タンポポの育て方

MENU
TOP>キク科>タンポポ
スポンサードリンク

タンポポ(ダンデライオン・蒲公英)

タンポポ
科名キク科
属名タンポポ属
学名Taraxacum
別名ダンデライオン・蒲公英
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


セイヨウタンポポと在来種のタンポポでは、若干性質が違いますが、ここでは一緒に扱います。今後分けて記載したいと思います。
開花時期を春から秋と長く表記していますが、これはセイヨウタンポポの開花時期で、日本在来種は三月から五月くらいの限られた時期の開花です。

モモイロタンポポ(別名クレピス)がありますが、これとは全くの別種です。

水やりと肥料


タンポポを鉢植えにした場合は、土が乾いて居たら水をしっかりとやってください。庭植えにした場合は、降雨だけで十分です。日照りが続いて乾燥するようであれば、水をやってください。水が切れてくるとシンナリなりますが、シンナリなってから水をやっても復活します。
肥料が多いと葉っぱが巨大化してかわいくない
生育時期である春から夏にかけて適宜、薄い肥料をあげます。肥料はなくても育ちますし、肥料が多いとタンポポの葉っぱが巨大化してかわいくありません。

植え付け・植えかえ・種蒔き


直根性で、太い根が一本伸びるタイプです。このタイプは太い根を傷つけると枯れてしまいますので、移植・植え替えは難しいと考えて下さい。近所の公園から引き抜いて庭に植えてもうまくいきません。

育てる場合は、綿毛を採集して、プランターや庭に撒き、育てます。
土にくぼみをつくり、そこに種を入れて土をかぶせます。小学校のときにアサガオの種を植えたのと同じ感じです。15度~20度の温度と水分があれば発芽します。貴重なものではないので、濡れティッシュの上で発芽させたりしません。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり


タンポポは基本的には日当たりを好みます。真夏は直射日光と暑さに弱く、日当たりで管理しているとグッタリしてきますので半日陰で管理します。日当たりを気にして移動させるのは面倒なので、最初から半日陰の場所で管理するのが賢明です。

葉っぱは苦味がありますが、サラダにして食べることが出来ます。といっても、日光をしっかりと浴びて健康な葉っぱは硬いです。そこで、半日陰で育てるか、ダンボールなどを被せて日光の量を少なくして、やわらかく育てて食べます。

特徴・由来・伝承


一般にあの黄色い花を咲かせて、白い綿毛を飛ばすタンポポはセイヨウタンポポで、日本に古来から自生しているタンポポとは別種です。

両者の決定的な違いは、在来種が虫を媒介した受粉を必要とするのに対して、セイヨウタンポポは受粉の必要が無く種を付けます。

つまり、遺伝子がまったく同じ「クローン体の種子」を綿毛で飛ばします(受粉せずに種子をつけることをアポミクシスと呼びます)。受粉の必要が無いということは、虫の少ない都市部でも繁殖できるというメリットが大きい(というか、都市環境がセイヨウタンポポにあっている)ために、都市でよく見られます。

開花時期が長いために、在来種を駆逐したイメージがありますが、実際は在来種とセイヨウタンポポは生育場所・環境・寒暖の耐性などが違うために、駆逐しあう関係に無い。

在来種は有性生殖なので花粉を作ります。セイヨウタンポポはクローン体を作りますので在来種の花粉を受粉しないと考えられていましたが、両種の交雑が増えています。日本に生えている9割は交雑種といわれています。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

タンポポの関連記事

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用