2月のラベンダーの栽培

TOP > ラベンダーの管理 > ……

2月のラベンダーの栽培

2月のラベンダーの栽培
文章の修正を申請する
2月が一年で寒い時期です。雪が積もる地域では、雪が上に覆いかぶさって、保温になり、地表近くでは0度前後に保たれます。問題は雪が積もらずに、寒風に晒される場合です。明け方に寒風で霜柱が立つと、ラベンダーの根を持ち上げてしまい、切れて枯れてしまいます。庭植えの場合は腐葉土でやワラでマルチングをし、鉢植えの場合は寒風が当たらない場所に移動させます。プテロストエカス系(レースラベンダー・ピナータ・ムルティフィダ)は、室内で管理します。
参考ラベンダーの種類(系統)と耐寒温度と耐暑性のまとめ

まとめ
●育て方は1月と同じ。
●寒冷地では2月にアングスティフォリア系とラバンディン系は強剪定をします。

月別育て方

文章の修正を申請する
月別育て方まとめ
1月のラベンダーの栽培
2月のラベンダーの栽培
3月のラベンダーの栽培
4月のラベンダーの栽培
5月のラベンダーの栽培
6月のラベンダーの栽培
7月のラベンダーの栽培
8月のラベンダーの栽培
9月のラベンダーの栽培
10月のラベンダーの栽培
11月のラベンダーの栽培
12月のラベンダーの栽培
スポンサードリンク

水やり

文章の修正を申請する
庭植えの場合
庭植えの場合は自然に降る雨や雪で十分です。雨も雪も降らない日が二週間も続くようならば、水やりをします。葉っぱが汚れている場合は、天気のいい日に葉っぱの汚れを洗い流すように水をやってください。
●葉っぱが汚れているのは、葉っぱから染み出した油に土ほこりなどがこびりついているからです。放置していると、葉っぱの気孔(葉っぱが呼吸する穴)が塞がって、窒息して葉っぱが枯れてしまいます。

鉢植えの場合
土が乾いてから数日経って水をやるようにします。戸外でも冬は空気が乾燥しますし、室内で管理していても暖房がかかっているので乾燥しやすいです。

肥料

文章の修正を申請する
肥料
肥料はやりません。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正を申請する
植え替えはしません。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
文章の修正を申請する
種類別の管理場所
アングスティフォリア系(耐寒温度−15度)・ラバンディン系(耐寒温度−10度)は基本的には戸外で管理。デンタータ系(耐寒温度−5度)・ストエカス系(耐寒温度−5度)は土が凍結するくらい寒い地域は室内へ。プテロストエカス系は基本的に室内。
と言っても、アングスティフォリア系・ラバンディン系も霜柱で根が持ち上がると根を傷めて枯れてしまうので、霜柱が立つようならばマルチングをして寒風よけをしたり、鉢植えならば寒風の当たらない場所に移動させます。
プテロストエカス系は室内へ
プテロストエカス系は0度以下になると枯れるので、0度以下になる地域では室内に取り込みます。いや、5度以下になるようならば取り入れるくらいの方がいいです。寒さに弱いですから。室内の日当たり。暖房のかかったリビングなどで管理します。暖房がかかっていると寝るときに暖房を切っても5度以下になることはほとんどないです。
●ただし、窓の近くでは外気に近くて、氷点下になることがあるので、寒波が来るときは窓から離して室内の中央へ移動させてください。

寒さ対策

寒さ対策
文章の修正を申請する
寒風避け
寒風に晒されると、ラベンダーの株が揺らされて、根が露出して枯れてしまうことがあります。寒風に当たらない場所に移動するか、寒風避けをします。ラベンダーの周囲に風よけになるような植物を植えるか、垣根などがあるといいです。
マルチング
株元を地表から10センチほど腐葉土やワラでマルチングをします。マルチングをすることで霜柱で根が持ち上がらないようにします。

強剪定

文章の修正を申請する
株のリフレッシュ
寒冷地で育てているアングスティフォリア系・ラバンディン系はで雪が積もらない地域は2月に強剪定をします。強剪定は株のリフレッシュのために2年か3年に一回やる作業です。詳細は以下のリンクを参考にしてください。
参考ラベンダーの強剪定の時期と方法
管理用リンク
管理用