ハナキリンの育て方

MENU
TOP>トウダイグサ科>ハナキリン
スポンサードリンク

ハナキリン(花麒麟・キスミークイック)

ハナキリン
科名トウダイグサ科
属名ユーホルビア属
学名Euphorbia milii DESMOUL
別名花麒麟・キスミークイック
みずやり乾かし気味に
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


ハナキリンは非常に頑健な植物で、少々水をやらなくても大丈夫ですし、「真夏の直射日光」にも強く、真夏に外に出していても問題がありません。といっても、真夏は半日陰に移動させたほうが元気です。

反面寒さには弱いので、冬は室内で管理します。5度まで耐えられます。また10度以上だと冬でも成長し、気温さえ保てれば年中花を咲かせることも出来ます。

とにかく頑健。ただし、大きなトゲがありますので、子供がいる家では気をつけないといけません。

水やりと肥料

乾燥に強いので、頻繁に水をやる必要はありません。春~夏の暖かい時期でも三日か四日に一度で充分ですし、冬は一週間に1回程度で大丈夫です。

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけのよい土を好みます。市販されている花と野菜の土に川砂や赤玉土を混ぜるか、赤玉土6腐葉土3川砂1を混ぜたもので植え付けをします。

挿し木で増やします。枝を切ると白い樹液が出ますのでそれをきれいに洗い、切り口が乾くまで日陰で乾燥させます。それから鹿沼土か赤玉土の単用土に挿して一ヶ月ほどで発根します。発根剤を使うと発根しやすくなります。発根していたら植え替えします。

管理場所・日当たり

基本的に年中日当たりで管理します。
真夏の直射日光でも枯れませんが、あまりに暑いと葉っぱの色が落ち、元気がなくなります。夏だけは半日陰に移動させると元気になります。まぁ、あまり気にしないで大丈夫です。

冬は室内に取り込みます。冬も気温が13度以上になると花が咲きますが、そこまでしなくても春~秋までしっかりと咲きます。

特徴・由来・伝承

ユーフォルビアの仲間で、茎や葉っぱの切り口から白い乳液が出て、ソレに触れるとカブれることがあります。

サボテンの「モクキリン」に似ていることから、「花麒麟」になりました。
●トゲがあるので気をつけましょう。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

トウダイグサ科の仲間


トウダイグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用