星の王子の育て方

MENU
使い方
TOP>ベンケイソウ科>星の王子
スポンサードリンク

星の王子(クラッスラ)

星の王子
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名ベンケイソウ科
属名クラッスラ属
学名Crassula conjuncta
別名クラッスラ
みずやりたまにやる程度
場所日の当たる室内
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
まとめ
水やりは控える。過湿に弱い。
●夏の直射日光には弱い。その他の季節は日当たりでも半日陰でも
●冬の寒さには弱い。室内へ
挿し木で株分けは簡単。

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
乾燥に非常に強く、過湿に弱い。水をやりすぎるくらいなら、忘れたほうがいい。葉っぱにシワが寄ってから水をやっても十分問題なく復活する。
土がカラカラに乾いてから
星の王子は過湿に弱いです。土が濡れているうちや、表面上は乾いていても鉢の中に水が残っているうちに、水やりをしていると腐って枯れてしまいます。水やりは土がカラカラに乾いてから。夏でも数日に一回。冬は一ヶ月に一回程度です。水をやるときは土中のゴミを洗い流す目的もあるので、鉢底から水が染み出すくらいにしっかりと水やりをします。
●多肉系の水やりは意外と難しい。何度か失敗してコツを掴むくらい。
●水やりは控えめから徐々に増やすようにすれば失敗は減る。
●水やりが多いと徒長(ひょろ長くなる)する。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
用土
多肉植物の土で。
植え替え
植え替えは3年に一回。3年か4年ほどすると土が劣化して水はけが悪くなり、根腐れを起こしやすくなるため。植え替えは春に行う。
古い鉢から株を取り出し、古い土を落とし、根を黒い腐った根を落とし整理します。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、完成です。
挿し木
一株で、何本も枝分かれするものではないので、群生させるためには挿し木して株を増やす必要があります。生育すると上へと伸びてきますので、これを切って、切り口を日陰で数日乾燥させて、土に挿します。水はやらなくていいです。メネデールをすると尚、発根しやすいです。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
直射日光が苦手
多肉でサボテンぽいですが、強い直射日光に当たると葉焼けします。真夏は半日陰や遮光した光に当てます。春と秋は戸外の日当たりでもいいですが、室内の明るい場所や半日陰でもかまいません。
ただ、あまりに日当たりが悪いと徒長してひょろ長くなり不恰好です。徒長しないように日に当てます。
●日に当たると葉っぱのフチが赤くなります。乾燥期にはこうなるものなので、葉焼けとは違います。
●日に当たっていると良く成育して、株も増えます。
●徒長した場合は伸びた部分を切って挿し木にして仕立て直すといいです。

雨ざらし厳禁
とにかく過湿に弱いです。少々雨に当たる程度なら枯れはしませんが、日本は世界的にみても「雨の多い地域」です。すぐに腐って枯れてしまいます。
冬の寒さについて
耐寒温度は5度。霜が降りる地域でも弱い霜であれば軒下で越せないことも無い。霜の降りない暖地なら戸外で十分越冬可能。暖地以外は室内で管理するのが無難。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
ベンケイソウ科クラッスラの星の王子です。多肉植物。モコモコした葉っぱが幾何学に互い違いに生えます。葉っぱがモコモコして可愛いです。クラッスラの中では強い。育てやすい部類。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

ベンケイソウ科の仲間


ベンケイソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用