ヘレニウムの育て方

MENU
使い方 TOP

ヘレニウム(Helenium)

ヘレニウム
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名キク科
属名ヘレニウム属
学名ダンゴギク・ヘレンスフラワー
別名Helenium
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
育て方の概要
ヘレニウムはキク科の多年草。ヘレニウム属は40種ほどありますが、主には「ヘレニウム属オータムナーレ」こと「ダンゴギク」のこと。ダンゴギクという名前じゃ売れないのでヘレニウムで流通している(んだと思う)。最近は多くの種類が作られて、流通している。初夏に咲く品種(ピゲロビーやフーぺシー)と秋に咲く品種(オータムナーレ)をかけ合わせて初夏から秋深くまで開花する園芸品種が出ていている。よって最近流通しているのはこの6月から10月まで咲く園芸品種。育て安すぎて、生産者の利益が少ないため流通していない。買うならネット通販が早い。
大きさ・草丈60cmから1m(品種による)
まとめ
●ヘレニウムはキク科の宿根草(一部に一年草はあるがほとんどが多年草)。
●庭に植えたらほぼ植えっぱなしの宿根草。初心者向け。
●ジメジメしていると徒長したり開花が鈍くなる。
●庭植えにしたら水やり不要。
●庭植え推奨。
●鉢植えの場合は普通の水やり。水のやりすぎ注意。
肥料は控えめ。
●春か秋に植え替えをする。鉢植えは二年に一回は植え替えをする。
切り戻しをして、風通しをよくし、草丈を抑える。
スポンサードリンク

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
水やり
庭植えの場合は一旦根付いてしまえば自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。
鉢植えの場合は土が乾いたら水をやります。水をやるときは鉢底から水がしみ出すくらいにしっかりとやります。乾燥に強く、過湿に弱いので土が濡れている間は水やりをしないでください。根腐れを起こします。水をやったら、次には土が乾くまで水をやらない…メリハリのある水やりをしましょう。受け皿の水は捨ててください。
●ヘレニウムはジメジメしていると徒長し花数が減る。

夏の水やり
夏は早朝か夕方に水やりをします。昼間に水をやると水が沸騰して根を傷めます。
冬の水やり
冬は生育が鈍くなっているので鉢植えの場合は、土が乾いてから数日経って水をやります。朝に水をやります。昼以降に水をやると水が明け方に凍って枯れてしまうかもしれません。庭植えにした場合は冬は水やりは不要です。
肥料
荒れ地で育つような植物。庭植えにした場合、肥料が不足することはほぼない。
鉢植えの場合のみ、生育期(4月から6月)に緩効性化成肥料を一ヶ月に一回やるか、液体肥料を10日に一回ほどやります。鉢植えの場合は土の量が少なく、肥料成分に限界があり、肥料が切れると花が少なくなります。少ないからといって枯れることはないです。
庭植えの場合はほぼ不要ですが、あまりに花つきが悪いようならば緩効性化成肥料か液体肥料を適宜やってください。
●肥料が多いと徒長して倒れやすくなる。肥料は控えめにして草丈を抑えたほうが見た目がいいし、倒れにくい。

植え付け・植えかえ

この項目の修正・提案をする
植え替え時期
春か秋。春には花が咲いていないので流通しない(と思う)。植え付け自体は真夏と真冬以外ならいつでも問題ない。鉢植えは2年に一回は植え替えをする。植え替えしないと根詰まり(から来る根腐れ)で枯れることもある。
用土
一般的な花と野菜の培養土で植えるか自作する場合は赤玉土小粒7腐葉土3を混ぜたものを使う。よほど水はけが悪いか、水はけが良すぎるか極端じゃない限りは問題ない。必ず新しい土を使うこと。古い土には雑菌や虫が繁殖し、肥料成分が偏っていて生育不良を起こしやすいため。
●ヘレニウムはジメジメしていると徒長して弱り、花数が減る。一般的な培養土に1割ほど赤玉土小粒や川砂などを混ぜて水はけを良くしたほうがより良い。

植え付け・植え替え
鉢植えの場合は、根鉢(ポット)より一回り大きな鉢を用意します。植え替えの場合は古い土を三分の一ほど落としておきます。根の負担を減らすため、地上部の枝も半分ほどに切り詰めます。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。
●横に広がる植物なので鉢植えには適さない。庭植え推奨。
●鉢植えの場合は、植替えのときに株分けすることも可能。

庭植えの場合は、深さ30cmを掘り返し、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割ほど混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。株間は40cmから50cm取ります。横に広がりますので大きめに取りましょう。
●庭植えの場合、植え付けて二週間ほどは乾燥しきらないようにする。根が張れば水やりは自然な雨だけで問題ない。
●庭植えにしていても5年か6年後には株が大きくなりすぎて蒸れて枯れてしまうようになります。そうなったら掘り出して株分けして植え直します。ま、その頃には飽きて、別の何かを植えたいと思うようになるのですが。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
日当たりで
とにかく日当たりで管理。
日光が不足すると開花が鈍くなる。夏の暑さに強く、冬の寒さにも強いので戸外の好きなところに植えるのが吉。

耐寒温度はマイナス10度前後。冬の札幌でも地上部は消えないらしい。だが、花が終わったらヘレニウムは地際まで刈り込んでしまっていいです。
土が凍結して霜柱になると、根を持ち上げてしまい、根が切れて枯れることがあるので、凍結防止のために腐葉土を被せてマルチングして防ぐ。鉢植えの場合は凍結しない場所に移動させるか、同様にマルチングをする。

剪定

この項目の修正・提案をする
花ガラ摘み
花がしぼんだら摘む。放置していると種子を作り、種子をつくると次の花が咲きにくくなり株や弱りやすくなる。また花が腐って病気になることもある。
剪定
あと花が一段落したら、丈を半分くらいに切って切り戻しをすることで、摘芯になり、脇枝が出て花が増える。切り戻しは花が咲く前の5月前後と、開花して一段落する夏前(6月7月)あたりに一回するといいです。
●葉っぱが繁ると風通しが悪くてムレてしまう。切り戻しして、風通しを良くすると予防できます。切り戻しはやった方が良いです。
●庭植えしていて、あまりに株が大きくなって、切り戻ししても蒸れるようになります。そうなったら掘り出して株分けして1株を小さくして植え直します。

病害虫

この項目の修正・提案をする
ほとんど病気は発生しません。がウドンコ病が発生します。ただし、ウドンコ病は株が弱っているときに発生するもので、元気だと発症しても治ってしまうくらいです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用