パープルファウンテングラスの育て方

MENU
TOP>イネ科>パープルファウンテングラス
スポンサードリンク

パープルファウンテングラス(ベニセツムセタケウムルブラム)

パープルファウンテングラス
科名イネ科
属名ペニセタム属
学名Pennisetum setaceum Rubrum
別名ベニセツムセタケウムルブラム
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


冬越しは難しい
春~秋にかけてはこれといって問題なく元気に育ってくれるのですが、冬越しをしようと思うと、結構骨が折れます。
冬越しについて
大きく育つと冬越しが難しいので、小分けにしておき、乾いた場所に放置しておきます。冬の間は乾燥させて、凍結しないように、水を控えます。こうするとマイナス5度まで耐えられます。
水を土にたっぷりと含んだ状態で、寒い夜を迎えるとアウト。そんな夜は室内に取り込んでしまいましょう。
一年草と考える
冬の管理が大変なので一年草と割り切るのが楽です。ただパープルファウンテングラスは苗としては高いんですよね。考えちゃいますね。

水やりと肥料


夏の間は土が乾いたら水をしっかりとやってください。
冬は水を控え、凍結しないようにしてください。

管理場所・日当たり

春~夏は日の当たる場所で管理してください。

特徴・由来・伝承


パープルファウンテングラスは赤紫のススキのような葉っぱとネコじゃらしのような穂が魅力の、渋い植物です。これに心惹かれるようになったらガーデニングの中級者以上。
耐暑性があり、手間が掛からないですが、見た目に反して南アフリカ出身のために、寒さに弱く、冬には注意が必要です。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

イネ科の仲間


イネ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用