アカンサスの育て方

MENU
TOP>キツネノマゴ科>アカンサス
スポンサードリンク

アカンサス(ハアザミ・葉薊)

アカンサス
科名キツネノマゴ科
属名アカンサス属
学名Acanthus
別名ハアザミ・葉薊
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


育て方まとめ
●頑健な植物で、駆除するのも面倒。
●庭植えにするのが普通で、庭植えにした場合、他の植物を駆逐する可能性がある。
●結論、植えないほうがいいです。
●ほとんど流通してない
●どう考えても大きすぎるので、広い庭じゃない限りは植えないほうがいい。
●育てるのは簡単。

やや日蔭のところでも育ちますが、花つきが悪くなるので、日が当たる場所に植えてください。

冬、寒冷地では地上部が枯れますが、根は枯れずに春にはまた葉を出します。寒冷地以外では夏は暑さで休眠状態になりますが、秋にはまた歯が出て復活します。とにかく頑健な植物。

最初は小さいですが、相当大きくなります。高さが1メートルほどの株に二メートルの茎が伸びて花が咲きます。
また葉っぱが大根に似ているので咲いてない時は、つい、引っこ抜きそうになります。

水やりと肥料

庭に植えるのが普通です。庭に植えれば水やりはほぼ不要です。よほど日照りが続いて乾燥しなければ水はやらないでいいです。かなり太い根を地中におろしていて非常に乾燥に強いです。逆に多湿だと根が傷みます。
冬は特に生育が鈍くなって、水が残りやすいので根腐りします。気をつけましょう。
●冬につい水をやりすぎて、春になったら根が腐ってた~という話もあります。

肥料
肥料は植える際に土に混ぜておきます。市販の土(花と野菜の培養土)には肥料が混ざっていますので、これ以上、肥料は必要ありません。庭植えの場合は、肥料を追加する必要ありません。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土をほぼ選びません。一般的な培養土か山野草の土でも。植え付ける時期は春か秋なんですが、適期なだけで夏や冬でも育たないわけじゃないです。
ゴボウのように太い根を伸ばし、他の植物の根を圧迫してしまいます。非常に強い植物で、根が切れるとその根からまたアカンサスが芽を出すので、駆除するのが大変です。
●根が切れるとそれが苗になるので、根を10センチに切って土に埋めているだけでアカンサスが生えてきます。
●根を広げる場所が必要で、鉢植えにしたり狭い場所に植えると花が咲きません。

管理場所・日当たり

暑さにも寒さにも強いです。
寒冷地では冬に地上部が枯れることもありますが、根は生きていて春には芽を出します。また夏に暑さで休眠することがありますが、秋にはまた芽が出ます。

特徴・由来・伝承

ギリシアの国花。ギリシアの建築物にはアカンサスがモチーフとされるものが多い。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

キツネノマゴ科の仲間


キツネノマゴ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用