クラッスラの育て方

MENU
TOP>ベンケイソウ科>クラッスラ
スポンサードリンク

クラッスラ

クラッスラ
科名ベンケイソウ科
属名クラッスラ属
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


まとめ
●水は控えめ。
●紅葉する10月までには肥料を切る。切らないと赤くならない。
●寒さに当てないと紅葉しないので、赤くなるまで戸外で管理。
●冬は室内で管理。
●真夏は直射日光を避ける。
●花が咲き終わったら根元から切る。


クラッスラとはクラッスラ属全般のこと
クラッスラとはベンケイソウ科のクラッスラ属に属する植物全般のことです。よって特定の品種を表す名前ではないのですが、「クラッスラ」でいろんな品種が流通していてややこしいです。ちなみにベンケイソウ科もラテン語学名で書くとCrassulaceaeで、クラッスラが語源となっているようにベンケイソウ科を代表するような属です。
多肉植物カネノナルキもクラッスラ属に属しています。育て方はカネノナルキと同じと考えて下さい。
スポンサードリンク

水やりと肥料


水のやりすぎに注意!
乾燥に強く、過湿には弱いです。水をやりすぎると腐って枯れてしまいます。土が濡れている間は絶対に水をやらないようにしてください。土がカラカラに乾いて白く変色してから水をやるくらいでも枯れませんが、そこまで無理に控える必要はありません。

冬は更に水を控える
冬は更に水を控えます。水を控えることで植物の水分が減り、体液が濃くなり寒さに強くなります。土が乾いてから数日経って水をやります。

肥料
生育する春から夏にかけて、必要に応じて肥料をやると…薄い液体肥料を一ヶ月に一回か2回ほど…やるとよく生育します。ただし。肥料が多いからよく育つ訳じゃないですし、そもそも肥料は大して必要ではないです。
●9月以降に肥料が残っていると紅葉しない。10月以降は肥料を切る。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


水はけのよい土を好みます。市販されている多肉植物・サボテンの土で植えましょう。挿し木すればいくらでも増えます。切った枝を日陰で切り口を乾燥させてから、赤玉土単用の土に挿しておくと根が出てきます。これを植え替えると株を増やせます。
●肥料があると10月以降に紅葉しないので、10月に植えるときは肥料の入っていないもので植え付ける。

管理場所・日当たり

春と秋は戸外の日当たりへ、夏は半日陰か明るい室内へ、冬は室内で管理します。カネノナルキなどは比較的寒さに強い方ですが、他のクラッスラは寒さには弱いです。夏の直射日光に当たると葉っぱが焼けてしまいますので真夏は半日陰などに移動させて下さい。
●耐寒温度は5度くらいとも。おそらくもうちょっと低い温度まで耐える。霜が降りる前に室内に取り込む。

雨に当てない!
クラッスラは過湿に弱いです。梅雨や秋の長雨、頻繁に雨に当たると根腐れして簡単に枯れてしまいます。鉢植えにして雨の時期は軒下や室内へと移動させてください。
スポンサードリンク

その他

紅葉させるには
クラッスラの魅力の一つは「紅葉」です。春から秋まで適度に日に当てて、秋以降は肥料を切り、夜の寒さに当てることで赤くなります。赤くなるまでは戸外でしっかりと寒さに当ててやります。

花の処理
花が咲いて、咲き終わったら、種子を作ろうとして株が栄養を花に送り、株が弱ってしまうので、花が終わったらすぐに茎の根元から切ってしまいます。

特徴・由来・伝承

ベンケイソウ科クラッスラ属の植物全般のことをさします。葉っぱに光沢があり、分厚い多肉植物構造となっています。花も咲きますが、主に葉っぱを鑑賞します。静岡以西では戸外の軒下であれば越冬も可能ですが、強い寒波が来ると全滅する可能性大。冬は室内が無難です。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

クラッスラの関連記事

ベンケイソウ科の仲間


ベンケイソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用