トレニアの育て方

MENU
TOP>ゴマノハグサ科>トレニア
スポンサードリンク

トレニア(ハナウリグサ・ナツスミレ・ムラサキミゾホウズキ)

トレニア
科名ゴマノハグサ科
属名ツルウリクサ属
学名Torenia
別名ハナウリグサ・ナツスミレ・ムラサキミゾホウズキ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


初夏に植えて秋口まで咲いてくれるガーデニング植物です。初心者向けです。

耐陰性がありますので、多少日陰でも生育しますが、花つきが悪くなりますので、日当りのいい場所で管理することをおすすめします。トレニアは水を好み、乾燥に弱い植物なので、真夏は朝と夕方の二回しっかりと水をやっても、もしかすると水切れを起こすことがあります。プランターなどに植えている場合は、水切れがおきやすいです。できれば半日陰に移動させてください。
●トレニアは花ガラ(=しぼんだ花のこと)が汚い。花ガラ摘みをすると次の花が咲きやすいし、なにより見た目がよくなって、作業のモチベーションがあがる。
●花ガラが汚いのが嫌ならバコパの大輪種を。

水やりと肥料

水切れが起き易いので注意
トレニアは水切れが一番の問題になります。
土が少々湿っているくらいの状態を好み、水が切れるとシオシオになってしまいます。水切れに弱いのですが暑さには強いので、直射日光で葉っぱが傷むということはありません。

西日が鉢の横に当たると特に乾燥する
プランターなどに植えて、真夏に直射日光に当てると水切れがおきやすくなります。水をコマメに朝・夕やるか、半日陰に移動させます。特に西日がプランターの側面から当たると乾燥しやすくなります。

春に苗を植えたり、種を撒きます。鉢植えの場合は、土が乾いていたら水をやってください。庭植えした場合は、植えつけた後一週間はしっかりと水をやりますが、あとは降雨だけでも十分育ちます。それでも葉っぱの状態などを見て乾燥しすぎないように、水をやってください。

夏になり、蒸発量が激しくなると水切れがおきやすくなります。鉢植えなら毎日二回、朝と夕方にしっかりと水をやります。トレニアは水が切れると花が咲かなくなり発育不良を起こします。水がどうしても切れるようであれば、半日陰に移動させて下さい。
庭植えの場合も土の状態を見て水をやってください。

秋も花が咲きます。春と同様に毎日水をやってください。やがて寒さで枯れてしまいます。

開花時期は肥料
植え付けした土に肥料を混ぜて植えます。それでも花がよく咲くので肥料が不足します。そこで花が咲いている間は液肥を二週間に一回あげてください。ただし真夏は肥料を控えます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけのよい土を好みます。赤玉土腐葉土3を混ぜたものか、市販の花と野菜の土を植え付けします。市販の土には肥料は入っているので、コレを使うのが便利です。

庭植えする場合は、水はけが悪いようであれば腐葉土を足し、苦土石灰を混ぜて中和し、堆肥を混ぜ込みます。

管理場所・日当たり

日当たりを好みます。
少々日陰でも育ちますが、花つきが全く違いますので、出来るだけ日当たりで管理します。

特徴・由来・伝承

トレニアの一種にツルウリクサというのがあります。これは沖縄と宮古島に分布する絶滅危惧種です。

トレニアの名前はスウェーデンの牧師に由来しています。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

トレニアの関連記事

ゴマノハグサ科の仲間


ゴマノハグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用