星の王子の育て方

MENU
TOP>ベンケイソウ科>星の王子
スポンサードリンク

星の王子(クラッスラ)

星の王子
科名ベンケイソウ科
属名クラッスラ属
学名Crassula conjuncta
別名クラッスラ
みずやりたまにやる程度
場所日の当たる室内
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

まとめ
水やりは控える。過湿に弱い。
●夏の直射日光には弱い。その他の季節は日当たりでも半日陰でも
●冬の寒さには弱い。室内へ
挿し木で株分けは簡単

水やりと肥料

乾燥に非常に強く、過湿に弱い。水をやりすぎるくらいなら、忘れたほうがいい。葉っぱにシワが寄ってから水をやっても十分問題なく復活する。
土がカラカラに乾いてから
星の王子は過湿に弱いです。土が濡れているうちや、表面上は乾いていても鉢の中に水が残っているうちに、水やりをしていると腐って枯れてしまいます。水やりは土がカラカラに乾いてから。夏でも数日に一回。冬は一ヶ月に一回程度です。水をやるときは土中のゴミを洗い流す目的もあるので、鉢底から水が染み出すくらいにしっかりと水やりをします。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

一株で、何本も枝分かれするものではないので、群生させるためには挿し木して株を増やす必要があります。生育すると上へと伸びてきますので、これを切って、切り口を日陰で乾燥させて、土に挿します。水はやらなくていいです。メネデールをすると尚、発根しやすいです。

管理場所・日当たり

直射日光が苦手
多肉でサボテンぽいですが、強い直射日光に当たると葉焼けします。真夏は半日陰や遮光した光に当てます。春と秋は戸外の日当たりでもいいですが、室内の明るい場所や半日陰でもかまいません。
ただ、あまりに日当たりが悪いと徒長してひょろ長くなり不恰好です。徒長しないように日に当てます。
●日に当たると葉っぱのフチが赤くなります。乾燥期にはこうなるものなので、葉焼けとは違います。
●日に当たっていると良く成育して、株も増えます。
雨ざらし厳禁
とにかく過湿に弱いです。少々雨に当たる程度なら枯れはしませんが、日本は世界的にみても「雨の多い地域」です。すぐに腐って枯れてしまいます。
冬の寒さについて
耐寒温度は5度。霜が降りる地域でも弱い霜であれば軒下で越せないことも無い。霜の降りない暖地なら戸外で十分越冬可能。暖地以外は室内で管理するのが無難。

特徴・由来・伝承

ベンケイソウ科クラッスラの星の王子です。多肉植物。モコモコした葉っぱが幾何学に互い違いに生えます。葉っぱがモコモコしていた可愛いです。クラッスラの中では強い。育てやすい部類。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ベンケイソウ科の仲間


ベンケイソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用