カヤツリグサの駆除など基礎知識

TOP >カヤツリグサ科>>管理

カヤツリグサ(蚊帳吊草・莎草・マスクサ・枡草)

カヤツリグサ
科名カヤツリグサ科
属名カヤツリグサ属
学名Cyperus microiria
別名蚊帳吊草・莎草・マスクサ・枡草
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

概要

概要
文章の修正雑草で日本でもっともよく見られる雑草かもしれない。カヤツリグサと一口にいっても、仲間とされるカヤツリグサが多く、大小さまざまあり、見分けがつかない。茎の断面が三角形になっているのが特徴。花は非常に地味。というか簡素というべきかもしれないです。

空き地・道端・畑・水田などで見られます。種類によって湿った場所を好んだり、乾いたところを好んだりするので、結局、雑草としてどこでもよく見る植物です。
スポンサーリンク

駆除について

文章の修正多年草で地下で増える
カヤツリグサの仲間は地下でつながっていて、それがあちこちで芽を出します。よって地上部を抜いても抜いても駆除までは遠いです。かといって、土を耕運機などで掘り返してしまうと、根が細かくちぎれて、それがまた一つ一つのカヤツリグサとなって芽を出すという最悪の展開になります。よって、「薬で枯れさせる」か「気長に手で抜く」という方法しかありません。薬がいいでしょうね。
●カヤツリグサに効く薬剤はよくあるが、カヤツリグサだけに効果がある薬剤は無い。そんな都合のいいものはさすがにない。
●よってカヤツリグサだけを駆除したいなら、手で抜くしかない。
グランドカバーで覆うことで少なくすることも可能。「ヒメイワダレソウ」「クローバー」「アップルミント」などを植えてカヤツリグサを手で抜いていくとカヤツリグサが駆逐されるというものもある。ただしヒメイワダレソウやクローバーは「繁殖力が強くて植えないほうがいい植物」の代表選手。庭がどうなるかは分からない。
スポンサードリンク

関連記事

カレックス
[概要] カレックスはカヤツリグサ科の常緑の多年草。根が強く張るので土止めに使われる。花も咲くが「穂」なので目立たない。 カレックスは緑に白い斑が入っているのが良く見られますが、白い斑は先祖返りで緑に…
パピルス
茎がヒョロと伸びてその先に放射状に「花軸」が伸び、その先に花が咲きます。花といっても、目立つものではなく立ち姿を楽しむ植物です。湿地というか水辺の植物で、春から秋の間は土が濡れているようにします。育…
ベアグラス
[概要] ベアグラスはカヤツリグサ科スゲ属の常緑多年草の「カレックス・オシメンシス」の「エバーゴールド」という品種。白い腑の入ったスっと長い葉っぱが昔から人気のあるカラーリーフ。ベアグラスはカレックス…
クリスタルグラス
非常に寒さに強いので冬越しに関しては冷寒地でない限りは問題ありません。―5度以下になるような地域ならば、クリスタルグラスは室内に取り込んでください。 [真夏は休眠する……という嘘] 夏の直射日光にも抵抗…

人気記事

バジル
[概要] バジルはシソ科の一年草。育てるのは簡単ですが、シソやミントよりは多少は難しい。普通は苗を植えますが種まきも出来ます。種まきは4月~6月です。種子はホームセンターなどで簡単に手に入り、発芽率も…
コリウス
[概要] コリウスはシソ科の一年草。本来は多年草ですが日本の冬に枯れるために一年草扱い。冬も暖かい場所に置いておけば翌年も茂ってくれます。霜に当たったら一発でダメになります。真夏の直射日光に当たると葉…
チランドシア
チランドシアは本来はアナナス科チランジア属の総称で、チランドシア属には非常に多くの個性的な植物があります。ここのページでいうチランドシアは「チランドシア・キアネア(シアネア)」のことです。一般的にホ…
肥料
植物が生育する上で必要な成分のことで、主にリン、窒素、カリを指し、他にもカルシウムやマグネシウムも含まれます。農作物を育てるということは、土中の肥料成分を植物に移動させるという言い方が出来ます。その…
ワイヤープランツ
ハリガネのような茎で繊細な葉っぱが印象的な観葉植物。日当りのいい場所でも半日陰でも育ちますし、日光が入る明るい部屋ならば室内でも生育します。高温多湿に弱いので、真夏は風通しの良い半日陰に移動させてく…