ニューカランコエの育て方

MENU
TOP>ベンケイソウ科>ニューカランコエ

ニューカランコエ

ニューカランコエ
科名ベンケイソウ科
属名カランコエ属
学名Kalanchoe
みずやり乾かし気味に
場所室内
難易度上級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

ニューカランコエ多肉植物です。水を葉っぱに溜めこむ機能があり乾燥に強い性質です。その反面、水をやりすぎると腐って枯れやすく、ニューカランコエを枯らしてしまうのは大抵水のやりすぎです。
スポンサードリンク

水やりと肥料

葉っぱに水が掛らないように
葉っぱに水が掛ると、すぐに葉っぱが腐ってしまいますので、水をやるときは土に注ぐようにしてください。水やりは土が乾いて白く変色してからやる程度です。葉っぱに皺が寄ってから水をやっても遅くありません。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替えをするときは一般的な培養土か、多肉植物用の土にします。

管理場所・日当たり

室内の明るいところで管理します。真夏の強い日光に当たると葉っぱが痛んでしまいますので、葉っぱが黒く変色するようならば、移動させてください。

特徴・由来・伝承

ニューカランコエはカランコエの色鮮やかな品種のことです。言われてみれば昔はもっとカランコエってもっと色合いが渋い――というと表現が綺麗ですが、ようは地味だったような。育て方はカランコエと同じですので、カランコエを参考にしてください。

カランコエは流通量が多い割に、育てるのが難しいです。徐々に弱っていつの間にか消えているというパターンが多いのです。大抵は寒さと水のやりすぎですのでそれを気を付ければ、毎年花を楽しめます。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ベンケイソウ科の仲間


ベンケイソウ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用