて乾燥を防ぐようにします。

冬は成長が遅くなりますので、水は控えます。

肥料はさほど必要ありません。やらなくてもOK。肥料をやる場合は、2月あたりに寒肥として骨粉入り油粕を根本にやるか、成長期に液肥をあげます。もしくは周りの土に腐葉土を混ぜ込みます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替え・植え付けは寒い時期に行います。落葉し、根の成長が遅くなっているからです。

用土は市販されている花と野菜の土で植えつけます。もしくは赤玉土7腐葉土3を混ぜたものを使います。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

元々、山の中の木漏れ日のさす場所で生育する植物で、強い直射日光と乾燥に合うと枯れてしまいます。庭植えするときは、一日に数時間だけ日が当たるか、木や何かが日除けになっている木漏れ日が差すような「半日陰」に植えるのが適しています。

冬の寒さには強く、防寒の必要はありません。

剪定について

ヤマブキは根本から生えてくる勢いの良い若い枝に花をつけます。古い枝には花が付かない(つきづらい)ので、冬の間にこの古い枝を切り落とします

。ヤマブキの古い枝は、春になっても芽吹かない枯れ枝になっていきます。剪定で落としておいたほうが便利です。

また密集していると、芽吹いたときにゴチャっとするので適当に間引きます。バリバリと芽が出ますので、気にせず剪定してください。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

春に咲く、バラ科の木。木なのですが、柔らかく、しだれて伸びます。生け花の花材としてもよく使われます。山吹色とは、このヤマブキの黄色のことです。

山吹が登場する逸話に、落語の「道灌」があります。

この中で、大田道灌が山で狩をしていると雨に降られ、山中の家で「蓑(みの)」を借りようと尋ねると、一本の山吹を差し出されました。
道灌は意味も分からず、腹が立ったのですが、後日、歌道に詳しいものが「七重八重 花は咲けども 山吹の 実のひとつだに なきぞ悲しき」という後拾遺和歌集の兼明親王歌に掛け、山(やま)間の茅葺(ぶき)の家であり貧しく、蓑(実の)ひとつ無い…ということを奥ゆかしく答えたのだと言うのです。
道灌は腹を立てたことを恥ずかしく思い、歌道を学び、立派な歌人となりました。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

ヤマブキの関連記事

バラ科の仲間


バラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用