セイタカアワダチソウの育て方

MENU
TOP>キク科>セイタカアワダチソウ
スポンサードリンク

セイタカアワダチソウ(背高泡立草)

セイタカアワダチソウ
科名キク科
属名アキノキリンソウ属
学名Solidago altissima
別名背高泡立草
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


北アフリカ原産の外来種。種子でも増えますが地下茎でも繁殖するために、非常に繁殖力が強く、他の植物の生育を阻害する成分を分泌するアレロパシーという性質があり、荒れ地などを占有するほど。

セイタカワダチソウ盛衰史
明治末期に園芸目的で日本に渡来したとされます。第二次世界大戦後までに帰化していて、かつてススキが茂っていた場所を占有するような形でどんどんを広がっていきました。沖縄の一部から北海道の南までというのですから、相当な頑健な植物です。アレロパシーで他の植物の生育を阻害し、独占状態になったのですが、その後自身のアレロパシーによって生育が衰えたとも言われます。これまで外来種であったために、日本に天敵があまり居なかったことも繁殖の強みだったのですが、現在ではセイタカアワダチソウもサビ病やウドンコ病などの病気に掛るようになり、虫にも食べられるになったことも衰退の原因です。
虫媒花で花粉症の原因にはならない
虫を花粉の媒体にする植物ですので、花粉症になりません。

その他

以前ほど繁殖はしなくなったとはいえ、駆除するのが大変な植物です。他の人に迷惑がかかるので、育てるのは止めましょう。庭に生えたら引っこ抜きましょう。

特徴・由来・伝承

セイタカアワダチソウは荒れ地などで見かける黄色い、背の高い植物。学名にソリダコという名前が入っているように、切り花の「ソリダコ」の近縁種。確かに容姿が似ている。もうひとつ「ブタクサ」も花が似ています。ブタクサは花粉症の原因であることから、花が似ているセイタカアワダチソウも花粉症の原因と勘違いされやすいです。そのおまけで花屋さんで見かける切り花のソリダコ(ソリダゴ)も花粉症になるからと敬遠されることも。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用