ハコネウツギの育て方

MENU
TOP>スイカズラ科>ハコネウツギ
スポンサードリンク

ハコネウツギ(箱根空木・ゲンペイウツギ・ベニウツギ)

ハコネウツギ
科名スイカズラ科
属名タニウツギ属
学名Weigela coraeensis
別名箱根空木・ゲンペイウツギ・ベニウツギ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

病害虫に強い。落葉樹で冬は裸に。大気汚染にも強い。花が時間経過とともに色が変わるので、一本しか生えていないのに、白ピンク赤と多色見られる。樹高が2m前後と一般家庭の庭にはお手軽。生育が良い。耐暑・耐寒性がある。
芽吹きが遅い
冬に落葉し、新芽が出るのが遅い。そして、生育してくると幹の内部が空洞になる(空木【ウツギ】という名前の由来でもある)ために、「枯れた!」と思って伐採することがあります。ご注意を。

水やりと肥料

庭植えが一般的。庭植えしたら、自然に降る雨で十分です。ただし真夏の日照りの時期は水をやってください。若干乾燥に弱いです。また根元に直接に日が当たる場合は、とくに乾燥に注意します。
肥料
寒肥として二月に堆肥と油粕か緩効性肥料をやります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植えつけは落葉時期に。水はけのよい土を好み、肥沃な土を好みます。植え付けのときは堆肥や腐葉土を入れておきます。その後は肥料は無くても生育します。

管理場所・日当たり

日当たりを好むのですが、夏の暑さに若干弱く、特に西日は避けます。半日陰が適しています。
●といっても、枯れるほどではないので、気にしないでもいいです。それでも西日は避けたほうがいいです。
●半日陰でも問題なく育ちます。

その他

剪定は花の後
樹勢が強く、放置していると邪魔になる。剪定は花の後に行う。秋以降に剪定すると、花芽を落とすことになって、翌年の花が減ってしまいます。
●生育が早いので、花を気にしないで冬に剪定をしてもOK。
●花が咲くのは去年延びた枝だけ。花後に剪定をするのは、この枝を落とさないようにするため。
●剪定は毎年しないとだめ
●小さくまとめても、それなりに枝が伸びて咲きますから、気にしない
●枝はしっかりとさばく。内部まで日が挿す様にしっかりとさばく。風通しが良いほうが病害虫が付かない。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承


北海道南部から九州の海岸近くに生える落葉低木。箱根という名前がつくが、箱根に特別自生しているわけではない。なぜ箱根なのかは不明。箱根には見た目がよく似たニシキウツギ(二色空木)が多い。ニシキウツギとハコネウツギは見分けが付かない。開花後に花が白からピンク、赤へと変化する。秋には種子が出来る。種子には翼がある。

●一本の木に白と赤の花が咲くので、ゲンペイウツギという別名もある。源氏と平家は赤と白の旗を掲げて戦った。
●斑入りハコネウツギというのがある。葉っぱの外側に斑が入っていて、葉っぱにも非常に観賞価値がある。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

スイカズラ科の仲間


スイカズラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用