ベゴニア・ウェノーサの育て方

TOP > シュウカイドウ科 > ベゴニア > 木立性ベゴニア
ベゴニア・ウェノーサベゴニア・ウェノーサの基礎データ
最終更新画像投稿
ベゴニア・ウェノーサ
科名
シュウカイドウ科
属名
ベゴニア属
学名
Begonia venosa
別名
ベゴニアベノーサ
耐寒
8度〜10度
水やり
乾かし気味に
場所
室内
難易度
上級者向け
ベゴニア・ウェノーサの開花時期…植え付け・植え替え時期…肥料時期…月別スケジュールです。
スポンサーリンク

育て方:ベゴニア・ウェノーサってこんな植物です

ベゴニア・ウェノーサ:育て方:ベゴニア・ウェノーサってこんな植物です参考画像
ベゴニア・ウェノーサ:育て方:ベゴニア・ウェノーサってこんな植物です
ベゴニア・ウェノーサ(ベノーサ)はブラジル原産のシュウカイドウ科ベゴニア属木立性ベゴニアの品種。葉っぱの表面に小さな白い毛が生えているため、全体が白っぽく見え、ちょっと独特な雰囲気があります。花茎を伸ばして、ベゴニアっぽくない白い花を開花させますが、葉っぱと姿を楽しむカラーリーフです。
ベゴニア ウェノーサの商品画像
ベゴニア ウェノーサの購入はこちら
Amazon
楽天市場
スポンサーリンク

水やり

水やりは控えめにし、土が乾いてから水をやります。受け皿の水は捨ててください。葉っぱに水が当たらないようにします。口の長いジョウロがあるといいです。

ベゴニアによくある葉水はしません。葉っぱが濡れると腐って枯れてしまいます。

肥料

春と秋に、液体肥料を2週に一回、薄めて水の代わりに土に注ぎましょう。
液体肥料の商品画像
液体肥料の購入はこちら
Amazon
楽天市場

植え替え

時期・頻度

生育時期の気温が20度以上になった春か、25度以下になった秋に植え替えをします。植え替えは二年に一回の頻度でしましょう。

用土

ベゴニア用の土で植えるといいです。もしくは多肉植物の土に1割ほどピートモスを足したものを使います。
ベゴニアの土の商品画像
ベゴニアの土の購入はこちら
Amazon
楽天市場

植え替えの手順は?

古い鉢から株を取り出しておき、古い土を三分の一ほど落とし、腐った根はハサミで切っておきます。

鉢底の穴を鉢底ネット(鉢底網)で塞いで土が出ないようにしてから鉢底石(軽石)を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に用土を入れ、株を入れます。株と鉢の隙間に用土を入れていき、最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。

管理場所・日当たり

強い日光が苦手で、葉焼けするので、春・夏・秋は戸外の木陰で管理するか、室内でカーテン越しの日光に当てます。

夏の暑さには強いですが、多湿が苦手で、夏は特に風通しの良い場所で管理します。

また、木立性ベゴニアの中でも寒さに弱いので、冬は室内で管理し、できれば温室で8度〜10度以上の環境を保つようにします。

病害虫

雑菌が繁殖すると、斑点病・灰色カビ病などが発生します。風通しの良い場所で管理し、水やりを控えることで抑えられます。

剪定・切り戻し

徒長して不恰好になったら、切り戻して節から葉を出させます(摘芯)。ただ、摘芯しても新芽は出にくいので、うまくいかないことが多いので、挿木で株を増やしつつ、摘芯をする二本立てにしましょう。

その他の栽培についての詳細は
を参考にしてください。
スポンサーリンク
記事が気に入ったら拡散をお願いします。
はてブ LINE

ベゴニア・ウェノーサのカテゴリ・タグ

カラーリーフベゴニア属

関連する花BBSの投稿

関連するユーザーの記事

スポンサーリンク