アカシデの育て方

MENU
TOP>カバノキ科>アカシデ
スポンサードリンク

アカシデ(コシデ、シデノキ、ソロノキ、コソロ)

アカシデ
科名カバノキ科
属名クマシデ属
学名Carpinus laxiflora
別名コシデ、シデノキ、ソロノキ、コソロ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

雌雄同株で雌雄異花、一本で花が咲き、種子が出来ます。新芽が出ると同時に花が咲き始めます。その後、種子が出来ます。花も綺麗ですが、アカシデの魅力は紅葉と落葉と花…という四季を感じられるところ。葉っぱの形はケヤキに似ています。シンボルツリーとして人気があります。「ソロ」という名前の方が一般的かもしれません。
●個体差があって、葉の大きさが違ったり、紅葉の色合いが違ったりしますが、気にしないでください。
●セミが来ます。夏にうるさいかも。

水やりと肥料

根付くまでしっかりと水をやります。一旦根付いてしまえば、あとは自然雨だけで十分生育します。
肥料
肥料は二月に寒肥として根元に堆肥や化学肥料をすきこんであげます。無かったとしても枯れることはありません。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付けは落葉時期。落葉樹の「植え付け時期」は落葉時期です。新芽が動き始めてから植え付けをすると、枯れることがあります。

根鉢より一回り大きな穴を掘って、小石を取ります。石が残っているのに植えると根が傷ついて生育不良を起こすことがあります。
●根に麻布が蒔いてあるときは外しても、そのままでもいいです。
●根にナイロン紐や針金が巻いてある場合は、外してください
●穴を掘ったときに水が染み出したら、その場所は「水はけが悪い」です。根腐れを起こしますので、植えないでください。
アカシデは根がデリケート
アカシデは全国で自生するくらいですから、日本の気候にあっています。だから一旦根付いてしまえば、手間の掛からない庭木です。でも根がデリケートで「水はけ」がよく「水もち」の良い土で植えてください。
●庭土に腐葉土やバーク堆肥を混ぜて、水はけ・通気性をよくすると良いです。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりか半日陰で育てます。夏に根元に半日陰をつくるために植えてもOK。

その他

アカシデは自然樹形を楽しむもので、剪定するのは、大きさを抑える程度と、邪魔な枝を落としたり、密になった内側の枝を落として風通しを良くするくらい。

大きくならないように細い枝を剪定していても、10mくらいになるので、小さく仕立てたい場合は、太い枝も落とします。

特徴・由来・伝承


北海道南部から九州で時勢する落葉高木。生育すると15mほどになります。アカシデの「赤」は、樹皮・若い枝・冬芽などが赤い(もしくは赤みを帯びている)ことと秋の紅葉から。「シデ」は神社の注連縄にぶら下がる白い稲妻型の紙のことです。花がシデに似ているため。

花後に種子ができます。種子には翼がついていて、風によって広がっていきます。
名前が多い
アカシデは家具材や建材に利用されたり、蒔きにも利用されたようで、名前が多いのはアカシデが日本人の生活に強く関わっていたためと思われます。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

カバノキ科の仲間


カバノキ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用