ミリオンスターの育て方

MENU
TOP>ベンケイソウ科>ミリオンスター
スポンサードリンク

ミリオンスター(カランコエ)

ミリオンスター
科名ベンケイソウ科
学名Kalanchoe
別名カランコエ
みずやり水控え目
場所冬は室内 夏は外
難易度上級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


カランコエ・ミリオンスターは短日植物といって、日が短くなると花を咲かせる植物です。よって、ダンボールで光をさえぎってやるなどすれば、年中咲かせることも出来ます。室内で育てていると蛍光灯や電灯でも「昼」だと思って花芽をつけませんので、秋は出来るだけ戸外の室内の光が漏れて当たらない場所で管理しましょう。

実際生産者はそうやって(ダンボールじゃないですが)花を咲かせて、年中ミリオンスターを出荷しています。

水やりと肥料

土が乾いて居たら水をしっかりとやってください。ミリオンスターは多肉植物で、葉っぱが肉厚になっていて水を溜め込むことが出来ます。これはつまり、水をやりすぎると腐って枯れてしまうということでもあります。日当たりや風通しのなどの環境にもよりますので、一週間に一回とか明言できませんが、相当頻度が少なくてOKです。

乾燥に強い多肉
水を控えていると、ミリオンスターの葉っぱがシワシワになってきますが、シワシワになってから水をやっても十分復帰しますので、これをサインとして水遣りをしても大丈夫です。

葉っぱに水を掛けないで
水をやるときにミリオンスターの葉っぱに水がかかると、葉っぱが傷み、腐って枯れてしまいます。なので水をやるときは上からバシャーっと水をやらずに土に注ぐように水をやりましょう。口が細いジョウロがあると便利です。

管理場所・日当たり

春以降は戸外の日当たり。夏は直射日光で葉っぱが焼けてしまいますので半日陰か明るい日陰。秋はまた日当たりで管理します。

冬は室内へ
耐寒温度は5度。室内の日当たりで管理してください。

特徴・由来・伝承

カランコエのミリオンスターという品種です。非常に一般的に流通しているので、珍しいものでもなく、育て方はカランコエを参考にするだけで十分で、特にこれといった追加項目はありません。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ベンケイソウ科の仲間


ベンケイソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用