ゴンフォスティグマの育て方

TOP >フジウツギ科>>管理

ゴンフォスティグマ(ゴムホスティグマ)

ゴンフォスティグマ
科名フジウツギ科
属名ゴンフォスティグマ属
学名Gomphostigma virgatum
別名ゴムホスティグマ
水やり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. ゴンフォスティグマとは?
  2. 水やり
  3. 肥料
  4. 植え付け・植えかえ
  5. 管理場所・日当たり
  6. 剪定
  7. 病気・害虫
  8. 特徴・由来・伝承
  9. SNSボタン・関連記事

ゴンフォスティグマとは?

ゴンフォスティグマとは?
文章の修正ゴンフォスティグマはフジウツギ科の南アフリカ原産の常緑の耐寒性低木。春〜秋に開花し、冬でも葉っぱがあり、それがシルバーリーフで非常に綺麗。暑さにも強く、日本の夏でも葉焼けすることもない。耐寒温度はマイナス12度とかなり寒さに強い。

自生地では川沿いに生え、極端な乾燥を避ければ、よく育ちます。水が多いと枝がよく伸びる。肥料が多いと株が大きく育ち、2m近くまで生育するが、剪定すれば小さく抑えるのは難しくない(というか春から秋まで適宜、切り戻しをするもの)。

いいことづくめなガーデニング材で今後は人気が出るかもしれない。ただし、あまりまだ流通していない。
樹高2m
スポンサーリンク

水やり

文章の修正ゴンフォスティグマは水が多いとよく育ちますので、あまり大きくなって欲しくない時は水を控えることで抑制できます。極端な乾燥にあえば枯れますが、それは他の植物でも同じ。むしろ乾燥にかなり強い。

庭植えの水やり

文章の修正庭植えにした場合は、根付いてしまえば、自然な雨だけでほぼOK。ただし夏など乾燥時期には、様子を見て水をやってください。

鉢植えの水やり

文章の修正鉢植えに植えた場合は、土が乾いたら水をやるようにします。受け皿の水は捨ててください。夏は高温の昼を避けて、朝と夕方の二回、しっかりと水をやります。冬は水やりを控えて、土が乾いてから2日か3日たって水をやるようにします。

肥料

肥料
文章の修正春と秋に緩効性肥料(化成肥料)をやります。肥料はなくても育ちます。肥料があると大きく育って邪魔かもしれないので、様子を見て調節してください。

植え付け・植えかえ

時期・頻度・苗

文章の修正苗を見ると「草」っぽいですが立派な「木」です。春か秋に植え付けをします。鉢植えで根詰まりしているなら、春か秋に植え替えをしましょう。ほぼ毎年植え替えをすることになります。

大きく育つのですが、小さくまとめることも十分可能で、冬も葉があり、夏の暑さにも強いこと、あとは水やりが簡単になるので庭植えが推奨です。場所は取りますが、インパクトがあって庭植えで育てる価値はあります。

用土

文章の修正鉢植えであれば、一般的な培養土か、自作する場合は赤玉土7腐葉土3を混ぜたものを使います。庭植えならば、堆肥や腐葉土を足して用土とします。

庭植え

文章の修正庭土を40cm〜50cm掘り返し、掘り出した土に対して2割か3割の腐葉土か堆肥を混ぜて、用土とします。大きくしたい場合は化成肥料を規定量入れます。用土を穴に半分戻して、苗を配置し、土を入れていきます。余った土で土手を作り、その中に水を溜めて、水極めをします。水が引いたら、土手を崩してならして完成です。

鉢植え

文章の修正8号〜10号の鉢を用意し、鉢底の穴を鉢底ネットで塞ぎ、その上に鉢底石軽石)を2cm入れます。その上に用土を入れ、苗を入れて、隙間に用土を入れて、最後に水をやって完成です。

植え替える場合は、古い土を3分の1だけ落とし、新しい土を足して、植え替えます。一回り大きな鉢でもいいですし、同じ大きさの鉢でもいいです。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
文章の修正日当たりの方が花が多いです。ですが半日陰でも十分育ちます。

越冬

文章の修正耐寒温度はマイナス12度と寒さには強いのですが、冬に土が凍結すると根が傷んで枯れてしまいます。腐葉土を根元に敷いてマルチングして、土の凍結を防いでください。

剪定

剪定
文章の修正春〜秋の間は、花が一段落したら、全体を三分の一ほどに切り戻しします。切り戻すことで、脇芽が出て、脇芽に新しい花が咲きますし、樹高を40cm程度に小さくまとめ、ブッシュ樹形に仕立てられます。これを春から秋まで何度も繰り返すことで、開花を何度も楽しむことが出来ます。ひっくり返すと、切り戻しをしないならば、開花はかなり少ないってことです。

切り戻しをしないで、そのままにしていると枝が上に伸びて、1m以上になり、その後、枝垂れてきます。スペースがあり、カラーリーフと考えるならば、この仕立て方も悪くないですが、乱れている様にも見えるので、一般的には切り戻しをしてブッシュ状に仕立てます。

病気・害虫

文章の修正ほとんど見かけない。

特徴・由来・伝承

文章の修正南アフリカが原産。シルバーリーフでカラーリーフとしても優秀。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

フジウツギ科
ブッドレア紅姫
フジウツギ科フジウツギ属
ブッドレア
フジウツギ科フジウツギ属

タグ

寒さに強い 南アフリカ カラーリーフ シルバーリーフ

タグ「カラーリーフ」を持つ記事

レプティネラ・プラッツブラック
キク科
ブルンネラ
ムラサキ科ブルンネラ属
シルバータイム
シソ科イブキジャコウソウ属
パープルファウンテングラス
イネ科ペニセタム属
シレネ・ユニフローラ
ナデシコ科シレネ属

タグ「シルバーリーフ」を持つ記事

エレモフィラ
ハマジンチョウ科エレモフィラ属
グニユーカリ
フトモモ科ユーカリノキ属
ホワイトソルトブッシュ
ヒユ科エイナディア属
シルバーティーツリー
フトモモ科レプトスペルマム属
プラチーナ
キク科カロケファルス属

タグ「南アフリカ」を持つ記事

デロスペルマ
ツルナ科デロスペルマ属
オーガスタ
バショウ科ストレリチア属
プレクトランサス・ピンククリッカー
シソ科プレクトランサス属
クンシラン
ヒガンバナ科クンシラン属
コノフィツム
ハマミズナ科コノフィツム属

タグ「花」を持つ記事

ビバーナム・スノーボール
スイカズラ科ガマズミ属
ヒメシャクナゲ
ツツジ科ヒメシャクナゲ属
シャインキッス
トウダイグサ科トウダイグサ属
スポンサーリンク