ソラリナの育て方

MENU
TOP>ゴマノハグサ科>ソラリナ
スポンサードリンク

ソラリナ(夏スミレ)

nophoto
科名ゴマノハグサ科
別名夏スミレ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


摘芯しましょう
トレニアの改良品種。植えつけてしばらくしてから、新芽の先を摘んで摘芯してやると、脇芽が増えて株が大きくなり花が増えます。

花ガラを摘む
しぼんだ花をこまめに摘んでやると、次の花が咲きやすくなります。

切り戻し
茎が伸びて、茂ってきたら、半分か三分の一ほどに切り戻してしまった方が、結果株が大きくなり、花が増えます。育てていると花が咲くのにサイクルがあるのがわかりますので、タイミングを見計らってきり戻しましょう。
●一ヶ月ほどで切る前か切る前以上に茂ります。切り戻しは長く沢山楽しむためには、必須です。

水やりと肥料

土が乾いて居たら水をしっかりとやります。ソラリナは乾燥しているよりも、湿っている状態を好みますので、土が乾燥していたら水を、鉢底から出るくらいにしっかりとやってください。

肥料は必ず
花が咲く期間は一ヶ月に二回か三回ほど液肥をやってください。もしくは一ヶ月に一回固形肥料をやります。ソラリナは花が咲く期間が長く、なおかつ大量に咲きますので、肥料が切れると花も切れます。必ず追加してください。
●リンが多い肥料をやるといいです。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


市販されている土で植えつけます。自作する場合は赤玉土腐葉土4を混ぜたものを使います。

管理場所・日当たり

日当たりのいい場所で管理します。半日陰でも育たないことはありませんが、日当たりが悪いと花付が悪くなります。

夏に注意
ソラリナ(トレニア)は乾燥に弱く、どちらかというと湿っぽい場所を好みます。夏場の乾燥は厳しく、日当たりが良すぎると、いくら水をやっても乾燥して葉っぱがカリカリになって枯れてしまいます。
あまりに水遣りが追いつかない場合は、半日陰に移動するか、二重鉢にするなど、対策を採ります。

特徴・由来・伝承

トレニアの改良品種。育て方はトレニアも参考にしてください。花が密生して咲き、株はコンパクト。花つきが良いです。ビオラに似ているので夏スミレという別名もあります。春から夏にかけて咲き乱れ、秋に寒さに当たると枯れます。室内に取り込めば越冬するかもしれませんが、通常そこまではしません。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ゴマノハグサ科の仲間


ゴマノハグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用