ゴンフォスティグマの育て方

MENU
TOP>フジウツギ科>ゴンフォスティグマ
スポンサードリンク

ゴンフォスティグマ(ゴムホスティグマ)

ゴンフォスティグマ
科名フジウツギ科
属名ゴンフォスティグマ属
学名Gomphostigma virgatum
別名ゴムホスティグマ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


常緑低木。冬でも葉っぱがあり、それがシルバーリーフで非常に綺麗。暑さにも強く、日本の夏でも葉焼けすることもない。耐寒温度はマイナス12度でかなり強い。その上、花が長期で、毎年咲く。
極端な乾燥を避ければ、よく育つ。水が多いと枝がよく伸びる。肥料が多いと株が大きく育ち、2m近くまで生育するが、剪定すれば小さく抑えるのは難しくない(というか春から秋まで切り戻しをするものなの)。
いいことづくめなガーデニング材で今後は人気が出るかもしれない。ただし、あまりまだ流通していない。
まとめ
●庭植え推奨。
●極端な乾燥にしない。
肥料が多いと大きくなる。
●花が一段落したら三分の一ほど切り戻す。
●耐寒温度はマイナス12度。
スポンサードリンク

水やりと肥料

極端な乾燥を避ける
極端な乾燥を避けます。水が多いとよく育ちますので、あまり大きくなって欲しくない時は水を控えることで抑制できます。極端な乾燥に合えば、枯れますが、それは他の植物でも同じで、ひっくり返せば、乾燥にもかなり強いってことです。
庭植えにした場合は自然な雨だけでほぼOK。ただし夏など乾燥時期には水をやってください。
鉢植えの場合
鉢植えに植えた場合は、土が乾いたら水をやるようにします。夏は朝と夕方の二回、しっかりと水をやります。
肥料
春と秋に緩効性肥料をやります。肥料はなくても育ちます。肥料があると大きく育って邪魔かもしれない。

植え付け・植えかえ・種蒔き

庭植え推奨
大きく育つのですが、小さくまとめることも十分可能で、冬も葉があり、夏の暑さにも強いこと、あとは水やりが簡単になるので庭植えが推奨です。場所は取りますが、インパクトがあって庭植えで育てる価値はあります。
水はけの良い土を好みます。粘土質の土には植えられません。
鉢植えの場合
鉢植えする場合の用土赤玉土腐葉土3を混ぜたものを利用します。一般的な培養土に赤玉土を1割ほど混ぜても可。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりか半日陰
日当たりの方が花が多いです。ですが半日陰でも十分育ちます。
冬は凍結に注意
冬に土が凍結すると根が傷んで枯れてしまいます。腐葉土を根元に敷いて土の凍結を防いでください。

その他

切り戻しを
花が一段落したら、全体を三分の一ほど切り戻しします。切り戻すことで、脇芽が出て、脇目に新しい花が咲きます。これを春から秋まで何度も繰り返すことで、開花を何度も楽しむことが出来ます。ひっくり返すと、切り戻しをしないならば、開花はかなり少ないってことです。ゴンフォスティグマを植えるということは、切り戻しは必須ですね。

特徴・由来・伝承

南アフリカが原産。シルバーリーフでカラーリーフとしても優秀。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

フジウツギ科の仲間


フジウツギ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用