トレニア・サマーウェーブの育て方

TOP > ゴマノハグサ科 > トレニア
トレニア・サマーウェーブトレニア・サマーウェーブの基礎データ
x最終更新画像投稿
トレニア・サマーウェーブ
科名
ゴマノハグサ科
属名
ツルウリクサ属
学名
Torenia
水やり
水を好む
場所
外の日なた
難易度
初心者向け
トレニア・サマーウェーブの開花時期…植え付け・植え替え時期…肥料時期…剪定時期…月別スケジュールです。
スポンサーリンク

育て方:トレニア・サマーウェーブってこんな植物です

サマーウェーブはサントリーが病害虫と暑さに強く品種改良したゴマノハグサ科多年草トレニア園芸品種。本来は多年草ですが、冬には寒さで枯れてしまう一年草扱いと考えてください。非常に長い間咲きますし、勢いがあり、初心者向けです。摘芯をすることで株が大きく育ちます。

サマーウェーブは摘芯をしなくても、大きく広がるとされていますが、そうはいっても摘芯をした方が大きくなります。花が一段落したら摘芯、脇芽が出てきて花が咲いてまた一段落したら摘芯というのを何度も繰り返します。
スポンサーリンク

水やり

春と秋の水やり

トレニア・サマーウェーブは少し土がジメジメしているくらいの状態を好みます。水が切れるとカリカリになって枯れてしまいますので、水が切れないように気を付けてください。

基本は土が乾いたら水をやります。春と秋は晴れたら毎日、極端な乾燥にならないように早めに水をやります。

夏は毎日二回の水やりを

夏は一日朝と夕方の二回、しっかりと水をやります。昼間に水をやると水が沸騰して根を傷めるので避けましょう。

あまりに日当たりがよくて水切れするなら

プランターや鉢で育てていると、真夏ならばあまりに暑くて水がよく切れます。日当たりが良い方が花つきがよくなりますので、日当たりが好ましいですが半日陰でも生育します。

開花時期は液肥をやってください

トレニア・サマーウェーブは花がよく咲きます。肥料が切れると花が止まってしまいますので、開花する時期は一週間に一回は液肥をやってください。もしくは月に一回、化成肥料をやります。夏は暑さで開花が鈍くなる(もしくは止まる)ので、肥料は控えめにする。
サマーウェーブは暑さに強いのですが、さすがに夏の暑さには弱ります。開花が止まっている時に肥料が根に当たると株が弱るので、夏前…30度を超えたあたりから肥料を控え、35度以上になったら肥料成分が土中に残らないように調節するといいです。

固形肥料は土中に肥料成分が残りやすいので、水やりで流れ出やすい液体肥料を使った方がいいです。

植え付け・植えかえ

時期

植え付けは霜が降りなくなって、暖かくなってから5月以降が適しています。一年草なので鉢を植え替えることはないです。

用土

花と野菜の土で植え付けをしてください。庭植えする場合は植え付けをする一週間前に庭の土に苦土石灰を混ぜておきます。また腐葉土堆肥を混ぜ、水はけが悪いならば川砂か赤玉土を混ぜて水はけをよくしてから、植え付けをします。

鉢植えの手順は?

プランターなら横に2つか3つの苗、鉢であれば7号〜10号に1苗を植えます。プランターは水切れしやすいので、鉢植えに1苗を植える方が健康的に栽培できます。

鉢植えの場合は、鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。

庭植え(地植え)の手順は?

庭植えの場合は、植え付ける二週間前に苦土石灰をまいて中和させておく。20cmの深さの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。

株同士は25cmほど空けて植え付けます。

病気・害虫

稀ですが、灰色かび病、アブラムシハダニスリップスなどが発生することがあります。

花ガラ摘み

花がしぼむと、種子を作ろうとして株が弱り、次の花が咲きづらくなりますし、花ガラが腐って病気になることもあります。なので、花がしぼんだら、花ガラを摘んでください。こまめに摘むことで長期間、綺麗にたくさん開花してくれます。

切り戻し・摘芯

植物の成長点…ツル先を切ることで、その下の葉っぱの根本から新芽が出てきます。これを摘芯といいます。春〜秋の生育時期に適宜、株全体を高さ半分くらいに刈り込むことで、摘芯になって、一ヶ月〜一ヶ月半ほどで、切り戻す前より大きく育ち、たくさん花が咲きます。

切り戻すときに、花も落とすことになりますが、花がひと段落したら切り戻せば、盛り返して前よりたくさん開花するので、もったいなくても切り戻しましょう。あと、切り戻した後に肥料をしっかりとやってください。

特徴・由来・伝承

サントリーが開発したゴマノハグサ科トレニアの園芸品種。通常のトレニアよりも暑さに強く、生育が旺盛。摘芯を繰り返すことで、こぼれるように増えます。初心者向きの簡単な園芸品種です。一年草で、半日陰でも育ちます。

同時期に植える植物は春から夏の定番を参考にしてください。
スポンサーリンク
記事が気に入ったら拡散をお願いします。
はてブ LINE

トレニア・サマーウェーブのカテゴリ・タグ

鉢植え園芸品種一年草扱いサントリー

ゴマノハグサ科

関連する花BBSの投稿

スポンサーリンク