レースラベンダーの育て方

MENU
TOP>シソ科>レースラベンダー
スポンサードリンク

レースラベンダー

レースラベンダー
科名シソ科
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


育て方はラベンダーも参考にして下さい。ただし、若干育て方に違いがあります。レースラベンダーは葉っぱにモコモコと毛が生えているので、暖かそうで寒さに強いような気がしますが、通常のラベンダーよりも寒さに弱いので、注意が必要です。また、暑さにも非常に弱いです。姿形は可愛いのですが、通年育てようとするならば、初心者は別のラベンダーから手をつけたほうがいいでしょう。
まとめ
●通常のラベンダーより寒さ・暑さに弱い
●梅雨前に収穫を兼ねて刈込んで、風通しを良くする。
●蒸れに弱いので、水をやりすぎない。
●土が乾いてから水をやる。

水やりと肥料


乾燥に強いので、乾燥気味に管理
レースラベンダーは乾燥気味に管理してください。水をあげすぎると根腐れしたり、高温多湿になって葉っぱが蒸れて枯れてしまったりします。
蒸れの予防に刈り込む
特に梅雨の長雨はレースラベンダーにはキツイので、梅雨の前に収穫と兼ねて刈り込んでしまうのも手です。それで上手く梅雨を越えると秋にもう一度咲くことがあります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

春先に苗が出回りますので、これを植えます。秋に種を撒くようにはなっていますが、発芽率が悪く、変異が多いために種が思い通りに発芽せず、発芽しても花の形や性質が一定でないので、農家が出荷した苗を植えるのがオススメ。
市販の花と野菜の土で植え付けます。
アルカリ土壌を好みますので、古い土に植える場合は石灰や草石灰を撒いて中和・アルカリ化させてください。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当りのいい場所が適していますが、梅雨は雨の当たらない場所、夏は高温にならない半日陰が適しています。北海道でラベンダーが栽培されるのは「梅雨がない」というのが大きな理由です。

夏を越せば、もう一度咲くことがあります。

レースラベンダーは通常のラベンダーよりも寒さに弱く、霜に当たったり、土が凍結すると枯れてしまいます。必ず軒下に移動させてください。土が凍るほどの寒冷地ならば室内に取り込んでください。

その他


日当りの良い場所で乾燥気味に管理して肥料を控えることで、毎年咲いてくれますが、夏に余りに高温に晒されたり、水を与えすぎたりすると、徐々に弱って最後は姿を消してしまいます。
「去年の同じ時期より元気が無いな」
と感じたら、日光、・水・肥料・寒さなどの条件をもう一度見直してみてください。

梅雨前に収穫を兼ねて切り戻しをします。イラストには、剪定の際、木質化した場所からは新芽が出にくいと書きましたが、出ない訳ではありません。ちゃんと新芽は出ます。上の方まで木質化していて、葉っぱを残す様に剪定出来ない場合は遠慮無く、木質化したところもバッサリ切り戻してください。

特徴・由来・伝承

葉っぱに細かい切れ込みが入っていて、細くレースのようであることからレースラベンダーと呼びます。育て方はラベンダーのページを参考にして下さい。
通常のラベンダーよりも寒さに若干弱いので同じ感覚で戸外で管理していると傷んでしまいます。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用