ヘリアンサスの育て方

MENU
TOP>キク科>ヘリアンサス

ヘリアンサス(ヤナギバヒマワリ・ゴールデンピラミッド)

ヘリアンサス
科名キク科
属名ヒマワリ属
別名ヤナギバヒマワリ・ゴールデンピラミッド
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


春に植え付け、冬も地上部は枯れません。株の下の方に冬越し用の葉っぱを残して、あとは枯れます。立ち枯れ状態になります。枯れた部分は刈り取ってしまいましょう。

冬、地上部は枯れない、のですが、まぁ実質枯れるようなものです。
春にはまた芽吹きます。

花が多いのが特徴です。

6月までに切り戻しをすることで、徒長を防ぎます。切り戻しをしないでいると、支柱をしたり、ヒモでくくってやらないと倒れそうなほどになります。切り戻しをすると、脇芽が出て花が増えます。
スポンサードリンク

水やりと肥料

土が渇いてきたら水をしっかりとやります。土が濡れている間は水をやらないようにしてください。水をやりすぎると根が腐って枯れることがあります。

肥料はさほど必要ありません。肥料が多いと茎が伸びて、ヒョロ長くなり、風でポッキリ折れて倒れてしまいます。肥料は控え、生育期に液肥を適宜あげる程度にします。

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている花と野菜の土で植え付けをします。

直根性で移植を嫌います。一度植えたら植え替えは難しいです。ポットから植えるときも、土は崩さずにそのまま植えつけてください。土を崩すと根が傷ついて枯れたり、生育不良を起こす原因になります。

水はけのよい土を好みます。庭の土が粘土質で水はけが悪い場合は赤玉土や川砂を混ぜて水はけを浴してから植えてください。肥料は必要とせず、たまに液肥をやっていれば十分です。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日光を好みます。日当たりが悪いとヒョロ長くなりやすくなり、花つきも悪くなります。必ず日当たりのいい場所で管理して下さい。
鉢植えだと水切れがおきやすいので庭植え推奨です。

庭植えにして環境さえ合えば、手間は全くかかりません。非常に育てやすい植物です。

特徴・由来・伝承

ヒマワリの近種で、宿根草。日当たりを好み、水はけのよい土を好みます。耐寒性・耐暑性があります。ヘリアンサスというのはヒマワリ属のラテン語名なので、この種を特別「ヘリアンサス」という呼び名は本来せず、ゴールデンピラミッドという名前のほうがよく流通しているかもしれません。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用