割果・裂果の原因と予防について(トマト)

TOP > ナス科 > トマト > 雑学 > 更新日

トマトが割れる理由

文章の修正トマトが割れる理由は、皮が硬くなったのに、そこに栄養が集まって膨張した結果、皮が破れる――ということです。よく言われるのが雨に当たると割れるというもの、ですが、これだけでなく、いくつかの理由があります。
日に当たる
日に当たると皮が硬くなり、伸縮性が無くなって割れます。予防法としては袋がけをしたり、遮光すること。果実が葉っぱの陰に隠れるだけで効果があるらしいです。
水やりをしっかりする
水やりを失敗して、乾燥状態になると必然トマトの皮が硬くなり、その後に水をしっかりやると縮んでいたものが、復帰するときに割けます。予防法は乾燥させないこと。
雨にあたる
雨に当たると実が裂ける。ベランダで育てていると問題ない。畑の場合は雨除けをするか、袋がけをする。割果しにくい品種があるので、畑で植えるときはそれを。
少々のことは気にしない
プロじゃないなら、病気じゃないんだから気にしないというのも考え方です。
スポンサードリンク

雑記

文章の修正●雨に当たると実が割れる。その対策は雨に掛からないようにする。実だけでなく茎(実と枝をつなぐ部分)にも掛からないようにしないと割れる。
●青い状態で袋がけすると、赤くなりにくいので、赤くなってから袋掛けする。
●果裂(=実が裂けること)の原因はハッキリしない。実の袋がけにもある程度は効果があるともされる(赤くなってからの袋がけ)。過潅水(=水のやりすぎ)でも果裂は起きるし、気温も関係するかもしれない。
●日当たりがよすぎても果裂する。皮の水分が減り、果実の成長に耐えられず割れる――とも言われます。袋がけにはコレを防ぐ効果もある。株を密生させて果実に日が当たりづらくしたり、葉っぱで日よけにするなどで予防する。

関係記事・人気記事

トマトの連続摘芯栽培

トマトの連続摘芯栽培
トマトを育てるというと一般的には、脇芽をかいて(脇芽を取って)一本仕立てにしてしまいます。この方が管理が楽ですから、初心者は普通にこの一本仕立てをしたほうがよいです。 [でもベランダで一本仕立てじゃあ…

トマトの捻枝

トマトの捻枝
[+[まとめ] ●普通は★連続摘芯栽培とセットで行う手法。 ●トマトを甘くして収穫する裏技的方法(?)。 ●連続摘芯で脇芽を出させて結実したら、分かれ目と果実の間の茎の一箇所を45度ひねってしまうこと。 ●45度…

トマト栽培の「段」とは

トマト栽培の「段」とは
トマトは一般的には一本仕立てにします。最近は二本仕立ても多いですが、一般的には一本です。主幹に葉っぱが7枚ほど出たあとに、花が咲いて、最初のトマトが成ります。このトマトが一段目です。 脇芽をとって、…

トマトの寝かせ植え

トマトの寝かせ植え
トマトの栽培はいろいろと工夫があってややこしいな。困りものです。それはおいておいて、トマトの苗は3月ごろから出回ります。種子から育てる人は2月までには種まきをしています。しかし、トマトは霜に当たれば枯…
管理用リンク
管理用