エボルブルス・ブルーコーラルの育て方

MENU
TOP>ヒルガオ科>エボルブルス・ブルーコーラル
スポンサードリンク

エボルブルス・ブルーコーラル(アメリカンブルーブルーコーラル)

エボルブルス・ブルーコーラル
科名ヒルガオ科
属名エボルブルス属
学名Evolvulus pilosusu BlueCoral
別名アメリカンブルーブルーコーラル
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

エボルブルスはアメリカンブルーのこと。アメリカとはなんの関係もないので、最近では学名の「エボルブルス」で出回ることが多くなっています。その中でブルーコーラルは従来のアメリカンブルー(エボルブルス)より、枝分かれして花が多くなりやすく、こんもり仕立てやすい。病気に強く、暑さにも強い。ただ、寒さにはアメリカンブルー(エボルブルス)同様に弱いです。
まとめ
●育て方はアメリカンブルーを参考に。
水やりは普通。夏は朝と夕方の二回、水をやる。
●冬は水を控える。
●越冬して来年も開花するが、一年草と割り切ってもいいです。
●開花時期は肥料をやる。
●定期的に切り戻しをする。切り戻しをしないと次の開花が非常に鈍い。
スポンサードリンク

水やりと肥料

土が乾いていたら水をやります。
夏は乾燥が激しいので、必要ならば朝と夕方の二回水をやります。昼に水をやると水が熱せられて根が痛みます。冬は室内に取り込んだら越冬も可能です。冬は寒さで生育が止まるので、水はさほど必要がないんですが、完全に乾燥し切ると枯れてしまいますので、水はやります。土が乾いてから数日経って水をやる程度です。
●真夏にあんまりに水切れするようであれば、半日陰に移動します。

肥料
ちゃんと切り戻して脇芽を出して分枝させて、開花させていると花がたくさん咲きます。そのとき、肥料が切れると開花しなくなるので、開花する時期は一週間に一回、液体肥料を必ずあげてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

一般的な培養土か自作する場合は赤玉土腐葉土4を混ぜたものを使って植えます。庭植えにして冬には霜に当たって消えてしまう一年草と考えてもいいです。鉢植えは以下のリンクを参考にしてください。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

春から秋には戸外の日当たり
春から秋は戸外の日当たりで、しっかり日光に当てます。夏の直射日光にも負けず、葉焼けしません。日光に当てて、水切れしないようにして、肥料をやり、摘芯(切り戻し)すれば、長く楽しめます。
冬は室内へ
エボルブルス・ブルーコーラルは5度以下になると枯れます。また霜に当たれば枯れます。冬は霜が降りる前に室内に取り込んで、昼は暖房が効いている部屋の日当たりで管理します。昼間は暖房が効いているので十分暖かいのですが、夜中は窓の近くは5度以下になることがあります。部屋の中央に移動させてください。
●暖房の風が直接当たらない場所で管理してください。冷暖房の風は乾燥していて、直接当たるとカリカリになって枯れます。
スポンサードリンク

その他

剪定
花がひと段落したら半分ほどに切り戻しをします。切り戻しをすると、枝分かれします。エボルブルス・ブルーコーラルは枝の先に花が咲くので、切り戻しをしないと次の花はほとんど咲きません。切り戻しは絶対に必要は作業です。

特徴・由来・伝承

ブルーコーラルはエボルブルス(アメリカンブルー)の園芸品種
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ヒルガオ科の仲間


ヒルガオ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用