クロサンドラの育て方

TOP >キツネノマゴ科>>管理

クロサンドラ(ヘリトリオシベ・ジョウゴバナ・クロッサンドラ)

クロサンドラ
科名キツネノマゴ科
属名ヘリトリオシベ属
学名Crossandra infundibuliformis
別名ヘリトリオシベ・ジョウゴバナ・クロッサンドラ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. クロサンドラの育て方
  2. クロサンドラの水やり
  3. クロサンドラの肥料
  4. クロサンドラの植え付け・植えかえ
  5. クロサンドラの種まき
  6. クロサンドラの挿し木
  7. クロサンドラの管理場所・日当たり
  8. クロサンドラの花ガラ摘み
  9. クロサンドラの病害虫
  10. クロサンドラの花が咲かない理由
  11. 特徴・由来・伝承
  12. SNSボタン・関連記事

クロサンドラの育て方

クロサンドラの育て方
文章の修正ワックスが掛かったような葉の夏から秋までのガーデニング材
クロサンドラは常緑小低木。春から秋の定番。夏の暑さに強く、直射日光にも強い方ですが、それでも真夏の直射日光には葉焼けしてしまいます。夏の暑さで夏は花が休む(地域にもよるが)。出来れば夏は半日陰に移動させると良いです。移動させなくても葉焼けはしますが枯れるほどではありません。でも元気が無くなります。
寒さに弱く一年草扱い
自生地では多年草で、8度あれば越冬も可能ですが、8度というのは室内でも真冬になれば十分下回る温度です。普通はしません。苗が高くないので、一年草として扱うことがほとんどです。
草丈30cmから70cm
まとめ
●寒さに弱い一年草扱いの植物。
●花の時期が長く、花が特徴的で、夏の定番のガーデニング材。
水やりは乾燥気味に。根腐れしやすい。
●夏の直射日光には葉焼けして色が抜ける。夏は半日陰に移動させる。
●春から秋の開花している時期は肥料をやる。夏に暑さで花が休んでいるのであれば肥料はやらない。
挿し木で株を増やすことも可能。
スポンサーリンク

クロサンドラの水やり

庭植えの水やり

文章の修正庭植えの水やり
自然に降る雨だけでほぼ大丈夫。乾燥する時期は葉っぱの様子を見て水やりをしてください。

鉢植えの水やり

文章の修正鉢植えの水やり
土が乾いていたら水をしっかりとやります。乾燥気味に管理するのがコツ。鉢植えにした場合、鉢底から水が染み出すくらいにしっかりとやってください。受け皿をしていて、水が受け皿に溜まっていたら、水を捨てて下さい。梅雨の時期は水を控えてください。水をやりすぎると根が腐って枯れてしまいます。
●夏は朝と夕方の二回、水やりをします。昼間に水をやると水が沸騰して根を傷めるので避けます。夏にどうにも水切れする場合は半日陰へ。
●意外と根腐れしやすいので春と秋は注意。
●冬越しして「木」になってきたら、乾燥に強くなります。乾燥気味に管理するようにしてください。

鉢植えの冬の水やり

文章の修正鉢植えの冬の水やり
冬は寒さで活動が停止します。水やりは控えてください。水やりを控えることで多少は耐寒性がつよくなります。もしも室温が15度以上を保つことができて、開花するようであれば、春や秋のように土が乾いたら水をやるようにします。また、開花するのであれば薄い液体肥料をやってください(肥料がないと開花が止まる)。

クロサンドラの肥料

文章の修正肥料
花がよく咲くので追肥が必要。花が咲いている間は液肥を月に三回あげます。もしくは月に一回、緩効性化成肥料をやります。肥料が切れると花つきが悪くなりますので開花している時期は必ずやってください。
●冬に15度以上の環境で管理して開花するようであれば、液体肥料をやるようにしてください。

クロサンドラの植え付け・植えかえ

植え付け時期

文章の修正植え付け時期
4月あたりから流通するけども関東では4月下旬では霜が降り、霜に当たるとクロサンドラは一発で枯れる。なので5月中旬以降が無難。
●霜が当たらない軒下で管理していても枯れる(絶対じゃないけどヤバイ)。霜が降りるほどの寒波が来たら室内に取り込んだほうが良いです。庭植えにしちゃった場合は天に祈っていてください。

用土

文章の修正用土
市販されている花と野菜の土で植え付けます。もしくは赤玉土7腐葉土3を混ぜたものを利用します。必ず新しい土で植えてください。

鉢植えの手順

文章の修正鉢植えの手順
鉢底の穴に網を敷いて、その植に軽石を3センチほど敷き、その植に用土を入れて、苗を入れて、隙間に土を入れていく。最後に水をやって完成。鉢は5号鉢か6号鉢に1苗。もしくは苗より一回り大きな鉢。あまり大きな鉢に植えると土の残った水で根腐れを起こすので注意。
●冬越しさせて春に植え替える場合は、元の株の土を三分の一ほど落として、地上部の枝を整理してから植える。
●開花している株は根をいじらないほうが良い。土を崩さないで植えるほうがダメージが少なくて良い。
●鉢は素焼きの鉢が根の健康にはいい。

庭植えの手順

文章の修正庭植えの手順
水はけの良い土を好む。庭土を15cmから20cmほど掘り返して、その土に腐葉土を3割ほどまぜて、戻して苗を植える。最後に水をやって完成。
●庭植えでは越冬は暖地でも厳しい。掘り上げて鉢植えにして室内で管理する…が、面倒だし苗は安いので春に新しく買ったほうが良いよ。

クロサンドラの種まき

文章の修正種まき
花がしぼんでもそのままにしていると種が出来ます。種は紙袋などに入れて常温保存しておきます。春に種を蒔くと発芽して増えます。
●クロサンドラの種子も寒さに弱い。戸外で冬を越して発芽することはないです。常温保存しましょう。
●クロサンドラは種子を作ると株が弱り、次の花が咲きづらくなる(枯れるわけじゃないけど)。なので一般的には花ガラを摘んで種子は作らないようにするもの。

クロサンドラの挿し木

文章の修正挿し木も出来るけど
春から秋にかけて、2節と葉っぱがあるように切って、切り口から出てくる白い乳液を取り除いてから、赤玉土単用の苗床に挿して乾燥しないように日陰で管理していると発根します。発根まで一週間から二週間。発根して葉っぱが出るくらいになったら、鉢植えに植え替えて、日当たりで管理します。

クロサンドラは根腐れしやすいので、その保険で挿し木するか、春に苗を買ってある程度枝が増えたら、挿し木で株を増やして庭中をクロサンドラにする!ってことも可能。しかし、クロサンドラの苗は高いものではないので、保険に挿し木をするよりも毎年買ったほうが安上がり。なので、単に株を増やしてみたい!ってくらいしか動機がないかなーと思う。

クロサンドラの管理場所・日当たり

クロサンドラの管理場所・日当たり
文章の修正真夏は半日陰へ
クロサンドラは夏の暑さには強いですが、直射日光に若干弱く、真夏の日当たりに置いておくと葉っぱが黒く変色してきます。真夏の直射日光に当たると株が弱くなりますので、この時期だけは日よけをするか、半日陰へと移動させます。暑さには強いので、温度は問題なく、涼しくある必要はありません。

日当たりがよくないと葉っぱのツヤも悪くなり、花つきが悪くなり、花の色も鈍くなってしまいます。真夏以外は出来るだけ日当たりがいいところで管理して下さい。
●できれば年間を通して風通しが良いと生育が良くなるし、病害虫も少なくて済む。
●葉焼けすると黒くなり、最後は白く抜ける。葉緑素がなくなっているために株が徐々に弱くなる。

冬の管理場所

文章の修正冬の管理
8度以下になると枯れるか、とても弱る。できれば10度以上を保ちたいが、10度以上は温室があるか、高気密校断熱の床暖房の家でもない限り、無理。苗が高いものではないので、毎年買い換えるのが楽だし、一般的。
●庭植えでは越冬は暖地でも厳しい。掘り上げて鉢植えにして室内で管理する…が、面倒だし苗は安いので春に新しく買ったほうが良いよ。
●15度以上を保てれば開花する。高気密校断熱の床暖房の家だとこれが可能。その場合は日当たりで管理し、液体肥料をやる。
●冬越しさせる場合で、10度以下になり、落葉する環境ならば、地上部を半分に切り戻しをする。地上部を減らし根の負担を減らすことで、冬越しの確率があがる。

クロサンドラの花ガラ摘み

文章の修正花がしぼんできたら茎ごと切り取ってしまいます。しぼんだ花をそのままにしておくと、種を作ろうとして、栄養をそこへとまわして、株が弱くなり、次の花が咲きづらくなります。

クロサンドラの病害虫

文章の修正カイガラムシ
カイガラムシが発生します。カイガラムシは葉っぱや茎についている動かない虫。成虫は薬剤が効かないので、薬剤を散布するときは何度か散布する。少々の被害ならば、ティッシュなどで取り除いてポイ。

クロサンドラの花が咲かない理由

文章の修正
花が咲かない・少ない理由まとめ
●日光不足。できるだけ日当たりで管理する。室内では咲かないか、非常に花が少ない。花が日光不足でゼロになってから、日光にしっかりとあてて開花するまでは一ヶ月くらいかかる。
●肥料不足。肥料が切れると花が止まる。
根詰まり。生育が旺盛で根が完全につまると、開花が鈍くなる。
●夏の暑さ。暑さには強いのですが、あまりの暑さで花が休むことも。
●疲労…花ガラを摘まずに放置していると種子ができて疲労します。そこに夏の暑さが加わったりすると花が止まりやすい。

特徴・由来・伝承

文章の修正クロサンドラとかクロッサンドラと呼ばれる熱帯性の植物です。サマーキャンドルとも呼ばれます。原産地。自生地はアフリカ・インド・マダガスカル・スリランカ。熱帯性っぽい鮮やかなオレンジの花を咲かせ、葉っぱにワックスがかかっているみたいにツヤツヤしています。暑苦しい、と感じる人も居ます。日本には1912年に渡来。

自生地では多年草です。気温が10度以上あれば、年中咲かせることも可能です。品種にはトロピックフレーム・トロピックイエロースプラッシュ・イエローバタフライ・プンゲンス・シャムロック・かがり火・スーパーキャンドルなどがある。クロサンドラ・リフレブルーというものもあるが、この翡翠色のクロサンドラは実際はクロサンドラではなく全く別種の「エクポリウム・ビリデ」という植物。クロサンドラが有名だから乗っかっただけらしい。こういう「流通上の名前」というのはよくある。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

アカンサス
キツネノマゴ科アカンサス属
パキスタキス
キツネノマゴ科
ベロペロネ
キツネノマゴ科キツネノマゴ属
ツンベルギア
キツネノマゴ科ヤハズカズラ属
ルエリア
キツネノマゴ科ルエリア属

1月に開花する植物

ムーランフリルルージュ
スミレ科ビオラ属
カネノナルキ
ベンケイソウ科クラッスラ属
ホンコンシュスラン
ラン科ルディシア属
よく咲くスミレ
スミレ科スミレ属
冬咲きカトレア
ラン科カトレヤ属

1月に植え付け・植え替えする植物

トルコギキョウ
リンドウ科ユーストマ属
山椒
ミカン科サンショウ属
ナツツバキ
ツバキ科ナツツバキ属
ソヨゴ
モチノキ科
モミジ
ムクロジ科

人気記事

ポインセチアの葉が落ちて枯れたらどうすればいいか
ポインセチアの管理
ポリゴナム
タデ科
プラチーナ
キク科
ドラセナコンシンネが枯れる…葉が落ちたり垂れたり葉先が枯れる理由
雑記
サンセベリアの冬の水やり(管理のコツ)
トラブル
スポンサーリンク