グロキシニアの育て方

MENU
TOP>イワタバコ科>グロキシニア

グロキシニア(オオイワギリソウ・大岩桐草)

グロキシニア
科名イワタバコ科
属名シンニギア属
学名Sinningia speciosa
別名オオイワギリソウ・大岩桐草
みずやり水控え目
場所外の日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

グロキシニアは基本的に室内で管理する植物です。

冬は5度以下にならなければ大丈夫です。当然霜に当たると枯れますので、戸外よりも日当たりのいい室内で管理してください。
寒さにはある程度の耐性がありますが、日本の暑さと湿気に弱く、真夏をいかに涼しく過ごすかがカギとなります。涼しい日陰で管理するのですが、あまり日陰過ぎると、茎がヒョロヒョロになります。

水やりと肥料

葉っぱや花に水や泥がかかると傷んで腐ってしまうので、水やりには注意しないといけない。土に掛けるようにして、葉にかからないようにする。ジョウロの口を鉢の縁に置いてそっと水をやると失敗しない。

特徴・由来・伝承

以前はシクラメンと対比されて、夏の女王なんて呼ばれていたこともありますが、現在は市場にも出回らなくなり、花屋さんでも見かけなくなっています。

色合いが鮮やかという感じのものではないし、管理も結構が手間が掛かりますので、人気が衰えてしまったみたいですね。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

イワタバコ科の仲間


イワタバコ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用