ミリオンスターの育て方

MENU
TOP>ベンケイソウ科>ミリオンスター
スポンサードリンク

ミリオンスター(カランコエ)

ミリオンスター
科名ベンケイソウ科
学名Kalanchoe
別名カランコエ
みずやり水控え目
場所冬は室内 夏は外
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


短日植物
カランコエ・ミリオンスターは短日植物といって、日が短くなると花を咲かせる植物です。よって、ダンボールで光をさえぎってやるなどすれば、花芽ついて、好きな時期に開花させることもできます。室内で育てていると蛍光灯や電灯でも「昼」だと思って花芽をつけませんので、昼の時間が短くなる秋は出来るだけ戸外の室内の光が漏れて当たらない場所で管理しましょう。
実際生産者はそうやって(ダンボールじゃないですが)花を咲かせて、年中ミリオンスターを出荷しています。

まとめ
●葉っぱに水がかかると葉っぱが腐る。
●乾燥に強く、多湿に弱い。水をやりすぎないこと。
●直射日光には葉焼けする。戸外で管理するときは半日陰(木漏れ日)で。
●5度以下の寒さで枯れる。霜に当たれば一発で枯れる。

参考ミリオンスターはカランコエの一種です。カランコエの開花のためには短日処理が必要です。下記リンクを参考に。
カランコエの短日処理のまとめ…カランコエが咲かない?

水やりと肥料

乾燥気味で管理する
土が乾いて居たら水をしっかりとやってください。ミリオンスターは多肉植物で、葉っぱが肉厚になっていて水を溜め込むことが出来ます。これはつまり、水をやりすぎると腐って枯れてしまうということでもあります。日当たりや風通しのなどの環境にもよりますので、一週間に一回とか明言できませんが、相当頻度が少なくてOKです。
●水を控えていると、ミリオンスターの葉っぱがシワシワになってきますが、シワシワになってから水をやっても十分復帰しますので、これをサインとして水遣りをしても大丈夫です。

葉っぱに水を掛けないで
水をやるときにミリオンスターの葉っぱに水がかかると、葉っぱが傷み、腐って枯れてしまいます。なので水をやるときは上からバシャーっと水をやらずに土に注ぐように水をやりましょう。口が細いジョウロがあると便利です。

肥料
春から秋の生育時期に二週に一回程度、薄い液体肥料をやります。やらないよりやった方がずっと生育します。ただし、真夏の高温時期は弱っているので、肥料をやらないでください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

根詰まりするようであれば植え替えをします。一番いいのは春から初夏か、秋。ただし、それほど厳密じゃないです。真夏と真冬以外ならばそれほど気にしないでいいです。
用土
多肉植物の土で植えます。自作する場合は、赤玉土5ピートモス2川砂3、もしくは赤玉土4腐葉土4川砂2を混ぜたものを使います。多肉植物用の土の方が「便利」で「安上がり」です。
●オーソドックスな花と野菜の培養土でもいいんですが、多少水はけが悪いので、水やりを控えるか、培養土に一割ほど川砂を混ぜて水はけを良くしてから植えてください。

管理場所・日当たり

春以降は戸外の日当たり。夏は直射日光で葉っぱが焼けてしまいますので半日陰か明るい日陰。秋はまた日当たりで管理します。

冬は室内へ
耐寒温度は5度。室内の日当たりで管理してください。

その他

オンシツコナジラミアブラムシなどが発生します。
短日処理
ミリオンスターはカランコエの一種で、カランコエは日が短くなると開花します。日が短くなる9月以降に戸外で管理していると開花しやすいですが、蛍光灯などの人工の光でも反応して昼だと考えるので、注意が必要です。詳細は以下のリンクを。

特徴・由来・伝承

カランコエのミリオンスターという品種です。非常に一般的に流通しているので、珍しいものでもなく、育て方はカランコエを参考にするだけで十分で、特にこれといった追加項目はありません。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ミリオンスターの日記

ベンケイソウ科の仲間


ベンケイソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用