ヤマホロシの育て方

MENU
TOP>ナス科>ヤマホロシ
スポンサードリンク

ヤマホロシ(ツルハナナス・ソケイモドキ・ソラナム・やまほろし)

ヤマホロシ
科名ナス科
属名ナス属
学名Solanum jasminoides
別名ツルハナナス・ソケイモドキ・ソラナム・やまほろし
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


つる性の低木、花が薄紫から白へと変化します。耐寒性があって、暖地では露地植えで越冬可能。マイナス五度でも大丈夫なので関東でも越冬可能です。これといった病害虫も着かないので初心者向きです。
暑さにも強く、乾燥にも強いです。ただし頑健すぎて庭に植えた場合、他の植物を駆逐することも。
見た目がルリバンマツリに似ていますが全然違う種類です。
まとめ
●育てやすい。
●育てやすいどころか、繁殖力が強すぎて困るかも。

水やりと肥料


土が乾いたら水を
土が乾いたら水をやってください。乾燥には強いものの、水が切れないように気をつけてください。冬は水を控えて管理しましょう。
肥料をやるかどうかは考えて
非常に生育力があって、つるをニョキニョキと伸ばします。肥料をあげるとどんどんと伸びるのですが、それがいいことかどうかは、庭の事情によります。ちょっと伸びすぎたら、切ってしまうか肥料を控えるかして調節するようにしましょう。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている土で植え付けをします。鉢に植えても庭に植えても、東北・北海道で無い限り戸外管理可能で、少々厳しい環境でも育ちます。
他の植物の根を圧迫する
ヤマホロシは根の張りが強く、計画的に植え付けを行わないと他の植物の根を圧迫して駆逐するほどです。

管理場所・日当たり

日当たりでも育ちますが、半日陰でも変わらず育つので、半日陰で管理されることが多いです。
寒さも強く、寒風に当たって乾燥して枯れることはありますが、基本的に常緑で越冬します。

その他

ヤマホロシは非常に頑健で、ツル性、ヨコへとよく伸びるグランドカバー向きの植物です。肥料・日光・水の条件が揃うと、広がりすぎて他の植物を駆逐することもあります。極端に広がるようであれば、引っこ抜くようにしましょう。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

学名に「ソラナム」とあるようにナス科の仲間。ナスに良く似た星型の花をつけます。つる性の低木。頑健で、日向を好むのですが、半日陰でも充分に育ちます。他の植物に絡みついたり、圧迫してしまうので、そういう管理が大変なことになるかもしれません。

サイトや図鑑によってはヤマホロシをソラナムと言ったりツルハナナスと言っていますが、園芸店ではヤマホロシということが多いようです。名前の響きがいいからです。ところが、どうもナス科で日本に自生するヤマホロシという別の名前の植物があって、見た感じも似ているために混乱気味。このページのヤマホロシは薄紫と白の花がまとまって咲くものです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

ナス科の仲間


ナス科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用